坂口主税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂口主税

坂口 主税(さかぐち ちから、1899年明治32年)4月20日 - 1981年昭和56年)4月27日)は、日本政治家衆議院議員(2期)。熊本市長(2期)。

経歴[編集]

熊本県玉名郡賢木村(現南関町)出身。1923年(大正12年)東京帝国大学法学部政治学科卒。台湾総督府に入り、高雄台北の各州の知事などを務め、台湾新報社社長に就任する。帰国後、郷里の賢木村長を経て、1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙に立候補して当選、2期務めた。その後熊本市助役に就任。1956年(昭和31年)の熊本市長選挙に立候補して当選、2期務めた。2期目途中の1963年(昭和38年)、熊本県知事選挙に無所属で立候補したが落選した。1981年死去。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、歴代知事編纂会、1983年。
先代:
16代: 1952 - 1956
林田正治
Flag of Kumamoto, Kumamoto.svg 熊本市長
17・18代: 1956 - 1963
坂口主税
次代:
19・20代: 1963 - 1970
石坂繁