地球温暖化に対する懐疑論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

地球温暖化に対する懐疑論(ちきゅうおんだんかにたいするかいぎろん、skepticism to global warming)とは、地球温暖化問題に対しての懐疑的な考えや主張のこと。主に温暖化による気温上昇という事実問題に対する懐疑論や、人為起源の温室効果ガスが主要因だとする要因論への異論や反論。

本稿では地球温暖化問題への懐疑的な考え主張と、それに対する反論を扱う[1]

この項目では実在する主張や反論をそのまま記載する。反論に対する再反論は記載しない。

気温上昇に対する懐疑論[編集]

温暖化による気温上昇は起こっていない、もしくは、そのデータの信頼性に疑問があるとする主張。

  • (主張)一部の観測地点の変化と平均気温に高い相関が見られるから、陸上の気温変化の速度が過大に見積もられているはずである[2][3][要検証]
    • (反論)その相関性は観測地点の選定と統計処理の不備による[4]
    • (反論)機器の更新や観測地点周囲の変化に伴う誤差は発生し得るが、物理的考察や変化前後の同時観測による補正、周囲の観測点との気温差が年々増大している観測点を除くなどの対応が取られている。観測点の分布にも偏りはあるが、洋上やアマゾン奥地にもある程度の密度で存在し、空白域は大きくない[5]
  • (主張)現代気象学における温暖化論には物理学的な裏づけができない[6][要検証]
    • (反論)当該分野の専門家らが批判している[1]
  • (主張)世界の平均気温上昇は1998年以降停止している。また、太陽活動の低下により今後地球は寒冷化する可能性がある。[7][要検証]
    • (反論)気温の変化は海洋を含めた気候システムのごく一部にすぎず、気候システム全体への熱の蓄積量の増大は継続している[8][9]。世界の平均気温は過去にも一時的に上昇が止まったり下降した時期もあるが、長期的には上昇が続いている[10]。なお、2014年からは気温がさらに上昇した状態が続いており、2014年から2020年までの7年間が、それまでの最高気温上位7位までをすべて占めている[11]

原因に関する懐疑論[編集]

温暖化は二酸化炭素を主とした温室効果ガスの濃度増加に因るとの知見に対して、太陽活動の影響、宇宙線の影響、地球内部の活動、磁気圏の活動などが原因だとする主張。

人為説全般[編集]

  • (主張)近年の温暖化は人為的な温室効果ガスの増加に因らず、自然要因の影響がはるかに大きい[12][13][14][15][要検証]
    • (反論)これまでに観測されている温暖化は自然起源強制力のみでは説明できず、人為起源強制力が考慮される。また、他の仮説ではこのような定量的な整合性を合理的に説明できるものが無い[16][1]

水蒸気[編集]

各温室効果物質の寄与[17][18]
水蒸気 48%
二酸化炭素 21%
19%
オゾン 6%
その他 5%
  • (主張)二酸化炭素よりも、水蒸気の方が温室効果が大きい。水蒸気は温室効果物質の寄与率は48%と寄与率は最も大きい、しかし水蒸気はすべての波長の赤外線を吸収するわけではなく、15µm付近の赤外線はCO2によって吸収され、CO2の寄与率は21%程度になります[17]。二酸化炭素の濃度増加が地球温暖化の唯一の原因であると仮定した場合に、地球全体の平均的表面温度が今世紀中に約1℃上昇すると推定さるとした場合に対し、対流圏上部での水蒸気量を考慮し解析を行った場合、気温がさらに3倍程度上昇するという結果がある[19]。大気中に含まれうる水蒸気量は「飽和水蒸気量」と呼ばれ、気温によって決まっており、大気中に飽和水蒸気量以上に存在する事はできません。なので、温室効果のあるCO2が増え気温が上昇することで、飽和水蒸気量が増えます、しかし相対湿度は変わりません。相対湿度が変わらない理由については明らかになっていません。過去20年ほどの人工衛星による観測データによれば、気温上昇とともに水蒸気量の増加が観測され「相対湿度がほぼ一定」であるという結果になっている。[17]今後水蒸気量の増加によって、大気中のCO2濃度が倍増した場合の気温上昇は全体で少なくとも2.4°C、つまり水蒸気量の増加を考えなかった場合の2倍程度になるとされる[20]
    • (反論)水蒸気は温室効果物質の一つではあるが、飽和水蒸気量は気温によって決まっている。気温が高いほど飽和水蒸気量は大きくなる。水蒸気量を増やすには気温の上昇が必要である。その気温の上昇をもたらすのが二酸化炭素である。二酸化炭素が増え気温上昇が起きることで水蒸気量も増え温暖化を加速させている。つまり二酸化炭素による温暖化が無ければ、水蒸気は温顔化の原因にはなりえないのであり、温暖化の原因は二酸化炭素など人為起源の温室効果ガスであるといえる[21]。水蒸気の温室効果は気候モデルでも考慮されている[1]。水蒸気だけでは、温暖化傾向を説明できない[22]

小氷期からの回復過程[編集]

  • (主張)産業革命前から昇温は起きていて、小氷期からの回復過程(自然由来の因子)が続いている[23][24][要検証]
    • (反論)そのような自然要因では、現在観測されている20世紀後半からの急激な温暖化を説明できない[25]
人為的な温室効果ガスの増加がなければ、1900年代後半の気温はむしろ低下していたはずである[26]

地球寒冷化説[編集]

地球寒冷化参照)

過去80万年の二酸化炭素・公転軌道の離心率・気温の変化
  • (主張)現在の温暖化は、過去にもあった自然の気候変動の繰り返しの一部である。過去にも完新世の気候最温暖期中世の温暖期など温暖化あったと考えられている。グリーンランドについての研究では4万年前~2万年前にあたる最終氷期には今よりも25℃程度も低く、8000年前~4000年前にかけては今よりも3℃程高く、紀元800年~1000年にかけての中世の温暖期には1℃程度高く、1600年ごろの小氷期には1℃程度低かったとされる[27]。また、中国でも中世は気温が高かったという研究結果も出ている。[28]つまり中世に温暖化が起こっていたことを示している。もしも中世に現在程度の温暖化が起きていたとしたら、温暖化はGHG(温室効果ガス)が原因でなく、それ以外の自然変動よって、現在と同程度の温暖化は起きうるということである。IPCCの第5次評価報告では、CO2濃度倍増時の温度上昇として定義される気候感度は「1.5度と4.5度の間にある可能性が高い」とかなり不確実性の幅がある。実際には、現在の温暖化がどの程度GHGによるものなのか、あるいは自然変動によるものなのかは明確には分かっていない。GHGだけでなく自然変動も考慮する事は重要なことである[29]
    • (反論)氷期と間氷期の繰り返しは理論的に計算可能であり、それだけでは近年の地球温暖化は説明がつかず、近い将来に氷期が始まるとも考えられない。南極氷床の過去につくられた氷床コアを分析し復元(推定)した結果、気温が顕著に高い間氷期の間隔は約10万年であり、長期スケールの氷期と間氷期の繰り返しが明瞭にわかった。この気候変動の原因は、2万~10万年スケールの北半球夏季、地球の自転軸の傾きや軌道が周期を持って変動することより生ずる日射量変動に関係していることがわかっている(ミランコヴィッチサイクル)。地球では日射量変動や氷床や二酸化炭素(CO2)濃度の変化により、気温変化の増幅を繰り返しながら、気候が遷移したと考えられている。しかし、約2万1000年前の最終氷期から次の間氷期に遷移する約1万年間での4~7℃の全球気温上昇に比べて、20世紀後半から起こっている気温上昇速度はその約10倍も速いなど、20世紀後半から起きている気温上昇は、過去の推移とは明らかに異なる。そのため、ミランコヴィッチサイクルなどに起因する過去にもあった自然の気候変動の繰り返しでは、現代の温暖化の傾向を説明することができない。[25]
    • (反論)中世に現在と同程度に温暖であった地域は限定的であり、地球全体での平均気温では現在よりも寒冷であったと見られる[30]
人為的要因が無ければ現在の世界の平均気温は1950年代以下であったと見られ[31]、自然要因による変動幅よりも人為的な上昇幅の方が大きく[32]、実際には世界の平均気温は上昇を続けている[31][33]。今後の変化についても、主要な気候モデルの全てにおいて、少なくとも今後100年以上は気温の上昇が続くと予測されている[34]
  • (懐疑論)今後、自然サイクルにより寒冷化が始まる[35][36][37]

