地球環境高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地球環境高等学校
地球環境高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人吉沢学園
設立年月日 2002年
共学・別学 男女共学
分校 長野学習室
飯田学習室
諏訪学習室
課程 通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
高校コード 20519C
所在地 385-0051
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

地球環境高等学校(ちきゅうかんきょうこうとうがっこう)は、長野県佐久市に本校がある私立通信制高等学校である。

設置学科[編集]

  • 通信制 普通科
    • 佐久本校
    • 長野学習室・スクーリング会場
    • 飯田学習室・スクーリング会場
    • 諏訪学習室

沿革[編集]

校章[編集]

  • 「ECO」の文字を強調したデザイン。

交通[編集]

出身著名人[編集]

サッカー
野球

その他[編集]

2002年、創部1年目にしてサッカー部が全国高校サッカー選手権大会長野県大会に優勝。サッカー部員は21人だった。全国大会では2回戦進出。当時の監督は松本育夫が務めた。通信制の高校にもかかわらずいわゆる全日制の大会に出場することについては当初はあまり問題視もされなかったが、松本監督の指導力と、松本監督を慕って編入してきた素質ある選手たちの活躍によっていきなり全国大会への切符を手にしたことから、風当たりが強くなっていった。学校が通信制であることから、選手たちは一日中サッカーをすることも出来る環境にあり、又選手のほとんどが他県の学校を中退又は編入してきていたことも問題視され始めていた。サッカー部の生徒については寮生活が基本とされていたが、初年度の活躍により入学者と部員数が急増、寮をはじめとする受け入れ態勢が整わず、生徒のみならず保護者からもクレームがつき始めた。その後松本監督と学校側との契約問題もこじれ、松本監督は2年目途中にして監督を辞任した。

2004年から野球部を創部、塚原青雲高等学校(現・創造学園高等学校)野球部を甲子園出場に導いた羽鳥均が監督に就任した。2011年秋の北信越大会決勝で敦賀気比高等学校に1-0でサヨナラ負けしたものの、2012年第84回選抜高等学校野球大会に同校及び通信制高校としては初となる甲子園出場を決めた。

関連項目[編集]