地生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

地生態学(ちせいたいがく)とは、地形・土壌・水文、気候などの地因子の相互作用などを景観として把握し研究する分野。景観に対する診断的研究のみではなく、予測的研究も行われており環境・自然保護などの分野における社会貢献が期待されている。

歴史[編集]

ドイツの学者カール・トロールが1939年に景観生態学として造語。トロールは景観研究からこの概念を導き出したが、1960年代には景観生態学の研究が地理分野へと広まり、さらに地理学に隣接する分野へと広まった。これによりトロールは「景観生態学」を国際語とするために翻訳しやすい用語として「地生態学」(Geookologie, geoecology)に改めた。

地理学分野では地生態学が使われるようになったが、依然として景観生態学が用いられるという混乱もあった。

また、生態学造園学などの分野は地生態学に改められることはなかった。

日本では1951年に西川治がトロールの『地理的景観』を紹介し、辻村太郎が1953年に『地理学序説』の中でトロールの景観生態学について解説したが、受け入れられなかった。その後、1974年頃に水津一朗と杉浦直の二人によって改めて紹介されたが、大きな影響は表れなかった。

参考文献[編集]

  • 景観の分析と保護のための地生態学入門

関連項目[編集]