地球で最後のふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地球で最後のふたり
เรื่องรัก น้อยนิด มหาศาล
監督 ペンエーグ・ラッタナルアーン
脚本 ペンエーグ・ラッタナルアーン
プラープダー・ユン
撮影 クリストファー・ドイル
配給 クロックワークス
公開 タイ王国の旗 2003年8月8日
日本の旗 2004年7月31日
上映時間 107分
製作国 タイ王国の旗 タイ
日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
オランダの旗 オランダ
シンガポールの旗 シンガポール
言語 タイ語
日本語
英語
テンプレートを表示

地球で最後のふたり』(英題:Last Life in the Universe)は、2003年タイ日本オランダフランスシンガポールの共同で作られた映画。舞台はバンコク。

日本人ケンジとタイ人ノイの孤独なふたりを描いたラブストーリー。

映画の中で姉妹役として出演したシニター・ブンヤサックとライラ・ブンヤサックは本当の姉妹である。

ストーリー[編集]

バンコク日本文化センターで働く日本人ケンジには、自殺願望がある。 潔癖症のケンジは人当たりは良いが、他人との距離のある孤独な生活をバンコクで送っていた。ケンジは偶然の事故を通してタイ人女性・ノイと知り合う。

一方、ケンジの兄であるヤクザのユキオは、日本でトラブルを起こしたために、バンコクのケンジの元に身を寄せていた。ケンジはユキオに関連したある事件に巻き込まれるが、九死に一生を得る。

成り行きでノイの家に暮らすことになったケンジ。 言葉は片言の英語しか通じず、二人の性格は正反対(ノイの性格はタイ人にありがちだが非常に大雑把)。 しかし、始めは奇妙でぎこちなかった二人の関係は、少しずつ変化していく。

「ひとりぼっちより、嫌いなヤモリに囲まれた方がましだ。」 (ストーリー中登場する絵本「さびしさの彼方を。」より)

言葉の違い、文化の違い、男と女の違い。仮にそれらを乗り越えられたとしても、わたしたちは本当には、分かり合えないのかもしれない・・・・

スタッフ[編集]

出演[編集]

[編集]

関連書籍[編集]

  • 地球で最後のふたり(原作本)著者:プラープダー・ユン、訳:吉岡憲彦) ISBN 4789722805

なお、翻訳者はこの作品のモデルとされている。