坂出祥伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坂出祥伸(さかで よしのぶ、1934年3月3日[1]- )は、中国哲学者、関西大学名誉教授。中国哲学専攻。医学養生思想を専門とする。

来歴[編集]

鳥取県生まれ。大阪外国語大学中国語学科卒。京都大学大学院文学研究科(中国哲学)修士課程修了。1985年「中国近代の思想と科学」で名古屋大学文学博士。関西大学助教授、教授、2004年定年退任、名誉教授、森ノ宮医療大学教授。

著書[編集]

  • 『中国近代の思想と科学』同朋舎出版 1983
  • 『中国の人と思想 11 康有為 ユートピアの開花』集英社 1985
  • 『中国古代の占法 技術と呪術の周辺』研文出版(研文選書)1991
  • 『道教と養生思想』ぺりかん社 1992
  • 『「気」と養生 道教の養生術と呪術』人文書院 1993
  • 『東西シノロジー事情』東方書店 1994
  • 『「気」と道教・方術の世界』角川学芸出版角川選書) 1996、オンデマンド版2008
  • 『中國思想研究 醫藥養生・科學思想篇』関西大学出版部 1999
  • 『道教とはなにか』中央公論新社(中公叢書) 2005/ちくま学芸文庫 2017
  • 『中国古典を読むはじめの一歩 これだけは知っておきたい』集広舎 (あじあ楽学選書) 2008
    • 『初学者のための 中国古典文献入門』ちくま学芸文庫 2018
  • 『道家・道教の思想とその方術の研究』汲古書院 2009
  • 『日本と道教文化』角川選書 2010
  • 『道教と東南アジア華人社会 その信仰と親族的結合』東方書店 2013 
  • 『響きあう身体 「気」の自然観・瞑想法・占術』関西大学出版部 2014
  • 『江戸期の道敎崇拜者たち 谷口一雲・大江文坡・大神貫道・中山城山・平田篤胤』汲古書院 2015

共編著[編集]

  • 『秦漢思想研究文献目録』 関西大学出版広報部 1978
  • 『不忍雑誌・政論・国風報・庸言目録』小林武[要曖昧さ回避]共編 中国文化研究会(中国文化研究叢刊 第1輯) 1979
  • 『中国古代養生思想の総合的研究』平河出版社 1988
  • 『「道教」の大事典 道教の世界を読む』新人物往来社 1994
  • 『「気」の思想から見る道教の房中術 いまに生きる古代中国の性愛長寿法』梅川純代共著 五曜書房 (心と教養シリーズ) 2003
  • 『道教的密教的辟邪呪物の調査・研究』大形徹頼富本宏共編 ビイング・ネット・プレス 2005

翻訳[編集]

  • 『大同書』明徳出版社 1976(中国古典新書)
  • 喜多村利且『導引体要』小林和彦共訓注 谷口書店 1986
  • 任継愈『老子訳注』武田秀夫共訳 東方書店 1994
  • M.カルタンマルク『老子と道教』井川義次共訳 人文書院 2001

記念論集[編集]

  • 『中国思想における身体・自然・信仰 坂出祥伸先生退休記念論集刊行会』東方書店 2004

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』