坂本礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さかもと れい
坂本 礼
生年月日 1973年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ
活動期間 1994年 -

坂本 礼(さかもと れい、1973年 - )は、日本の映画監督。ピンク七福神の1人である[1]

経歴[編集]

1973年、東京都に生まれる[2]日活芸術学院在学中の1994年よりピンク映画の現場に参加する[3]。その後、国映にて瀬々敬久サトウトシキらに師事する[3]

1999年、『セックス・フレンド 濡れざかり』で監督デビューを果たす[4]。2005年、『悶絶ふたまた 流れ出る愛液』を手がける[5]。2015年、『乃梨子の場合』が公開される[6]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • セックス・フレンド 濡れざかり(1999年) - 別題『セックス・フレンド 発情』『1・3』
  • 18才 下着の中のうずき(2001年) - 別題『連続自殺 メル友』
  • 豊満美女 したくて堪らない!(2003年) - 別題『官能旅情ロマン 港町の人妻 あなたが漁に出てる間に』
  • 悶絶ふたまた 流れ出る愛液(2005年) - 別題『ふ・た・ま・た 悶絶』
  • いくつになってもやりたい不倫(2009年)
  • 乃梨子の場合(2015年)
  • 夢の女 ユメノヒト(2015年)

オリジナルビデオ[編集]

  • ながされて 淫情(2007年) - 別題『淫情 義母と三兄妹』
  • 誰とでもする男、誰とでも寝る女。(2008年)
  • 背徳に溺れて…(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Schilling, Mark (2014年7月23日). “Love beyond the realms of erotic cinema”. The Japan Times. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ 『映画監督って何だ!』バトルロイヤルトーク 編集長 坂本礼”. 日本映画監督協会 (2007年2月5日). 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ a b 監督プロフィール”. 冒険王. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ 特集『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL. 5 人のデビュー作を笑うな』”. INTRO (2008年4月7日). 2015年3月31日閲覧。
  5. ^ 特集『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL. 1』”. INTRO (2006年5月10日). 2015年3月31日閲覧。
  6. ^ 乃梨子の場合”. REALTOKYO (2015年3月25日). 2015年3月31日閲覧。