坂本一角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂本一角

坂本 一角(さかもと いっかく、1897年明治30年)10月10日[1] - 1947年昭和22年)4月8日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、大学教授

経歴[編集]

東京府西多摩郡檜原村出身。日本歯科医学専門学校(現在の日本歯科大学)を卒業。東京府立第二商業学校教諭、日本大学講師・学生監、東京高等拓殖学校校長、拓殖大学教授を歴任した。東京市会議員に選出され、同参事会員に選ばれた。

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第21回まで4回当選した。

1946年(昭和21年)、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放の該当者となった[3]。同年4月8日死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、3頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典 明治~昭和』、日外アソシエーツ、2003年。
  3. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。