坂井孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坂井 孝一(さかい こういち、1958年2月 - )は、日本の歴史学者[1]創価大学文学部[2]人文学科教授。専門は日本中世史。

来歴[編集]

東京都出身。東京都立竹早高等学校卒、1982年東京大学文学部国史学科卒業。1990年同大学大学院博士課程単位取得。1991年創価大学文学部専任講師、94年助教授、2002年教授。

東京芸術大学器楽科(ピアノ)准教授、坂井千春は実妹。

著書[編集]

  • 曽我物語の史実と虚構』吉川弘文館 2000 ISBN 4-642-05507-X
  • 『物語の舞台を歩く―曽我物語』山川出版社 2005 ISBN 4-634-22460-7
  • 源実朝 「東国の王権」を夢見た将軍』講談社選書メチエ、2014 
  • 『曽我物語の史的研究』吉川弘文館、2014 
  • 『源頼朝と鎌倉 (人をあるく) 』吉川弘文館、2016年
  • 承久の乱 - 真の「武者の世」を告げる大乱』中公新書 2018年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 独立行政法人科学技術振興機構データベース
  2. ^ 創価大学研究者情報データベース