地理院地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

地理院地図(ちりいんちず)は、国土地理院が提供する、地図空中写真などが閲覧可能なサービスである[1]。2013年から公開が開始された[2][3]

WebGISの1つであり、Webブラウザ上で閲覧可能である[4]

機能[編集]

  • 地形図(標準地図とよばれる)や主題図(土地条件図など)のほか、空中写真の閲覧ができる[1]
  • 色別標高図、陰影起伏図、赤色立体地図なども閲覧可能である[3]
  • 空中写真については最新のものに限らず、過去の空中写真も閲覧が可能である[5]
  • 作図機能を利用し、点や線、領域などの作図を行えるうえ、作図したデータをKMLまたはGeoJSON形式のファイルで保存することもできる[4]
  • 距離や面積の計量機能に加え、3Dで見ることもできるほか、地形断面図の作成や新旧の写真を比較する機能なども備えている。

地理院タイル[編集]

地理院地図で提供される地図や空中写真のデータは、地理院タイルとよばれる[6]。地理院タイルは地理院地図に限らず、それ以外のシステムやアプリケーションでも利用可能である[6]

ArcGISGoogle EarthなどのGISソフトウェアでも、地理院タイルを利用することができる[7]。例えば、ArcGISの場合では、ESRIが提供する「地理院地図対応ツール」を利用することが可能である[7][2]

地理院地図Vector[編集]

地理院地図Vectorでは、ベクターデータとして地図データが配信されている[8]。これにより、利用者が自由に地図をデザインして地図表現ができるようになった[8]。また、GitHubでソースコードも公開されている[8]

2019年7月29日から試験公開が開始され[9]、当時は公開範囲が関東地方の一部に限られていたが、2020年3月19日から日本全国が公開対象地域となった[10]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 青木和人「地理院地図Vector」『ESTRELA』第307号、2019年、 40-43頁。
  • 国土地理院 地理空間情報部 情報普及課「地理院地図を使ってみよう」『情報の科学と技術』第69巻第6号、2019年、 232-237頁。
  • 野間晴雄香川貴志土平博山田周二河角龍典小原丈明『ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖』海青社、2017年、第2版。ISBN 978-4-86099-315-3。
  • 橋本雄一『四訂版 GISと地理空間情報 -ArcGIS 10.3.1とダウンロードデータの活用-』古今書院、2016年。ISBN 978-4-7722-4192-2。
  • 平井史夫「授業で活かせ! ネット地図」『地理』第64巻第9号、古今書院、2019年、 12-21頁。

関連項目[編集]