地球に落ちて来た男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地球に落ちて来た男
The Man Who Fell to Earth
監督 ニコラス・ローグ
脚本 ポール・メイヤーズバーグ
原作 ウォルター・テヴィス
製作 マイケル・ディーリー
バリー・スパイキングス
製作総指揮 サイ・リトヴィノフ
出演者 デヴィッド・ボウイ
音楽 ジョン・フィリップス
ツトム・ヤマシタ
撮影 アンソニー・B・リッチモンド
編集 グレイム・クリフォード
製作会社 ライオン・インターナショナル・フィルム
配給 日本の旗 コロンビア映画(1977年)ケイブルホーグ(1999年)
boid(2016年)[1]
公開 イギリスの旗 1976年3月18日
日本の旗 1977年2月11日
1999年1月16日(完全版)
2016年7月16日(リバイバル)[1][2]
上映時間 119分
139分(完全版)
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $1,500,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $100,072(2011年リバイバル公開時)[4]
テンプレートを表示

地球に落ちて来た男』(ちきゅうにおちてきたおとこ、原題:The Man Who Fell to Earth)は、1976年制作のイギリスSF映画

ウォルター・テヴィス原作のSF小説の映画化。ニコラス・ローグ監督、デヴィッド・ボウイの初主演映画。ボウイは第4回サターンSF映画賞主演男優賞を受賞した[5]

当初、上映時間は119分だったが、1999年に139分の完全版が公開された。

あらすじ[編集]

人間に似た姿の宇宙人が乗る宇宙船が、地球からはるか離れた惑星から飛来して、ニューメキシコ州の湖に不時着する。地球人と変わらない服装・容姿をしており、見た目では宇宙人とは分からない。彼は不時着後、近くの古物商に彼のイニシャル”T.J.N.”の刻印された指輪を売る。その際、身分証明としてトーマス・ジェローム・ニュートンと記載されたイギリスのパスポートを見せる。川辺に来たトミー(トーマス・ジェローム・ニュートン)は、コップに1杯川の水を汲み、乾きを潤すように飲み干す。身なりを整えたトミーは、特許に明るい弁護士オリバー・ファーンズワースを訪ね、9つの根本的な特許を元に複合企業体World Enterprises(W.E.社)を立ち上げ、彼を社長に据える。ほどなくしてトミーは巨万の富を得る。

再びニューメキシコ州に戻ったトミーは、しがないホテルに泊まるが、エレベーター内で気絶し、同行メイドのメリー・ルーに助けられたことから彼女と親しくなる。酒好きなルーはしきりにトミーに酒を勧めるが、彼は水しか飲まもうとしない。大学教授であるネイサン・ブライスは、教え子の女子学生らと肉体関係を持ちつつ、なかなか出世できない教鞭生活に飽きていた。ファーンズワースはブライスに接触した結果、彼は大学を去ってW.E.社の燃料分野の研究職に就く。

トミーはルーと同棲するようになる。ルーは半裸姿をトミーに見せるが、彼は興味を示さない。彼を教会に連れて行くことには成功するが、彼の心は故郷の星にあり、残してきた妻子を回想する[6]。2人を乗せた高級車は不時着した辺りで止まると、車から降りたトミーは記憶に留めるため写真を撮る。湖畔までたどり着き、新しい家を建てるのに絶好の場所だとトミーは言ったきり、ルーが問いかけても反応しなくなる。運転手のアーサーの助けも借りてルーはトミーを車に戻す。車中でトミーはファーンズワースに新業務である宇宙事業の開始を命じる。

ブライスはいよいよニューメキシコに移転し、トミーと同じ湖畔に住処を与えられる。対岸にはトミーがかねての計画通り新居を構えルーと同棲し、彼らは肉体関係を結ぶ仲となっている。着任したはいいが手持ち無沙汰なブライスに、ファーンズワースを通じてトミーから呼び出しがかかる。ブライスが信頼に足る部下かどうかを確かめたかったトミーだが、ブライスの反応は芳しくない。そのブライスはトミーの挙動に不信感を抱き、正体を暴くべくX線機器を密かに設置する。ブライスは住処にトミーを招き、トミーが人間ではないことを知る。ルーの待つ家に戻ったトミーは、ルーから激しく責められ、怒りに任せて本来の姿をさらす。ルーはそれでも愛そうとするが、うまく行かない。トミーはルーを残して別の場所に住み始め、そこにブライスを招き、彼に正体が割れたことや地球に来た目的(彼の惑星では水が枯渇しており、地球上に豊富に存在する水資源を宇宙船で持ち帰ること)も明かすが、人類に危害は加えないと言う。トレバーはファーンズワースが競合社のピータースから動向に注意するように警告を受けたことでW.E.社から退くように説得するが断られる。トミーが去ったルーは一人寂しく悶々とする。

