地獄の辰捕物控

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

地獄の辰捕物控』(じごくのたつとりものひかえ)は、NETテレビ(現・テレビ朝日)の木曜22時枠時代劇として1972年10月5日から1973年3月29日まで放送されたテレビドラマである。全26回。

あらすじ[編集]

岡っ引の辰造は、着流しに雪駄履き、岡っ引らしからぬ風貌の男。世間の裏道を歩き、地獄の味をなめつくしてきたことから、またの名を「地獄の辰」と、呼ばれている。その性格の激しさ、持ち前の正義感から、深川見廻り方同心・磯貝に拾われ、「悪」と闘う。


キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:服部尚雄、杉井進(NET)・渡部健作(東映
  • 原作:笹沢左保「地獄の辰 無残捕物控」
  • 脚本:サブタイトル参照
  • 監督:サブタイトル参照
  • 音楽:宮川泰
  • 制作:NET、東映

主題歌[編集]

  • 『何故にお前は』(作詞:笹沢左保、作曲:宮川泰、唄:北大路欣也)

サブタイトル[編集]

※出演はクレジットタイトルの表記順。

放映

年月日

各話 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1972年

10月5日

第1話 千羽鶴が泣いている 田上雄 松尾正武 阿波地大輔、小田真士、秋山勝俊、上岡紀美子/大月正太郎、泉好太郎、峰蘭太郎片桐竜次、智村清/政次郎:中野誠也/助五郎:石山健二郎
1972年

10月12日

第2話 御用金が死を招く 為吉:柳沢真一、仙次:石橋蓮司/山村弘三、丘路千、大木晤郎、五味竜太郎伴勇太郎、波多野博、木谷邦臣、峰蘭太郎、春藤真澄/お光:光川環世
1972年

10月19日

第3話 刺青者は闇に消えた 飛鳥ひろし 荒井岱志 おしの:梶三和子/立川雄三、千葉敏郎/平沢彰小柳圭子/狼の伝八:夏八木勲
1972年

10月26日

第4話 縁切寺で女が死んだ 池田一朗 原田隆司 お照:三島ゆり子、幽霊小助:沼田曜一、利兵ヱ:上野山功一/小島恵子、長谷川誉、八代郷子/高並功、畑中伶一、富永佳代子、志茂山高也、市川裕二/中門前の仁吉:長谷川明男
1972年

11月2日

第5話 御用提灯が闇に泣く 永野達雄森章二志摩靖彦/有島淳平、和田昌也、篠原一郎/宮口二郎藤江リカ高森和子三上真一郎
1972年

11月9日

第6話 牡丹の花が闇に咲く 三浦主税:江見俊太郎、三平:加藤春哉/おえん:高毬子、猫目の弥之助:福山象三西山辰夫、松田明、野崎善彦、森源太郎、不動万/大沢左近:米倉斉加年
1972年

11月16日

第7話 無縁佛が旅に出た 飛鳥ひろし 松尾正武 清吉:佐々木功、おふさ:松木路子原健策、森章二、外山高士出水憲司浜伸二浜田雄史井上茂、堀北幸夫/おとら:佐々木愛
1972年

11月23日

第8話 深川河岸が血で染まる 原田隆司 山村弘三、山本一郎古川ロック、北原将光、藤尾純/宮城幸生、森源太郎、土橋勇、富永佳代子、宮崎博/林真一郎、三浦徳子/磯野洋子北原義郎
1972年

11月30日

第9話 かんざしの向うにお玉がいる 田上雄 松尾正武 出水憲司、浜伸二、滝譲二/白川浩二郎、八尋洋、井上茂/駒形屋:神田隆、佐七:坂口徹/友蔵:村井国夫、お紋:御影京子
1972年

12月7日

第10話 月に吠える狼のように 松山威 栄三:工藤堅太郎/惣助:西沢利明、お峯:八木孝子小田部通麿、賀川浩延、新田章、伊藤好光、原聖四郎/いがみ政:松山省二
1972年

12月14日

第11話 お玉の足が辰を追う 田上雄 鳥居元宏 剣持伴紀勝部演之成瀬正孝、国一太郎/芦田鉄雄、山田良樹/河村有紀
1972年

12月21日

第12話 女の目に海が光った 笠原和夫 原田隆司 源次:今井健二、島吉:織本順吉有川正治、浜伸二、入江慎也、鈴木泰弘/山田みどり遠山金次郎、宮永淳子、矢野幸男、伊玖野暎子/お夢:野川由美子
1972年

