坂井定雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂井 定雄(さかい さだお、1936年 - )は、日本政治学者。専門は中東政治論。龍谷大学名誉教授

東京都生まれ。東京都立大学理学部卒業。共同通信記者を経て、1993年龍谷大学法学部教授。日本学術振興会カイロ研究連絡センター長を経て現職。

著書[編集]

  • 『日本の災害』(三一書房、1965年)
  • 『核戦争が起る』(三一書房、1970年)
  • 『燃えるパレスチナ―レバノン内戦とアラブ世界』(サイマル出版会、1977年)
  • 『PLOと中東和平』(教育社、1979年)
  • 『総解説80年代の中東』(日刊工業新聞社、1980年)
  • 『テロの時代』(教育社、1986年) ISBN 978-4315504309

など

訳書
  • ヘシ・カルメルジャック・ドロジフランス語版英語版『超スパイ軍団モサド秘史: イスラエルの生と死…』(自由国民社、1980年)
  • ラシード・アルリファイ『アラブの論理』(講談社、1991年) ISBN 978-4062054010
  • アハメド・ラシッド英語版『よみがえるシルクロード国家―中央アジア最新事情』 ISBN 978-4062079327
  • アハメド・ラシッド『タリバン―イスラム原理主義の戦士たち』(講談社、2000年) ISBN 978-4062102551
  • アハメド・ラシッド『聖戦―台頭する中央アジアの急進的イスラム武装勢力』(講談社、2002年) ISBN 978-4062111607
  • オックスフォードイスラームの歴史 / ジョン・エスポジト編
  • 『アフガン諜報戦争』などなど

参考文献[編集]