坂口憲政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
坂口 憲政
Norimasa Sakakuchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1946年11月23日(69歳)
出身地 鹿児島県指宿市
ラテン文字 Norimasa Sakakuchi
選手情報
所属 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ女子代表
役職 監督
テンプレートを表示

坂口 憲政(さかくち のりまさ、1946年11月23日 - )は日本のバレーボール指導者。現在はバレーボールチャイニーズタイペイ女子代表監督。

来歴[編集]

鹿児島県指宿市出身。県立指宿高校から日本体育大学に進学し、バレーボールの理論面や指導面を学ぶ。

1969年4月、日本女子経済短期大学(現:嘉悦大学)に教員として着任。同短大ではまだバレーボール部がなく同好会しかなかった。同好会のコーチを2年務め、3年目にバレーボール部に昇格させ初代監督に就任した。 関東大学バレーボール連盟に加盟し、1973年春季リーグ9部からスタートした同チームは無敗の快進撃を続け、1977年秋の入替戦で国士舘大学を破り、念願のリーグ1部昇格を果たした。

1985年のユニバーシアード神戸大会では女子チームのコーチとして指導にあたった[1]。その後、1999年パルマ・デ・マヨルカ大会から2003年大邱大会まで3大会連続でユニバ代表コーチや監督を務めた[2][3][4]

この間、国内では1992年の全日本インカレにおいて、短大としては初の全国優勝を成し遂げた。2年で選手がすべて入れ替わる短大での指導を「技術面を追い求めるのではなく人作りにつきる。日常面で監督と選手の2人3脚だった」と坂口は述べている。同校からは、横山雅美(元デンソー所属)や岡野知子(同)らを輩出している。

2004年から1年間、デンソー・エアリービーズでコーチを務めたのち、2006年にチャイニーズタイペイ女子ジュニア代表に就任。2009年にはシニア女子代表監督に就任し、同チームを2012年のオリンピック最終予選進出まで導いた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 1985ユニバーシアード夏季大会報告書 発行・編集:(財)日本体育協会 195-198ページ
  2. ^ 月刊バレーボール 1999年7月号 日本文化出版社刊行 62-69ページ
  3. ^ 月刊バレーボール 2001年9月号 日本文化出版社刊行 66-71ページ
  4. ^ 月刊バレーボール 2003年9月号 日本文化出版社刊行 44-47ページ
  5. ^ 2012年ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選 公式プログラム 36ページ

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボールマガジン 1997年6月号 80 - 81ページ