12月28日

第13話 お玉の声が波に散った 田上雄 荒井岱志 おふじ:北川めぐみ、和泉屋久太夫:遠藤辰雄/酒井哲、戸板幸男、山本一郎、滝譲二、みのわだ良太/藤本秀夫、遠山二郎、有島淳平、世羅豊、藤川弘/定八:入川保則
1973年

1月4日

第14話 恋路の果てに地獄を見た 池田一朗 原田隆司 喜助:河原崎建三/市太郎:樋浦勉、おふく:西山恵子/森章二、遠山二郎、真木祥次郎、ひろみどり/早瀬主水正:川辺久造
1973年

1月11日

第15話 憎しみの果てに朝が来る 松村正温
森功
松尾正武 喜太郎:中尾彬/お花:有川由紀/市川小金吾、唐沢民賢、新田章、阿波地大輔、古川ロック/喜平:瀬川菊之丞
1973年

1月18日

第16話 十手者が闇に追われた 池田一朗 荒井岱志 鬼権:福田豊土、お夏:上原ゆかり/おぼろ影の和助:河津清三郎松村康世、北野拓也、梶本潔、山口朱美/菊池助之進:大友柳太朗
1973年

1月25日

第17話 念仏お竹も地獄を見た 松尾正武 念佛お竹:松本留美、竜崎真之介:田口計永田光男、小谷悦子、志賀勝川谷拓三野上哲也、疋田泰盛、榎原政一、淡路康/佛の五兵ヱ:浜田寅彦、桃助:汐路章
1973年

2月1日

第18話 蘭の花は血の中に咲く 田上雄 荒井岱志 源太:橋本功、小平次:松川勉山岡徹也、高並功、海老江寛/徳田実、大東俊二、八尋洋、牧野秀樹/おくま:村瀬幸子、井筒屋五兵ヱ:潮万太郎
1973年

2月8日

第19話 密告状は涙で書いた 飛鳥ひろし 松尾正武 市:東野孝彦、おとせ:神鳥ひろ子浜田晃、石沢健、山本弘、秋山勝俊/野口貴史、奈辺悟、森内一夫、井上茂/霧の又兵ヱ:安部徹
1973年

2月15日

第20話 わらべ唄が闇に聞えた 池田一朗 浅野太市:伊達三郎、浅山伝兵ヱ:林彰太郎/三造:小田部通麿、津の国屋文吉:天草四郎/石浜祐次郎、入江慎也、榊浩子、疋田泰盛/山形右京:左右田一平
1973年

2月22日

第21話 竜神河岸に一人立つ 高田宏治 原田隆司 常吉:川地民夫/お袖:上村香子、お蓮:姫ゆり子田中浩西田良、志賀勝/笹吾朗、小林泉、三木豊、坂本香、畑中伶一
1973年

3月1日

第22話 千羽鶴に地獄を見た 服部佳子 松尾正武 お秀:藤田弓子/彦市:藤岡重慶、青山新之助:松原光二/平沢彰、大城泰、川谷拓三、智村清/貞市:内田良平
1973年

3月8日

第23話 夜の終りに殺しを見た 山本英明 鳥居元宏 高品格小堀明男松山照夫佐藤京一、小梅泰宏、大城泰、寺島雄作/丸平峰子、白川浩二郎、美川玲子、準見淳、東映子/睦五郎桜田千枝子
1973年

3月15日

第24話 ご赦免船に花が散った 池田一朗 お徳:真屋順子、羽衣の新兵ヱ:春日俊二/汐路章、守田学哉阿木五郎/沖ときお、川浪公次郎、五十嵐義弘/かまいたちの勘助:花沢徳衛
1973年

3月22日

第25話 恋女房の幽霊を見た 原田隆司 斬られの山吉:山田吾一/やらずの定吉:柳沢真一/伍市:大泉滉、おつた:森秋子/山本一郎、重久剛、宮崎博、市川祐二
1973年

3月29日

第26話 恋女房に十手を賭けた 田上雄 淡路屋五兵衛:水島道太郎/喜兵次:潮健児、佐久蔵:鎗田順吉、儀助:東光生/波田久夫、玉生司郎、榎原政一、渡辺憲悟/鬼火の新十郎:小池朝雄

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 河北新報』1972年10月5日 - 1973年2月22日付朝刊テレビ欄。
  2. ^ 『河北新報』1973年2月3日 - 2月24日付朝刊テレビ欄。
  3. ^ 『河北新報』1972年12月2日 - 1973年2月24日付朝刊テレビ欄。
NET 木曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
地獄の辰捕物控
(ここまで木曜時代劇
非情のライセンス(第1シリーズ)