坂井信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坂井 信也(さかい しんや、1948年2月9日 - )は、日本実業家阪神電気鉄道取締役相談役、プロ野球球団・阪神タイガース代表取締役会長オーナー、朝日放送(ABC)社外取締役。兵庫県神戸市出身。

人物[編集]

神戸市生田区(現・中央区)生まれ。兵庫県立神戸高等学校神戸大学経済学部卒業。

1970年に大学の友人である小津正弘(阪急バス社長、小津正次郎の子)に誘われ阪神電鉄入社。以後、経理部長・常務取締役等を歴任。2005年村上ファンドが阪神電鉄株を大量取得した際には、ファンド代表であった村上世彰らとの交渉を担当した。

2006年6月、阪急東宝グループとの経営統合に伴う阪神電鉄の阪急ホールディングス子会社化に際して阪神電鉄社長に就任。10月の阪急阪神東宝グループ発足後、阪急阪神ホールディングス代表取締役に就任。経営統合後に阪神球団オーナーを務めていた宮崎恒彰2008年6月末に退任したことに伴い、同年7月1日付で球団オーナーに就任した。2011年1月27日4月1日付けで、阪神電鉄の社長には、常務で神戸高速鉄道社長(いずれも当時)でもある藤原崇起が就任し、自身は阪急阪神ホールディングス代表取締役を兼任する会長となると発表した。阪神タイガースオーナー職は継続する。[1]

2013年5月31日、日本民営鉄道協会会長に就任。8月29日には首相官邸での消費税増税に関する集中点検会合(ヒアリング)に協会会長として出席。増税賛成を表明する一方、消費税を年1%ずつ引き上げる案について、「小幅な引き上げは鉄道運賃の公正な転嫁が極めて困難」とし、また「ICカード乗車券は全国相互利用が開始され、巨大で複雑なシステムの改修には時間を要する。政府の税率の引き上げ決定はできるだけ早く」「地方ローカル鉄道は利用者の減少を避けるために増税分を転嫁できない場合も有り得る。必要な支援措置の検討を」とも語った。

その他には朝日放送取締役も務めている。

2017年3月31日をもって阪急阪神ホールディングス代表取締役、阪神電鉄の代表取締役会長を退き、翌4月1日より取締役相談役となる。ただ、阪神タイガースのオーナー職は継続する[2]

2018年10月11日、阪神電鉄本社において阪神タイガースオーナー職を、2018年11月末日をもって辞任することを会見で表明[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「タイガースのオーナー職は続けさせていただきます。残念ながら(08年の就任以来)優勝しておりませんので」デイリースポーツ1月28日
  2. ^ 代表取締役・社長の交代について”. 阪神電気鉄道 (2017年2月23日). 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ 阪神の坂井オーナー退任へ=プロ野球”. 時事通信社 (2018年10月11日). 2018年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

  • 角和夫 - 阪急阪神ホールディングス代表取締役社長
先代:
西川恭爾
阪神電気鉄道社長
2006年-2011年
次代:
藤原崇起
先代:
石渡恒夫
日本民営鉄道協会会長
2013年-2015年
次代:
根津嘉澄