地球大気開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

地球大気開発計画(ちきゅうたいきかいはつけいかく、: Global Atmospheric Research Program、略称: GARP(ガープ))は、地球大気大循環の仕組みを科学的に解明することにより、長期予報の可能性を探る目的で、WMO世界気象機関)と ICSU国際学術連合会議)の共同で、1970年代を中心に実施された、大規模な国際的研究・開発プログラムである[1]

1967年に始動した当計画では、1974年のGARP大西洋熱帯実験(: GARP Atlantic Tropical Experiment; GATE)から1982年ALPEX(アルプス実験)に至るまで、あらゆる重要な分野における実験が実施された。これらの一連のフィールド実験により、気象学は目覚ましい発展を遂げ、特に数値予報の精度が大幅に向上した。

1980年代に入ると、GARP の主旨は WCP世界気候計画)へと引き継がれ、GARP は発展的に解消した。

経緯[編集]

1961年12月に開かれた国連総会で、宇宙開発の一環として大気大循環の研究を促進することが、WMOに対して勧告された。これを受けて、WMO は国連に対して、WWW(世界気象監視計画)を提案した。国連はこの提案に基づき、ICSU(国際学術連合会議)に大気科学に関連する当研究計画への協力を求めた。その後、ICSU 傘下の IUGG国際測地学・地球物理学連合)が計画に協力することを表明し、その下に大気科学委員会 (CAS; Comimittee on Atmospheric Sciences) を設置して、各国の研究機関・団体によって実行力を持ってGARP を実施していくことが決定した[1]

GATE年表[編集]

  • 1972年 : Kuetner、Rider、Sitnikovらによる「実験設計提案」が WMOICSU から成る合同組織委員会 (Joint Organizing Committee; JOC) と熱帯実験委員会 (Tropical Experiment Board; TEB) に承認される。
  • 1974年6月15日 : 実験開始
  • 6月17日 - 25日 : 第一次中間報告
  • 6月26日 - 7月16日 : 観測フェーズI
  • 7月17日 - 7月27日 : 第二次中間報告
  • 7月28日 - 8月17日 : 観測フェーズII
  • 8月18日 - 8月29日 : 第三次中間報告
  • 8月30日 - 9月19日 : 観測フェーズIII
  • 9月20日 - 9月23日 : 最終報告[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]