太陽活動[編集]

太陽活動と気温の変化
  • (主張)氷床コアの二酸化炭素濃度の変化が必ずしもその時代の二酸化炭素濃度の変化を反映していないので、二酸化炭素ではなく太陽活動が原因である(ヤヴォロスキら)[42][43][要検証]
    • (反論)ヤヴォロスキの主張は複数の間氷期の氷床コアデータの比較結果などとの矛盾がある[44][45]
    • (反論)20世紀半ば以降の太陽活動はほぼ横ばいか減少傾向を示し、太陽活動の活発化が原因とは考えられない[46]。観測された太陽放射の変動は0.1%程度で、地球の平均気温に与える影響も0.1~0.2℃程度である[47]
(宇宙線や太陽磁場の影響については#宇宙線・紫外線・太陽風節参照)
  • (主張)太陽活動が極小期を迎え、その前後数十年間は小氷期のように寒冷化する[48][要検証]
    • (反論)太陽活動の低下期であっても、人為的要因による気温上昇幅の方が大きいとかんがえられる[49][50]マウンダー極小期でさえ地球全体で0.1~0.2度程度の低下であり、そのレベルの太陽活動の低下でも温暖化の一時的、部分的抑制にしかならない[51][52]

宇宙線・紫外線・太陽風[編集]

  • (主張)可視光より変動の大きい紫外線や太陽磁場が気候変動に少なからず影響している。宇宙線に誘起され形成される地球を覆うの量が変化して間接的に気温の変動をもたらしている(スベンスマルク効果を参照)[53][54]
    • (反論)宇宙線量の変化が実際の雲量や気候に影響を与えているという確たる証拠は見つかっておらず[55]、過去に観測された宇宙線量の一時的変化に対する雲量の変化も見られない[56][57][58]。影響があったとしても、観測されている温暖化の数%以下である[59]スベンスマルク効果を参照)。

二酸化炭素の温室効果についての議論[編集]

近年の二酸化炭素と気温の変化
二酸化炭素の赤外線の吸収と放出
  • (主張)既に地球放射エネルギーのうち95%は吸収されて飽和状態に近く、二酸化炭素が今後増加しても、大気の窓領域と重なる波長は限られており、それほど気候に変化は起きない[60]
    • (反論)二酸化炭素が温暖化を促進する効果には、十分な物理学的な証拠がある[61]。鉛直方向の大気全層に相当する二酸化炭素による1回の吸収による放射透過率を波長別に計算すると、確かに波数630から700/cm付近では吸収が飽和している。しかし、それは二酸化炭素による赤外線の射出をゼロとして、吸収の効果のみを計算した場合の話である。実際の大気では、地表面から射出された赤外線は温室効果ガスによって吸収・射出を繰り返し上空へと放出される。大気中の二酸化炭素濃度が増加すれば、この吸収・射出の平均回数が増加するため、温室効果は増加する。つまり、大気全層による一回の吸収が飽和しているからといって、二酸化炭素が増加しても温室効果は増加しないというのは誤りである[1]
  • (主張)二酸化炭素は10年程度でほぼ飽和し、7ppm以上には増えない。人間活動由来の CO2 が大気中に放出され、その一定量(58% ~56%と言われる )がそのまま蓄積する、というがそれは不自然な「理論」である[62]。森林や海洋のC02の蓄積にはまだ余裕があると考えられ IPCC (2001)によれば、大気中のC02は毎年30%を森林や海洋と放出吸収し交換しているとしている。1年後には人間が排出したC02は大気中に70%残ることになる。これは2年後には70%の更に70%,つまり49%が残ることになる。人間活動由来のCO2のうち、大気中に長期的に残存する量は合計は等比級数であって、3.33年で 8.5ppm増加する[63][64]。これを離散的ではなく連続量として計算すると7ppm増加という事になり[62]、10年程度でほぼ飽和し、7ppm以上には増えない。したがって、 C02による温暖化は原因として認めても、人間活動由来C02では温暖化の「進行」を説明できない[65]
    • (反論)「森林や海洋はCO2を吸収放出している。その1年間の吸収量は、同じ年に人間活動によって放出されるCO2量の約3割に相当する。」という意味。自然由来CO2や人間活動由来CO2を吸収放出しており、人間活動CO2のみを吸収しているわけではない。懐疑論のように「その年に人間活動によって放出されたCO2は、その年のうちに30%が吸収され、次の年には残りの70%のうちの30%がさらに吸収されるという過程が無限に繰り返される」という意味ではない。例えば、人間活動由来のCO2量をQ、森林や海洋による吸収量のQに対する割合をrとし、排出吸収量は時間変化しないと仮定、大気中に残存するCO2量を計算した計算法は、Q×(1-r)+ Q×(1-r)+ Q×(1-r)+...ということになり。この数列の和は収束せず、人間活動によるCO2放出が続く限り大気中のCO2量は増えていく[1]
  • (主張)二酸化炭素が原因ならば気候モデルの予測結果では非極地方に於いて対流圏中層の温暖化率は地表より高くなるはずであるが、衛星のデータでは逆に地表の温暖化率が高い[66][要検証]
    • (反論)その結論はデータの処理方法の誤りによるものであり、誤りを修正するとやはり対流圏中層の温暖化率が高い[67][68][69]

人為的放熱[編集]

ヒートアイランドの地球温暖化への寄与度 参照

  • (主張)Morton Skorodinは、温暖化の主因は温室効果ガスの増加ではなく、原子力や石油、石炭などの枯渇性エネルギーの使用による放熱によると主張[70]
    • (反論)温暖化ガスの増加による放射強制力の増加分は、合計約2.9W/平方メートルで[71]、枯渇性エネルギーの利用による放熱は放射強制力にして0.028W/平方メートルであり[72]、温暖化ガスの増加の影響が100倍大きい(解説:[73])。

炭素循環に関する議論[編集]

ミッシング・シンク[編集]

  • (主張)初期の気候モデルミッシングシンク(missing sink)とよばれる行方不明の二酸化炭素があることを根拠に、温暖化予測が不確実とする主張があった。[74]
    • (反論)森林やサンゴへの固定、地下への浸透、海への溶解などで、CO2一部は大気から離脱し(二酸化炭素シンク)、二酸化炭素の排出量と大気中の残存量に差が生じる。初期の気候モデルでは、二酸化炭素の吸収・排出量を要素毎に合算した値が実測値と整合せず、ミッシングシンクと呼ばれた。その後、データが増えて解析が進展し、主に陸上生態系による吸収分として説明がつくようになり、1995年発行のIPCC第2次評価報告書(SAR)からはミッシングシンクという表現自体が消えた[75][76][77]
  • (主張)火山活動、落ち葉の腐敗、生物の呼吸や、海水からの二酸化炭素の排出量の方が、排気ガスや工場などの人為的な排出量を上回っている[78]

海洋による吸収・排出[編集]

  • (主張)海洋への二酸化炭素の吸収・放出の時間の長さが不明である。[要出典]
    • (反論)二酸化炭素の海洋からの収支が放出であれば、大気中の二酸化炭素の需給バランスの説明がつかない。また、海洋に多く含まれる炭素13ではなく、化石燃料や木材に多い炭素12からなる二酸化炭素が大気中に増加していることからも、二酸化炭素増加の主原因は海洋からの放出ではない[80]

濃度変化は温度変化の結果とする説[編集]

