坂崎愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さかざき あい
坂崎 愛
プロフィール
愛称 あいぼん
あいちゃん
生年月日 1983年6月9日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 A型
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 85 - 59 - 87 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
ジャンル 女優
備考 ヤンキーフォー(2008年6月1日 - 2011年1月15日)
他の活動 タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

坂崎 愛(さかざき あい、1983年6月9日 - )は、日本女優タレント。劇団前方公演墳所属。大阪府出身。愛称は「アイボン」、「アイちゃん」など。

略歴[編集]

劇団劇団前墳バックドロップスの一員として初舞台。トミーズアーティストカンパニーに所属する[1]。同劇団員であった佐々木直美の誘いにより、女性団員でお笑いユニット「ヤンキーフォー」を2008年6月1日に結成。エンタの神様出演など実績を積むが、2011年1月15日に脱退[2]

その後は劇団前方公演墳所属として役者業に専念。

2018年、tvk「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」で連続ドラマ初レギュラー。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

  • スプリットの恋(2014年、原生林)[4]
  • セブンガールズ(2018年9月、SDP) - 真知 役

CM[編集]

舞台[編集]

  • 「ネメシスの降りた町」 (2004年、青山円形劇場) - 丹虎の女中 美鈴 役
  • 「セブンガールズ」 (2004年、東京芸術劇場小ホール2)- 真奈 役
  • 「壬生で見た月~新選組誠剣伝~」 (2005年、新宿スペース107)
  • 「星は見ていた~新選組誠剣伝~」 (2005年、東京芸術劇場小ホール2)
  • 劇団前墳バックドロップス「IZO(2007年、東京芸術劇場
  • 劇団前墳バックドロップス「龍馬よ雲になりすませ」  (2008年、萬スタジオ)- 龍馬の姉 乙女 役
  • 劇団前墳バックドロップス「題名未定。」  (2008年、東京芸術劇場)- 主演 西湖凛子 役
  •  劇団前墳バックドロップス「セブンガールズ」 (2009年、東京芸術劇場)- 道絵 ・ 成瀬瞳 役
  • 劇団前墳バックドロップス「セブンガールズ」追加公演 (2009年、シアターモリエール) - 道絵 ・ 成瀬瞳 役
  • 「神の味噌汁」 (2010年、キンケロ・シアター) - おとせ役
  • DANCE×THEATER エンジェルハート〜羽ばたける者たちへ〜」 (2010年、吉祥寺シアター) - カナ役
  • 「壬生で見た月」 (2011年、長野県文化会館)
  • 「セリフサービス」(2011年)
  • 「スピチアルリ」 (2012年、笹塚ファクトリー)
  • 「平松サネユキが憂鬱」 (2012年、中野ザ・ポケット)
  • 「Replica Velonica 少女たちの逆襲~愛する者たちへ」 (2013年、下北沢 小劇場 楽園) 
  • 「宇宙人、来たる」 (2014年、下北沢 駅前劇場)
  • 「うた歌うなら私は出る!」 (2014年、下北沢 小劇場 楽園)
  • 「誰だ?俺を世界最強なんて言う奴は?」 (2014年、下北沢「劇」小劇場)
  • 劇団前方公演墳「声は聞こえているか」(2016年2月10日 - 14日、下北沢小劇場B1)
  • 劇団前方公演墳「たった二日ですけど、お邪魔します。」(2017年1月30日 - 31日、下北沢小劇場B1)
  • 劇団前方公演墳「レプリカベロニカマークⅡ」(2017年6月14日 - 18日、下北沢小劇場B1)
  • 劇団前方公演墳「カクシゴト」(2018年5月16日 - 20日、下北沢OFF OFFシアター)

ゲーム[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e -- Tommy'sArtistCompany --坂崎愛:プロフィール”. www.tommys.co.jp. 2018年6月19日閲覧。
  2. ^ 芸人名鑑”. kaleidoline.jp. 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ”. 2018年1月20日閲覧。
  4. ^ スプリットの恋 | 映画-Movie Walker” (日本語). 映画-Movie Walker. 2018年6月19日閲覧。