W.E.社の宇宙事業は進展して、トミーらによる有人飛行計画が大々的に報道される一方で、トミーの経歴不詳が取り沙汰される。ルーはファーンズワースからトミーとの手切れ金を渡されるが、別れたくないと慟哭する。ファーンズワースとトレバーはそれぞれ2人組の侵入を受け、窓から転落死させられる。ピータースが妻と交わす会話によって、2人組は彼が仕向けたものと判明する。アーサーはピータースに寝返り、トミーを誘拐してホテルに監禁する。ホテルでトミーが見ているテレビ番組ではブライスの同僚であったカヌーチ教授が出演し、W.E.社の財政難を指摘する。トミーは医師の手で大がかりな検査を受ける。

ルーはブライスから[7]トミーとの再会をほのめかされるが、気が進まない。トミーはさらに検査を継続される。ルーはトミーの元を訪れ、久々に結ばれるが、どちらもお互いを愛していないと告げる。ルーはトミーに医師団に対して正体を明かすことを勧めるが、トミーは応じない。医師団はトミーの意に反してさらに検査を続ける[8]。トミーはすっかりアルコール中毒になり、ブライスがホテルを訪れても気付かない。ある日、トミーはホテルからの脱出に成功し街中に消える。

クリスマスを控えルーはサンタクロースに扮したブライス[9]と買い物に来ている。レコード店に出かけたブライスは1枚のレコードを試聴し、それがトミーの手によるものだと見抜く。ブライスはトミーの所在を調べ、お気に入りのカフェに出向き、レコードの意図を知る。それは、ラジオでかかれば電波に乗って妻子にメッセージが届くだろうというものだった。トミーはルーのことも気にかけ、安否を尋ねるが、ブライスは事実を隠して知らないふりをする。そして、給仕がトミーの酒量を心配して声をかけると間もなく、トミーは意識を失う。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1981年12月22日 テレビ東京『火曜ロードショー』[10]

舞台化[編集]

2015年にオフブロードウェイで舞台化され、ボウイ自身もプロデュースを担当することが発表された。舞台化作品のためにボウイ自身が新曲を書きおろし、さらに過去の楽曲がアレンジされて提供される[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b デヴィッド・ボウイ主演『地球に落ちて来た男』劇場公開のお知らせ - boid.net
  2. ^ “映画『地球に落ちて来た男』デヴィッド・ボウイ初主演作、全国で追悼上映”. ファッションプレス. (2016年6月18日). http://www.fashion-press.net/news/23509 2016年9月17日閲覧。 
  3. ^ Michael Deeley, Blade Runners, Deer Hunters and Blowing the Bloody Doors Off: My Life in Cult Movies, Pegasus Books, 2009 p 116-127
  4. ^ The Man Who Fell to Earth (35th anniversary re-issue) (2011) - Box Office Mojo
  5. ^ Academy of Science Fiction, Fantasy & Horror Films, USA (1977)
  6. ^ 回想シーンはこの後も間欠的に挿入され、次第に壊滅的な状況に陥って行く妻子の様子が描写される。
  7. ^ 両者の容貌の変化からしてかなりの歳月が経っていることが分かる。
  8. ^ 無理な検査を強行したために、偽装用のレンズフィルムが瞳に固着してしまう。
  9. ^ 彼らは今や夫婦となっている。
  10. ^ 再放送1987年10月20日他
  11. ^ デビッド・ボウイ、「地球に落ちてきた男」をオフブロードウェイで舞台化”. 映画.com (2015年4月11日). 2015年4月13日閲覧。