温室効果ガスの増加により気温上昇が生じているのではなく、気温上昇の結果二酸化炭素が増えているとの主張がある。

  • (主張)短期的な変動では、温度変化よりも二酸化炭素の濃度変化の方が半年から1年遅れている[81][82][要検証]
  • (主張)20世紀全体の変動も、急激な温度変化が二酸化炭素の変化に先行して起こっている[43]
  • (主張)数万年規模では、氷床コアより過去3回の氷期を調べた研究で、気温上昇が二酸化炭素の上昇よりも600(±400)年先に生じている[83]
二酸化炭素濃度の過去40万年の変化と産業革命以降の急激な上昇

これらの主張については、下記のように反論されている。

    • (反論)上記の槌田らの示すグラフは、時間微分と同様の操作などで二酸化炭素の長期変動を見えにくくしている。槌田らのグラフで気温の変化が追従しているように見えるのは植物の光合成による季節変動だけで、長期変動まで説明できない。近藤の用いるグラフも対象の全期間でCO2が増加しており、彼ら自身の主張と矛盾する[1]
    • (反論)氷床コアなどの測定結果から近年の二酸化炭素濃度は過去40万年にはない規模で増加している(右図)。仮に槌田や近藤らの主張が正しければ、5~6℃の気温上昇が1850年から現在までの約150年間で既に生じている必要があり、観測事実と矛盾する[84][1]

予測内容への批判[編集]

地球温暖化の原因や影響の予測には不確実性が伴い、科学的理解が不足する項目や専門家間での意見の不一致が残る項目がある(IPCC第4次評価報告書#使われている表記参照)。人為説は主に気候モデルの結果から導かれているが、以下のようにモデルの不完全さを批判する意見も見られる[85][86]

予測精度に関するもの[編集]

モデルと現実の整合性や妥当性を問う批判[87]

  • (主張)分解能が粗すぎて小規模の気象現象を表現できない。理解度が低い現象の影響は、過小・過大評価されたり、除外されたりしている[88]
    • 天気予報と温暖化予測では、必要な精度が全然異なる。ヤカンを火に掛けた時に例えれば「どこからあぶくが出てくるか」を正確に予測しようとするのが天気予報、「約何分後に沸騰するか」を大雑把に予測するのが気候モデルである[84]。地球温暖化の予測に用いる気候モデルは特定の日の「天候」の予測ではなく、平均的な「気候」を予測する。気象はカオスの性質を持つので100年後の「天候」を予測することは不可能だが、地球のエネルギーのバランスで大部分が決まる「気候」ならばカオス的なゆらぎは平均化され、意味のある予測が可能である[89]
  • (主張)ベンジャミン・サンターが南半球の気温変化を示すグラフで1963~1987年のデータのみを抜き出し、シミュレーションの予測と温暖化の現状が一致すると主張し、IPCC第2次評価報告書の手直しを行った。しかし、サンターが排除した1950年代と1990年代のデータを加えると南半球の気温変化に有意な上昇傾向は現れない[43][要検証]

温暖化の影響に関する議論[編集]

地質学的に安定な23の潮位観測点で計測された海水準。年約2mmずつ上昇

氷河融解と海面上昇[編集]

南極やグリーンランドなどに大量にある氷河氷床は降雪と融解が均衡していれば一定量を保つが、この均衡が崩れると海水準変動に繋がる。地球の平均気温が上昇すると融解(減少)が速まり、海面上昇の要因となる一方で、降水量(降雪量も含む)が増加し海面低下の要因となるとされる。

  • (主張)IPCCのAR4時点の全球気候モデルによる予測の一部には、南極大陸の内陸部で降雪が増えることで氷床が増加して、海面が下がると書いてある。[90]
    • (反論)南極大陸では内陸部で氷床が増加している部分もあるものの[91]、大陸全体では氷量が減少している[92]。さらに近年は氷床の融解の加速により、AR4の見積もり以上に海面上昇が速まる可能性が指摘されている[93]。(南極氷床南極の気候参照)。AR4時点の全球気候モデルでは取り入れられていないが、西南極やグリーンランドの氷河の流出速度の加速が海面上昇量を顕著に促進するとされている[94]、近年の各国の衛星の観測結果からも南極氷床は明らかに減少傾向を示していると報告されている[95]。AR4の海面上昇量の予測には、当時の知見不足を理由として、氷床等の流下速度の変化が織り込まれていない[96]。また南極氷床の融解はAR4記載の数値よりも急速に発生する可能性があり、AR4の記述が楽観的すぎると指摘されてきた[97]。実際にAR4以後は予測より速い融解を示唆する観測結果の報告が相次いでおり[98][99]、海面上昇量がAR4に書かれた値の倍以上になる危険性が指摘されている[100]海面上昇#南極氷床の融解参照)。
  • (主張)2005年頃までの一部の観測データでわずかに気温の低下傾向が見られるので、南極やグリーンランドの氷は寒冷化して増加するはずである[101][102][103][104][105]
    • (反論)地球の平均気温とは点で測るものではないため、例えいくつかの観測点で下がっていても全て下がっている訳ではない[1][106]AR4に集約された地球全体の観測結果からは、地球全体としてみれば気温は上昇しているとされる。AR4では最終的には南極の気温も上昇すると予測され、2008年には実際に気温上昇とそれに伴う異変が報告されるようになった[107][108][109]
  • (主張)AR4のヒマラヤの氷河の消滅時期に関する記述に誤りが見つかった(AR4参照)。
    • (反論)(ヒマラヤの氷河群を含む)世界の氷河群が後退していることに変わりはない。報告書の結論は揺るがない[110][111]
  • (主張)海面上昇の象徴として取り上げられるモルディブツバルでは、長期的に海水面が変動していない、あるいは低下している[112][113]
    • (反論)世界中の地質学的に安定な観測点のデータは明らかな上昇傾向を示す(右図)。ツバルで現在発生している問題は主に(地球規模よりも)ローカルな要因によるが、それにより今後予想される海面上昇に対して脆弱になっていると見られる[114]

IPCCに対する批判[編集]

コンセンサス主義に対する批判[編集]

AR4では、数千人の専門家の見解を勘案して、その時点で最も確からしいと思われる結論を記している。このため参加した専門家間でも見解の相違やばらつきがあり、報告書でも断りがある。このような合意(コンセンサス)形成方法に反発する意見がみられる[115]。また、異論のある人物を集めて合意が形成されていないと主張する例が見られる。

  • (主張)温暖化人為説は政治的な目的で作られ科学的な合意は得られていない(米国上院議員のJames M. Inhofe[116][117]
    • (反論)彼は何度も同様の主張をしているが、そのリストには明らかにその分野の専門家ではない人間が多数見つかっている。また内容的にも、彼の主張は既に反論された懐疑論の蒸し返しである[118][119][120][121][122]

気候研究ユニット・メール流出事件(クライメートゲート)[編集]

ホッケースティック曲線
IPCC AR5で使用された過去2000年の世界の気温推移のグラフ

クラッキングにより暴露された気候研究者らのメールをもとに、懐疑論者らが地球温暖化が陰謀であると攻撃した事件。英国議会等の複数の調査で、具体的な不正や誤りの証拠は見当たらないとされた。(気候研究ユニット・メール流出事件参照)

(主張)マイケル・マンらによる古気候復元(ホッケースティック曲線)が正しくないと疑念が持たれている。2009年11月に「クライメートゲート事件」と呼ばれるハッキング事件が発生、その中にのイーストアングリア大学気候研究所のジョーンズ所長が、マイケル・マンが「ネイチャー」に載せたホッケースティック曲線の論文の改ざんを行った事をにおわせる様な記述があったなど、データの無断盗用・改竄が行われたとの疑念がもたれた[123]。その後、改ざんがあったのかは定かではないが、2007年のIPCC第4次評価報告書(AR4)ではホッケースティック曲線は使われず、別の過去の温度の推計研究の結果が複数提示された。また、中世の北半球は現代と同じくらい熱かったことは、今ではIPCCははっきり認めている。2013年のIPCC第5次評価報告書(AR5)のに発表された過去の温度グラフによると中世気候異常(950年から1250年)は現在と変わらない気温まで上昇していたことが分かっるった。IPCCにより北半球において中世の温暖期(中世気候異常)が存在したことが明記された。このように最新のデータが使われ、ホッケースティック曲線とは違った結果が示されるなど、現在ではホッケースティック曲線使われなくなっている[124]

