圭子の夢は夜ひらく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
圭子の夢は夜ひらく
藤圭子シングル
B面 東京流れもの
リリース
録音 ビクター青山スタジオ[1]
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクター/RCA
作詞・作曲 石坂まさを(作詞)
曽根幸明(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
藤圭子 シングル 年表
女のブルース
1970年
圭子の夢は夜ひらく
(1970年)
命預けます
(1970年)
テンプレートを表示

圭子の夢は夜ひらく」(けいこのゆめはよるひらく)は、藤圭子の3枚目のシングルで、1970年4月25日ビクターRCAレーベル(後のAriola Japan)から発売された。[3]

元来園まり他が競作で歌唱した「夢は夜ひらく」が原曲である。

解説[編集]

前作の「女のブルース」の後を受けて10週間連続オリコン1位にランクされた。また、1位「圭子の夢は夜ひらく」・2位「女のブルース」と2週間にわたり1位・2位を独占した[2]

レコード売上は累計77万枚(オリコン調べ)[2]。公称では累計120万枚とされる[4]

藤は本楽曲で第1回日本歌謡大賞を受賞し、年末の「第21回NHK紅白歌合戦」に紅白初出場を果たした。

「夢は夜ひらく」は八代亜紀五木ひろし美空ひばり西田佐知子など多くの歌手によりカバーされている。

この年の藤圭子は、「女のブルース」・「圭子の夢は夜ひらく」で18週間連続1位を獲得するという2曲以上でのオリコン1位獲得最多週記録を保っている(現在この記録は破られていない)。また、「女のブルース」・「圭子の夢は夜ひらく」・「命預けます」・「女は恋に生きてゆく」で42週間連続でトップ10にランクされた[2]

圭子の夢は夜ひらく歌謡碑 花園神社内

1999年には石坂の作詞家生活30周年を記念し、歌碑が花園神社摂社 芸能浅間神社東京都新宿区)内に建てられた。

収録曲[編集]

  1. 圭子の夢は夜ひらく
    作曲:曽根幸明
  2. 東京流れもの
    作曲:不詳

価格[編集]

  • 発売当時の価格は400円

主な収録作品[編集]

カバー[編集]

  • 橘麻紀(曲名は『麻紀の夢は夜ひらく』)
  • 神崎舞(曲名は『舞の夢は夜ひらく』) 
  • 門倉有希(2006年発表。曲名は『夢は夜ひらく』。アルバム『門倉有希セレクション 〜演歌side〜』に収録)
  • 天童よしみ
  • 荒尾正伸とオールスターズ
  • 電車大槻ケンヂ
  • 大信田礼子(1971年、アルバム『女はそれをがまんできない/ノックは無用』に収録)
  • 宇多川都
  • 山崎ハコ(1994年、アルバム『十八番』に収録)
  • 中森明菜(2009年、アルバム『ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』に収録)
  • 徳永英明(2012年、アルバム『VOCALIST VINTAGE 〜VOCALIST 5〜』に収録)
  • 大野いと(2012年公開の日本映画『愛と誠』(三池崇史監督、角川・東映)劇中歌として。アルバム『映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック』に収録)
  • 吉井和哉(2013年、アルバム『AT THE SWEET BASIL』にて(2013.10.19 東京・STB 139 スイートベイジルでのライブを収録))

脚注[編集]

  1. ^ 第41回 内沼映二 氏 (株)ミキサーズラボ 代表取締役社長/レコーディングエンジニア Musicman
  2. ^ a b c d e オリジナルコンフィデンス「コンフィデンス年鑑 1971年版」1971年
  3. ^ 現在はソニー・ミュージックダイレクトに権利が継承されている。
  4. ^ 大下英治『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』イースト・プレス、2013年、277頁。ISBN 978-4-7816-1110-5

関連項目[編集]