地黒島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地黒島
Jiguro-shima and Okiguro-shima Islands Aerial photograph.2008.jpg
地黒島(左上)と沖黒島(右下)の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(2008年撮影。)
面積 0.00086[1] km²
最高標高 74[1] m
所属諸島 豊後諸島
所属国・地域 日本の旗 日本大分県佐伯市
テンプレートを表示

地黒島(じぐろしま[1]、じのくろしま[2])は、大分県佐伯市米水津湾沖にある無人島である。地の黒島地ノ黒島と表記されることもある[2]

地理[編集]

米水津村と旧蒲江町2005年3月に合併し、ともに佐伯市の一部となっている)の境界にあるキシメギ埼の約1km南東の沖合にあり、島自体も合併前は米水津村と蒲江町に二分されていた[3][1]

地黒島のさらに約1km南東の沖合には同じく無人島の沖黒島があり、地黒島と沖黒島は合わせて黒島とも呼ばれる。地黒島とキシメギ埼との間には長太碆(ちょうたばえ)、沖黒島との間には水取碆(みずとりばえ)と呼ばれる岩礁がそれぞれある。

自然[編集]

全域が日豊海岸国定公園の特別保護地区に指定されている[1]。地黒島、沖黒島及び周辺の岩礁は、クロダイ(チヌ)、メジナ(グロ)などの磯釣りのポイントとして知られている。

交通[編集]

本土との間に定期船はなく、島へは瀬渡し船などで渡る。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 矢野彌生 「海部の地理 13 米水津村の位置と自然環境」佐伯史談 No.167 (1994. 10) ,p.19- 36、佐伯史談会
  2. ^ a b 柳田國男「海南小記」(ちくま文庫『柳田國男全集 1』p.324)
  3. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月、p.402

関連項目[編集]


座標: 北緯32度53分17秒 東経132度1分27秒 / 北緯32.88806度 東経132.02417度 / 32.88806; 132.02417