  • (反論)「無断盗用・改竄」については、後ほど訂正されている。AR4でもいくつかの古気候復元とあわせて使われており、それらはマンらが示した誤差範囲内である。(詳細はホッケースティック論争参照)

政治的圧力・陰謀説[編集]

地球温暖化に限らず、自然科学においては客観的な研究がなされることが理論が成立するための前提であるが、地球温暖化に関しては、政治的な圧力がかけられたり、いわゆる陰謀だとする主張(陰謀論)がある。たとえば下記のようなものである。

  • 温暖化は欧米などの優位性を保ったり、利益を拡大するために利用され、誇張されている[125]
  • 地球温暖化説が唱えられるようになった1980年代は、ちょうど軍事産業が低迷した時期と重なっている。軍事ビジネスに変わるものとして環境ビジネスがターゲットとなり、地球温暖化がその理屈作りに利用されたのではないか[126]
  • 「(人為的に/二酸化炭素によって)温暖化することを前提にした気候モデルで計算をしているので、結果もその通りになるのは当たり前である」と主張する者もいる[127]
  • 気候学者はIPCCのメンバーの三分の一にしか過ぎず、政治的に任命された非気候学者、非科学者がはるかに数で勝っており、さらにIPCCの報告書は極端な気候変動を主張するものを偏重して採用している[128]
  • フレッド・シンガー(Fred Singer)、ロジャー・レヴェルらは地球温暖化に対処するために直ちに行動は起こす必要はないとする論文を発表したが、その論文の再掲の話が上った際、レヴェルが論文に発表した内容との矛盾が指摘される『地球の掟』を記したアル・ゴア議員は、知り合いの科学者に頼みレヴェルの名前を論文から削除するよう求めたが、シンガーがそれを断ると、シンガーがレヴェルに強制し名前を載せたとのネガティブ・キャンペーンが張られた。ゴアがシンガーの信用を貶めようと圧力をかけたりメディアを利用したことは、テッド・コッペルのナイトラインという番組において後に明らかにされた[128]
→その一方、フレッド・シンガーは「ライプツィヒ宣言」の主宰者であるが、石油業界からの資金供与が判明している[1][129]
  • IPCCのパチャウリ議長が温室効果ガスの排出量取引などで儲けている銀行の顧問を務め、その報酬として数十万ドルがパチャウリが理事長を務めるエネルギー資源研究所(TERI)に振り込まれていると英紙テレグラフのC.Booker記者がコラムに書き、“パチャウリゲート”と呼んだ[130]
→OnEarth誌編集責任者のG.Blackは、その資金はTERIを通じてインドの貧困家庭の支援プロジェクト[131]などに「まっすぐ」振り向けられており、個人への報酬と見なすべきではない、と指摘している[132]

なお、支持派・懐疑派双方に見られる陰謀論は本質的な議論を遠ざけてしまうと懸念する意見もある[133]

原発産業に関する陰謀説[編集]

二酸化炭素による地球温暖化説が広まった背景には、原発産業による意向が政府などを通して強く働いていたのではないか、いわゆる陰謀があるのではないか、との見方がある。原発産業による陰謀、とする説が生じてしまう背景には、次のような要因があげられる。

  • チャールズ・デービッド・キーリングによる二酸化炭素の観測は軍事予算や原子力予算の転用による支援によって行われており、さらに原発業界は各国政府に働きかけることによって、CO2温暖化説の科学者に研究費を出させた[82]
  • AR4の第2作業部会の統括執筆責任者をつとめたスティーブン・H・シュナイダーは過去に地球寒冷化説を唱えており、地球温暖化説に変説する以前に原発の推進を唱えていた[134]
  • IPCC第1次評価報告書には、原子力エネルギーの利用を図った場合のシナリオが温暖化の抑制効果が高いとされ[135]、IPCC第2次評価報告書には地球温暖化の対策オプションとして「原子力エネルギーへの転換」という項目がある[136]。それらの結果を踏まえ、電力中央研究所は、「日本の温暖化対策の大きな柱は原子力発電の拡大であり、2010年で原子力約6600~7000万キロワットの目標」を掲げることとなった[137]
  • 火力発電所に比べ二酸化炭素の排出量が少ないとの宣伝を行ってきた原発の建設推進派による陰謀である」との主張がある[138]

石油業界に関する陰謀説[編集]

一方で、支持派からは懐疑論への石油メジャーなどの関与が指摘されている[1][129]

  • 「オレゴン嘆願書(en:Oregon Petition)」と呼ばれる文書と共に論拠として論文が配布されたが、これは著名な学会(米国科学アカデミー)の論文に見かけが酷似しているものの実際に掲載された論文ではなく、学会側が正式に抗議する事態となった。また、嘆願書に賛同したとされる人物のリストにも疑惑が指摘されている[1][129]。またこれに似た文書として、「ライプツィヒ宣言(en:Lepzig Declaration)と呼ばれるものもある[1][129]
  • 「地球温暖化科学に関して公衆を混乱させようとする」団体に約18億円を提供した[129]。またIPCCから特定の科学者を解任させるようにブッシュ政権に要求し、実現させた[129]

懐疑論への反論および学者や団体による見解[編集]

温暖化の「象徴」にされているとされるキリマンジャロ山の氷帽縮小(PD NASA)
温暖化の「象徴」にされているとされるスペガッツィーニ氷河の崩落(ロス・グラシアレス国立公園)。温暖化で崩落ペースが加速することが問題とされる。
世界の年平均気温の偏差の経年変化(1891~2010年)[139]

地球温暖化は温室効果ガスの増加と人間活動の拡大によるものであるとして懐疑論は反論されている[140]

地球温暖化に関する科学的知見を最も包括的に評価した報告書がIPCC第4次評価報告書(以下AR4と略す)である[38][141][142]。この評価結果などにより、地球温暖化の原因は人為的なものが大部分であるとの国際的かつ科学的な合意が得られ、世界の動きはこれを主軸としつつある。AR4にはいくつかの誤記がみつかったが、主要な結論は変わっていない[143]地球温暖化に関する科学的知見を最も包括的に評価した報告書がIPCC第4次評価報告書(以下AR4と略す)である[38][141][142]。この評価結果などにより、地球温暖化の原因は人為的なものが大部分であるとの国際的かつ科学的な合意が得られ、世界の動きはこれを主軸としつつある。AR4にはいくつかの誤記がみつかったが、主要な結論は変わっていない[143]。 懐疑論についての組織化されたキャンペーンは、保守的な経済政策に関連しており、 二酸化炭素の規制に反対する産業に支えられている[144]。米国の気候変動に懐疑的な論文の90%以上は、右翼のシンクタンクに由来している[145]。1970年代後半から石油会社は地球温暖化に関する標準的な見解に沿って広く研究を発表してきたにもかかわらず、気候変動拒否キャンペーンを組織し、数十年にわたって懐疑論についての公共の情報を広めた。これを、タバコ産業による喫煙の危険性の組織的な否認と比較される戦略であるとする者もいる[146][147][148]。 また2007年7月に米国石油地質協会 (AAPG)英語版がその意見[149]を変えて以来、近年の温暖化に対する人為的影響を否定する国際的な学術組織は無いとされる[150]

2007年7月に米国石油地質協会(AAPG)が気候の基本的制御において人為的な二酸化炭素排出についての研究拡大が重要だと表明[149]した。これ以来地球温暖化に対する人為的影響を否定する地質学関係の学術組織は無いとされる[150]

日本語での反論も為されており[1][151](何ページ?)、国立環境研究所の「Q&Aココが知りたい温暖化」がある。

東京大学総長で三菱総研理事長の小宮山宏は、「全てについて反論は用意されている」「温暖化懐疑論が問題になっているのは日本だけ」と述べている[152]

海洋研究開発機構の近藤洋輝は、NatureやScienceなどの著名学術誌に採用されていない異論が、メディアに安易に取り上げられることに懸念を表明している[153](何ページ?)

