坂本徳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坂本 徳子(さかもと とくこ、1968年 - )は、日本の翻訳家。東京で坂本忠雄の次女として生まれる。成城大学英文学部卒業。出版社(SWITCH河出書房新社)勤務を経て、翻訳家となる。

主な作品[編集]

  • ハイ・リスク:禁断のアンソロジー(W.バロウズほか著、エイミー・ショールダー、アイラ・シルヴァーバーグ編)(白揚社、1993年7月) - 山形浩生渡辺佐智江、坂本徳子共訳
  • ジュノ&ジュリエット(ジュリアン・ゴフ著)(河出書房新社、2002年5月)
  • 17歳は世界の夢を見る(リサ・モーガン著、キャロライン・パーソンズ写真)(河出書房新社、2002年9月)