トンデモ本を批判的に楽しむと学会の会長でSF作家の山本弘は著書[129](何ページ?)において、武田邦彦槌田敦らによる懐疑論に関して、誤った解釈や信頼性の低い論拠などの問題点を指摘した上で「素人の印象を信じるな。専門家の言うことに耳を傾けろ。」と述べている。

数学者イアン・スチュワートは『数学の魔法の宝箱』で「地球温暖化詐欺」における気温と二酸化炭素のグラフに関する誤解を取り上げ、幼稚な推論が原因であるとして数学的に解説(何ページ?)している。

各国における状況[編集]

アメリカ[編集]

懐疑派のサイトとして "The Week That Was" (TWTW)[154]、支持派のサイトとして"RealClimate" [155]などが挙げられる[156]。両者とも各国の論文を集めているが、前者の論文は減っているとされる[156]。世論は2008年5月の調査では平均約7割が地球温暖化が実際に起こっていると回答したが、支持政党によって大きな違いが見られた[157]オバマ前政権は環境・エネルギー分野への投資を戦略の柱の一つに据え、環境保護に積極的な人材の登用を決めていたが[158]、 消極的なトランプ政権では石炭などの化石燃料を推進しており、環境保護とはかけ離れている対策を執っている[159]

ヨーロッパ[編集]

懐疑論は10年以上前から見られ[156]、今でも『地球温暖化詐欺[160]のような映画が作成されたりしている(その他の懐疑論については上記を参照)。 このような懐疑論に対し2008年5月、欧州議会は「科学に不確実性はつきものであるが、気候変動の原因や影響に関する科学的な研究結果を、科学に基づかずに不確実もしくは疑わしいものに見せかけようとする試みを非難する」と表明している[161]。世論は対策を支持しており、長期目標として気温上昇量を2℃で安定化することを掲げている[162]。2008年12月には2020年までに温室効果ガスを1990年比で20%削減することを可決するなど、対策を進めている[163]

日本[編集]

2007年頃から懐疑論が目立ち始め、関連書籍はセンセーショナルな内容で売れ行きをのばした[156][160]。そのような議論では海外の当該分野学術誌に発表していない「専門家」を名乗る人物などにより、温暖化の否定、CO2原因説や人為説の否定[156]、リサイクルなど対策の有効性の否定が主張されている(この項目で上述した内容、および武田邦彦を参照)。一方、そうした懐疑論に関してはその信憑性に関して様々な問題点が指摘され[129]、また反論もなされている(#懐疑論への反論および学者や団体による見解参照)。このような「遅れてやってきた」[156]懐疑論が目立つ状況について、そのような主張はまともな議論とはみなされず、国際的にも通用しない、との危機感が表明され[164]、行政・公的機関・専門家らによる懐疑論への反論サイトが相次いで設置されている(#外部リンク参照)。また専門家チームによる「懐疑派バスターズ」などの取り組みも行われている[165]

姿勢を転換した研究者、研究機関[編集]

  • カリフォルニア大学バークレー校の物理学者Richard Mullerは、気候学者の気温解析手法に批判的で、懐疑論者に理解を示していたが、懐疑派団体からの資金提供を受けて気温再解析した結果、CRUと合致する結果を得て[166]、気温上昇が確かだとしてそれを正式に撤回した。(詳細はen:Richard A. Muller参照)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 明日香壽川、河宮未知生、高橋潔、吉村純、江守正多、伊勢武史、増田耕一、野沢徹、川村賢二、山本政一郎 『地球温暖化懐疑論批判』 東京大学 IR3S/TIGS叢書 2009年
  2. ^ Ross R. McKitrick and Patrick J. Michaels "Quantifying the influence of anthropogenic surface processes and inhomogeneities on gridded global climate data", Journal of Geophysical Research, 112, D24S09 (2007)
  3. ^ Victor Goldschmidt "Global warming and CO2: Highlights of differing perspectives", Ingenierias, 10(37), pp.38-47(2007)
  4. ^ Hans-Martin Füssel, An updated assessment of the risks from climate change based on research published since the IPCC Fourth Assessment Report, Climatic Change (2009) 97:469–482, DOI 10.1007/s10584-009-9648-5
  5. ^ 地球全体の平均気温の求め方」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  6. ^ 『CO2温暖化説は間違っている (誰も言わない環境論)』(06年、ほたる出版)
  7. ^ [1]
  8. ^ 温暖化は停止した(SkepticalScienceによる日本語の解説。科学的論拠は別記出典を参照)
  9. ^ D.M.Murphy et al., An observationally based energy balance for the Earth since 1950, Journal of Geophysical Research: Atmospheres, Vol 114 Issue D17, DOI: 10.1029/2009JD012105
  10. ^ 世界の年平均気温(気象庁)
  11. ^ 気象庁 | 世界の年平均気温”. www.data.jma.go.jp. 2021年3月13日閲覧。
  12. ^ L.F.Khilyuk and G.V.Chilingar,"On global forces of nature driving the Earth's climate. Are humans involved?", Environmental Geology, 50(6),pp.899-910(2006)
  13. ^ G.V.Chilingar, O.G.Sorokhtin and L.F.Khilyuk, "Response to W. Aeschbach-Hertig rebuttal of 'On global forces of nature driving the Earth's climate. Are humans involved?' by L.F.Khilyuk and G.V.Chilingar",Environmental Geology, 52(5),pp.1567-1572(2007)
  14. ^ Science & environmental policy project (SEPP),"SEPP Policy declarations" ここで取り上げられている文章に関して"Leipzig Declaration", "Heidelberg Appeal", "Oregon Petition"(英文wikipedia)
  15. ^ Reid_BrysonPatrick_MichaelsRichard_Lindzen(wikipedia英語版)
  16. ^ IPCC AR4 WG I 9FAQ
  17. ^ a b c 水蒸気の温室効果”. 地球環境研究センター. 2021年5月5日閲覧。
  18. ^ Kevin E.Trenberth「Earth's Annual Global Mean Energy Budget」『Bulletin of the American Meteorological Society』第78巻第2号、American Meteorological Society (AMS)、1997年、 197-208頁、 doi:10.1175/1520-0477(1997)078<0197:EAGMEB>2.0.CO;2
  19. ^ 科学技術動向センター (2005-12). “温暖化ガスの水蒸気が地球対流圏で増加”. 科学技術動向2005年12月号 (科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター): 1349-3663. http://hdl.handle.net/11035/1671. 
  20. ^ AR4 Climate Change 2007: The Physical Science Basis”. ipcc. 2021年5月5日閲覧。
  21. ^ 水蒸気の温室効果」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  22. ^ A. A. Lacis, G. A. Schmidt, D. Rind, R. A. Ruedy. Atmospheric CO2: Principal Control Knob Governing Earth's Temperature, Science, 330 (2010) p.6002.
  23. ^ Syun-Ichi Akasofu, "Is the Earth still recovering from the 'Little Ice Age'? A possible cause of global warming", 2007年3月.
  24. ^ Dave Hoopman, "The Faithful Heretic ",Wisconsin Energy Cooperative news. 2007年5月
  25. ^ a b 寒冷期と温暖期の繰り返し」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  26. ^ 本当に深刻?ここが気になる温暖化Q&A、環境省
  27. ^ N. Balling (1998). “Past temperatures directly from the greenland ice sheet”. SCIENCE 282. https://www.semanticscholar.org/paper/Past-temperatures-directly-from-the-greenland-ice-Dahl-Jensen-Mosegaard/6af6898d8d65d06c65ca94f52f93ec88b190f652#paper-header. 
  28. ^ Q. Ge, Z; J. Zheng; X. Shao (2013). Temperature changes over the past 2000 yr in China and comparison with the Northern Hemisphere. pp. 1153-1160. doi:10.5194/cp-9-1153-2013. https://www.clim-past.net/9/1153/2013/. 
  29. ^ 杉山 大志. “中世は今ぐらい熱かった:IPCCの最新の知見”. NPO法人 国際環境経済研究所. 2021年5月5日閲覧。
  30. ^ Science, Vol. 326 no. 5957 pp. 1256-1260,27 November 2009
  31. ^ a b IPCC AR4 SYR, Figure 2.5"
  32. ^ FAQ 9.2 Can the Warming of the 20th Century be Explained by Natural Variability?, IPCC
  33. ^ 世界の年平均気温の偏差の経年変化(気象庁)
  34. ^ Climate Change 2007: Working Group I: The Physical Science Basis, 10.ES, Mean Temperature, IPCC AR4
  35. ^ 『今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機』(丸山茂徳、KKベストセラーズ、2009年)
  36. ^ 槌田 敦「異説・地球温暖化論 -CO2 温暖化説は間違っている-」『名城論叢』、名城大学、2006年、 1-12頁。
  37. ^ 丸山 茂徳、生駒 大洋、玄田 英典「遺跡形成における地質現象 地球寒冷化がやってくる」『日本地質学会学術大会講演要旨/第114年学術大会(2007札幌)』、情報知識学会、2007年、 86頁、 doi:10.14863/geosocabst.2007.0.86.0
  38. ^ a b c IPCC第4次評価報告書 統合報告書概要(公式版)、環境省
  39. ^ J. Jouzel, V. Masson-Delmotte, O. Cattani, G. Dreyfus, S. Falourd, G. Hoffmann, B. Minster, J. Nouet, J. M. Barnola, J. Chappellaz, H. Fischer, J. C. Gallet, S. Johnsen, M. Leuenberger, L. Loulergue, D. Luethi, H. Oerter, F. Parrenin, G. Raisbeck, D. Raynaud, A. Schilt, J. Schwander, E. Selmo, R. Souchez, R. Spahni, B. Stauffer, J. P. Steffensen, B. Stenni, T. F. Stocker, J. L. Tison, M. Werner and E. W. Wolff,Orbital and Millennial Antarctic Climate Variability over the Past 800,000 Years, Science 10 August 2007, Vol. 317 no. 5839 pp. 793-796.
  40. ^ Michael E. Mann, Zhihua Zhang, Malcolm K. Hughes, Raymond S. Bradley, Sonya K. Miller, Scott Rutherford and Fenbiao Ni, Proxy-based reconstructions of hemispheric and global surface temperature variations over the past two millennia, Proceedings of the National Academy of Science(PNAS), September 2, 2008, vol. 105, no. 36, 13252-13257.
  41. ^ ココが知りたい温暖化:寒冷期と温暖期の繰り返し地球環境研究センターによる解説)
  42. ^ Zbigniew Jaworowski, "Solar Cycles, Not CO2, Determine Climate", 21st Century Science & Technology, Winter 2003-2004, pp.51-65(2003)
  43. ^ a b c 矢沢潔 『地球温暖化は本当か? 宇宙から眺めたちょっと先の地球予測』技術評論社 2007年1月
  44. ^ Raynaud, D., J. Jouzel, J. M. Barnola, J. Chappellaz, R. J. Delmas, C. Lorius, 1994, The Ice Record of Greenhouse Gases, Science, 259, 926-934.
  45. ^ Hans Oeschger, 1995, Environ Sci. & Pollut. Res. 2 (1) pp. 60-61[2]
  46. ^ 太陽黒点数の変化が温暖化の原因?」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  47. ^ Solar Variability: Striking a Balance with Climate Change, NASA,05.07.2008
  48. ^ Russian scientist says Earth could soon face new Ice Age ロシア通信社、2008年1月22日
  49. ^ J. Hansen, M. Sato, P. Kharecha, and K. von Schuckmann, Earth's energy imbalance and implications, Atmos. Chem. Phys., 11, 13421-13449, 2011, doi:10.5194/acp-11-13421-2011
  50. ^ Earth's Energy Budget Remained out of Balance Despite Unusually Low Solar Activity, Study Finds, ScienceDaily, Jan. 30, 2012.(解説記事)
  51. ^ http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/119825.html
  52. ^ Gareth S. Jones, Mike Lockwood, Peter A. Stott, What influence will future solar activity changes over the 21st century have on projected global near-surface temperature changes?, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH, VOL. 117, D05103, 13 PP., 2012 doi:10.1029/2011JD017013
  53. ^ Henrik Svensmark and Eigil Friis-Christensen "Variation of cosmic ray flux and global cloud coverage a missing link in solar-climate relationships." Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics 59, 11 pp.1225-1232
  54. ^ Mads Faurschou Knudsen, Peter Riisager, "Is there a link between Earth's magnetic field and low-latitude precipitation?" Geology 37, p.71-74(2007)
  55. ^ IPCC Climate Change 2001 Working Group I "The Scientific Basis: Cosmic rays and clouds"(2001)
  56. ^ [3]
  57. ^ More doubt on cosmic climate linkBBC、2008年4月18日 08:48の記事
  58. ^ Calogovic, J., C. Albert, F. Arnold, J. Beer, L. Desorgher, and E. O. Flueckiger (2010), Sudden cosmic ray decreases: No change of global cloud cover, Geophys. Res. Lett., 37, L03802
  59. ^ A.D. Erlykin, A.W. Wolfendale, Cosmic ray effects on cloud cover and their relevance to climate change, Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, Volume 73, Issue 13, August 2011, Pages 1681-1686
  60. ^ 池田清彦 『環境問題のウソ, 167pp』 筑摩書房〈ちくまプリマー新書〉、2006年。ISBN 4480687300。 
  61. ^ 二酸化炭素の増加が温暖化を招く証拠」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  62. ^ a b 小島 順. “CO2 循環を理解するための数学的枠組み”. 小島順の数学教室. 2021年5月14日閲覧。
  63. ^ 槌田 敦 『co2温暖化説は間違っている 』(増補版版) ほたる出版、2007年。 
  64. ^ A. Tsuchida: hternational Joumal of Transdisciplinary Reserch 3(2008) 80
  65. ^ 槌田 敦「原因は気温高,CO2濃度増は結果」『日本物理学会誌』第65巻第4号、日本物理学会、2010年、 266-269頁。
  66. ^ Spencer, Roy W., John R. Christy, 1992: Precision and Radiosonde Validation of Satellite Gridpoint Temperature Anomalies. Part II: A Tropospheric Retrieval and Trends during 1979–90. J. Climate, 5, 858–866.
  67. ^ CARL A. MEARS, MATTHIAS C. SCHABEL, AND FRANK J. WENTZ, A Reanalysis of the MSU Channel 2 Tropospheric Temperature Record, Journal of Climate 16 (2003) 3650.
  68. ^ Carl A. Mears, Frank J. Wentz, The Effect of Diurnal Correction on Satellite-Derived Lower Tropospheric Temperature, Science 309 (2005) 1548.
  69. ^ John Cook, "Satellite show little to no warming in the troposphere" (解説記事)
  70. ^ Morton S. Skorodin. “Nuclear Energy Causes Global Warming”. Countercurrents. 2021年5月29日閲覧。
  71. ^ IPCC AR4 FAQ 2.1
  72. ^ Mark G. Flanner,Integrating anthropogenic heat flux with global climate models,GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, VOL. 36, L02801, 5 PP., 2009, doi:10.1029/2008GL036465
  73. ^ It's waste heat, (Skeptical Scienceによる解説)
  74. ^ 杉山 大志. “CO2による地球緑色化(グローバル・グリーニング)”. NPO法人 国際環境経済研究所. 2021年5月5日閲覧。
  75. ^ Spencer WeartBiosphere: How Life Alters Climate , Discovery of Global Warming, 2007年6月
  76. ^ 炭素循環国際研究集会」地球環境研究センター ニュース 6(1) 1995年
  77. ^ SGW 「ミッシングシンクはいつなくなったか?」 JANJANブログ, 2006年6月30日
  78. ^ Channel Four Television Corporation,"The Global Warming Swindle", TV番組,2007(Wikipediaの記事参考)
  79. ^ 海から二酸化炭素が排出された? 」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  80. ^ 海と大気による二酸化炭素の交換」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  81. ^ 槌田敦『環境保護運動はどこが間違っているのか?』宝島社新書、2007年
  82. ^ a b 槌田敦『CO2温暖化説は間違っている』ほたる出版、2006年
  83. ^ H. Fischer et al.,"Ice core records of atmospheric CO2 around the last three glacial terminations", Science, 283(5408), p.1712, 1999.
  84. ^ a b 明日香 壽川『地球温暖化 ほぼすべての質問に答えます!』岩波書店
  85. ^ Hendrik Tennekes, "A skeptical view of climate models" SEPP
  86. ^ Robert Balling, "The increase in global temperature:What it does and does not tell us", Marshall Institute Policy Outlook, 2003年9月.
  87. ^ List_of_scientists_opposing_global_warming_consensus
  88. ^ Peter A. Stott, Gareth S. Jones, John F. B. Mitchell "Do models underestimate the solar contribution to recent climate change?". Journal of climate, 16(15) pp.4079-4093 (2003).
  89. ^ コンピュータを使った100年後の地球温暖化予測」ココが知りたい温暖化、国立環境研究所
  90. ^ 遠藤小太郎、吉田真吾、中島貴裕、武田邦彦「極地の氷の融解と海面水位変動に見る環境情報の伝達問題」『日本金属学会誌』第70巻第5号、2006年、 420-426頁。
  91. ^ Ramanujan, Krishna (2002年8月22日). “Satellites Show Overall Increases in Antarctic Sea Ice Cover”. Goddard Space Flight Center. 2007年4月21日閲覧。
  92. ^ Velicogna, Isabella; Wahr, John; Scott, Jim (2006-03-02), Antarctic ice sheet losing mass, says University of Colorado study, University of Colorado at Boulder, http://www.eurekalert.org/pub_releases/2006-03/uoca-ais022806.php 2007年4月21日閲覧。 
  93. ^ A new view on sea level rise,Stefan Rahmstorf,6 April 2010
  94. ^ 近藤洋輝「北極・南極の氷をめぐる危機・長期安定化に向けた対応の緊急性」 日経エコロミー(2008/01/28)
  95. ^ 「世界最後の日」のシナリオ、南極で氷床の融解が加速」AFP、2008年01月14日
  96. ^ IPCC AR4, Figure 10.33
  97. ^ J. E. Hansen "Scientific reticence and sea level rise" Environmental Research Letters 2 (2007).
  98. ^ 江守正多 『地球温暖化の予測は「正しい」か?』化学同人
  99. ^ Antarctic glacier thinning fast, BBC, 13 August 2009
  100. ^ M.Vermeer, S. Rahmstorf, Global sea level linked to global temperature, PNAS
  101. ^ Atmospheric science: Early peak in Antarctic oscillation index Martin Widmann et al., Nature, 432(7015), 290-291(2004)
  102. ^ Antarctic climate cooling and terrestrial ecosystem response Peter T. Doran et al., Nature, 15, 517-520 (2002)
  103. ^ Positive Mass Balance of the Ross Ice Streams, West Antarctic Ian Joughin et al., Science, 295, 476 (2002)
  104. ^ Glacier mass balance: the first 50 years of international monitoring Roger J. Braithwaite, Progress in Physical Geography, 26, 1, 76, (2002)
  105. ^ Antarctic temperatures disagree with climate model predictions: David Bromwich, Ohio State University, 15-Feb-2007
  106. ^ 安井至「地球温暖化はエセ科学か」(市民のための環境学ガイド)
  107. ^ 南極異変、色づく夏 気温上昇、藻が氷河染める」朝日新聞、2008年4月6日
  108. ^ 南極大陸で異常事態 大規模な融雪判明 温暖化の影響か」朝日新聞、2007年 5月27日
  109. ^ 南極でもやはり気温上昇、英研究」AFP、2008年10月31日
  110. ^ Attacks on the Intergovernmental Panel on Climate Change Obscure Real Science, Union of Concerned Scientists
  111. ^ Global Glacier Changes: facts and figures、国連環境プログラム(UNEP)
  112. ^ Nils-Axel Mo¨rner et al. "New perspectives for the future of the Maldives" Global and Planetary Change, 40, p.177-182(2004)
  113. ^ Vincent Gray"The truth about Tubalu",103 (2006.6).
  114. ^ 環礁州島からなる島嶼国の持続可能な国土の維持に関する研究、茅根創(東京大学)、2009年
  115. ^ List_of_scientists_opposing_global_warming_consensus
  116. ^ Warmed Over CBS News 2005/1/11
  117. ^ Global Warming ‘Consensus’ in Freefall - Inhofe Speech (米国上院環境・公共事業委員会)2009年1月8日
  118. ^ "Inhofe's last stand", RealClimate, 2006/12/7
  119. ^ "Inhofe recycles long-debunked denier talking points — will the media be fooled (again)?" ClimateProgress, 2008/12/11
  120. ^ Who's Who on Inhofe's List of 400 Global Warming Deniers the daily green, 2008.11.1
  121. ^ Andrew Dessler, "The 'Inhofe 400': Busting the 'consensus busters'"Grist, 2007/12/27
  122. ^ "650 List" ,2009/1/2
  123. ^ 中野 洋一「「京都議定書」に関する一考察 : 「クライメートゲート事件」と地球温暖化論」『九州国際大学国際関係学論集』第6巻第1/2号、九州国際大学、2011年3月、 27-78頁。
  124. ^ 中世は今ぐらい熱かった:IPCCの最新の知見”. NPO法人 国際環境経済研究所. 2021年5月5日閲覧。
  125. ^ 欧米中心の世界は終わる? 田中宇,田中宇の国際ニュース解説, 2005年9月6日
  126. ^ 森田・日垣・有村「今年は異常気象ですか?」 サイエンス サイトーク, TBSラジオ, 2004年10月3日
  127. ^ 近藤邦明「§3 CO2地球温暖化仮説の検討」『環境問題』を考える
  128. ^ a b マイケル・ガフ編著『アメリカの政治と科学―ゆがめられる「真実」』昭和堂
  129. ^ a b c d e f g h 山本弘『“環境問題のウソ”のウソ』楽工社, ISBN 978-4903063164
  130. ^ Pachauri: the real story behind the Glaciergate scandal, C.Booker, The Telegraph
  131. ^ Lighting a Billion Lives
  132. ^ And Now, Pachaurigate, G.Black (Executive Editor, OnEarth)
  133. ^ ロバート・L. パーク『わたしたちはなぜ科学にだまされるのか』主婦の友社 2001年
  134. ^ S. I. Rasool and S. H. Schneider"Atmospheric Carbon Dioxide and Aerosols: Effects of Large Increases on Global Climate" Science 173, 138;141(1971)に"However, by that time, nuclear power may have largely replaced fossil fuels as a means of energy production."
  135. ^ IPCC『地球温暖化レポート―「気候変動に関する政府間パネル」報告書サマリー』中央法規出版 1991年
  136. ^ 環境庁地球環境部監修 『IPCC地球温暖化第二次レポート』 中央法規出版 2006年
  137. ^ 電力中央研究所 『どうなる地球環境―温暖化問題の未来』エネルギーフォーラム 1998年 ISBN 4885552338
  138. ^ 〈対談〉明日香壽川×神保哲生「温暖化懐疑論に向かいあう」科学、2007年7月号
  139. ^ 世界の年平均気温の偏差の経年変化、気象庁
  140. ^ "Climate change: A guide for the perplexed" (New Scientist)(英語)懐疑論と反論が記載されている
  141. ^ a b IPCCの原則と手続に関する声明(環境省仮訳)、2010年2月
  142. ^ a b Understanding Climate Change: 22 years of IPCC assessment, November 2010, Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC)
  143. ^ a b IPCC AR4 公式サイト環境省によるIPCC AR4関連情報のまとめ
  144. ^ Capitalism vs. the Climate The Nation 2011年11月9日
  145. ^ Xifra, Jordi (2016) Climate Change Deniers and Advocacy: A Situational Theory of Publics Approach American Behavioral Scientist
  146. ^ Exxon Mobil and the G.O.P.: Fossil Fools New York Times 2015年11月5日 Egan, Timothy
  147. ^ Exxon knew of climate change in 1981, email says – but it funded deniers for 27 more years The Guardian 2015年7月8日 Goldenberg, Suzanne
  148. ^ Shell knew': oil giant's 1991 film warned of climate change danger The Guardian 2017年2月28日
  149. ^ a b Position Statement(AAPG)
  150. ^ a b Petroleum Geologists Award to Novelist Crichton Is Inappropriate (AGU)
  151. ^ 安井至「環境問題のウソと正解」、日経エコロミー、2007年7月
  152. ^ 小宮山宏・三菱総研理事長(前東大総長)に聞く」日経エコロミー、2009年4月6日
  153. ^ 近藤洋輝『地球温暖化予測の最前線』成山堂書店、2009年9月、ISBN 978-4-425-51172-3
  154. ^ The Week That Was
  155. ^ RealClimate
  156. ^ a b c d e f 石井孝明「温暖化とケイザイをめぐって」2008年9月11日
  157. ^ 奥智之(ワシントン駐在員事務所長) (2008年5月23日). “ワシントン情報(2008 / No. 18)「米国で活発化する気候変動の議論(その1)~温暖化は人為起源による温暖化ガスが原因か?~」 (PDF)”. 三菱東京UFJ 銀行. 2018年11月29日閲覧。
  158. ^ オバマ次期米大統領、エネルギー閣僚発表 環境投資で雇用創出、日本経済新聞
  159. ^ トランプ政権、温室効果ガス撤回 大統領令発令へ 削減目標を事実上放棄、産経ニュース
  160. ^ a b 安井至「温暖化懐疑本の論理構造」市民のための環境学ガイド、2008年7月20日
  161. ^ European Parliament, 21-05-2008
  162. ^ 地球温暖化を巡る国際交渉-その現状と課題-(国立環境研究所)
  163. ^ 欧州議会、温暖化対策包括案を可決、AFP BB News、2008年12月18日
  164. ^ 環境特集:日本は温暖化対応で中期目標掲げるべき=元環境相、Reuters、2008年6月19日
  165. ^ 温暖化異聞、読売新聞、2009年2月23日
  166. ^ http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-15373071

関連項目[編集]

参考文献[編集]

肯定的[編集]

  • 文部科学省経済産業省気象庁環境省『IPCC地球温暖化第四次レポート―気候変動 2007』中央法規出版、2009年8月、ISBN 978-4805848937 (AR4政策者向け要約、テクニカルサマリーの和訳)
  • 国立環境研究所地球環境研究センター『ココが知りたい地球温暖化(気象ブックス)』成山堂書店、2009年3月、ISBN 978-4425552511 (国立環境研究所によるQ&A集)
  • 明日香壽川『地球温暖化 ほぼすべての質問に答えます!』岩波書店、2009年6月、ISBN 978-4-00-009460-3
  • アル・ゴア枝廣淳子訳『不都合な真実:切迫する地球温暖化、そして私たちにできること』ランダムハウス講談社、2007年1月、ISBN 978-4270001813
  • NHK「気候大異変」取材班編著 江守正多編著『NHKスペシャル 気候大異変―地球シミュレータの警告』日本放送出版協会、 2006年11月、ISBN 978-4140811573
  • 近藤洋輝『地球温暖化予測がわかる本-スーパーコンピュータの挑戦-』成山堂書店、2003年7月、ISBN 978-4425511716
  • 近藤洋輝『地球温暖化予測の最前線』成山堂書店、2009年9月、ISBN 978-4-425-51172-3
  • 江守正多『地球温暖化の予測は「正しい」か?―不確かな未来に科学が挑む』化学同人、2008年11月、ISBN 978-4-7598-1320-3
  • スペンサー・R. ワート著 増田耕一・熊井ひろ美訳『温暖化の“発見”とは何か』みすず書房、2005年3月、ISBN 978-4622071341
  • 寺門和夫著、江守正多監修『図解雑学 地球温暖化のしくみ』ナツメ社、2008年6月、ISBN 978-4-8163-4514-2
  • 山本弘『“環境問題のウソ”のウソ』楽工社、2008年1月、ISBN 978-4-903063-16-4
  • 明日香壽川他  『地球温暖化懐疑論批判』東京大学IR3S/TIGS叢書 No.1

対談[編集]

  • 枝廣淳子、江守正多、武田邦彦『温暖化論のホンネ ~「脅威論」と「懐疑論」を超えて』 技術評論社、2009年12月、 ISBN 978-4774141039

懐疑的[編集]

  • 中川八洋「"大企業つぶし"が、民主党の秘めた真意 「CO2二五%大削減」に潜む、"日本版レーニン革命"」『民主党大不況(カタストロフィ)』第六章、清流出版、2010年7月、ISBN 978-4-86029-329-1
  • 武田邦彦『科学者が読み解く環境問題』シーエムシー出版、2009年10月、ISBN 978-4-7813-0144-0
  • 武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか3』洋泉社、2008年10月、ISBN 978-4862483324
  • 丸山茂徳『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている』宝島社新書、2008年8月、ISBN 978-4-7966-6291-8
  • 広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』集英社新書、2010年7月、ISBN 978-4-08-720552-7
  • H・スベンスマルク/N・コールダー『“不機嫌”な太陽』 恒星社厚生閣 2010年3月 ISBN 978-4-7699-1213-2
  • 赤祖父俊一『正しく知る地球温暖化 : 誤った地球温暖化論に惑わされないために』 誠文堂新光社、2008年7月、ISBN 978-4-416-20818-2
  • 伊藤公紀、渡辺正『地球温暖化論のウソとワナ ~史上最悪の科学スキャンダル~』ベストセラーズ、2008年4月、ISBN 978-4-584-13070-4
  • デニス・T・エイヴァリー、S・フレッド・シンガー著 山形浩生、守岡桜訳『地球温暖化は止まらない』東洋経済新報社、2008年2月、ISBN 978-4492800782
  • 近藤邦明『温暖化は憂うべきことだろうか―CO2地球温暖化脅威説の虚構』不知火書房、2006年7月、ISBN 978-4883450411
  • 櫻井よしこ「地球温暖化の詐欺を暴く」(赤祖父俊一インタビュー) 『文藝春秋』2009年5月号、pp.296-305
  • 武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか2』洋泉社、2007年9月、ISBN 978-4862481825
  • 武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』洋泉社、2007年3月、ISBN 978-4862481221
  • 武田邦彦、池田清彦、渡辺正、薬師院仁志、山形浩生、伊藤公紀、岩瀬正則『暴走する「地球温暖化」論―洗脳・煽動・歪曲の数々』文藝春秋、2007年、ISBN 978-4163698908
  • マイケル・ガフ編著 菅原努訳『アメリカの政治と科学―ゆがめられる「真実」』昭和堂、2007年3月、ISBN 4812207096
  • 矢沢潔『地球温暖化は本当か?-宇宙から眺めたちょっと先の地球予測』技術評論社、2006年12月、ISBN 978-4774130019
  • ビョルン・ロンボルグ著 山形浩生訳 『環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態』文藝春秋、2003年6月、ISBN 978-4163650807 (地球温暖化そのものは否定していないが、対策には懐疑的)

肯定的[編集]

対談[編集]

懐疑的[編集]