坂本貴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂本 貴史
Takashi Sakamoto
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 坂本 貴史
さかもと たかし
生年月日 (1989-02-16) 1989年2月16日(30歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 172㎝
体重 72㎏
チーム情報
所属 日本競輪選手会青森支部
期別 94期
分野 競輪 & トラックレース
役割 選手
特徴 先行・捲り
プロ所属チーム
2010-
日本競輪選手会青森支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

日本の旗 日本選手権

1㎞TT 2009
ケイリン 2009
チームスプリント 2009、2012
 
獲得メダル
トラックレース
UCIトラックワールドカップクラシックス
2012 カリ TSP
2012 グラスゴー ケイリン
アジア自転車競技選手権大会
2013 ニューデリー TSP
最終更新日
2013年8月4日

坂本 貴史(さかもと たかし、1989年2月16日 - )は、日本の競輪選手。旧日本競輪学校(以下、競輪学校)第94期生。日本競輪選手会青森支部に所属。

経歴[編集]

坂本勉(競輪学校第57期生)は実父であり師匠。ホームバンクは八戸自転車競技場。幻のモスクワオリンピック日本代表のひとりであった青森51期の坂本典男は伯父。典男の子息すなわち貴史の従兄弟である坂本昌宏も青森91期の競輪選手。弟である坂本周輝も青森100期の競輪選手、末弟の坂本紘規は日本競輪選手養成所第117期候補生[1]。昌宏の弟の坂本周作も青森105期の競輪選手。

青森県立八戸工業高等学校時代、2006年アジア自転車競技選手権大会ジュニア部門・1kmタイムトライアル3位。

2007年、日本競輪学校第94期生として同校入学。

2008年7月12日小田原競輪場でデビューし、1着。

2009年全日本自転車競技選手権大会(以下、全日本選手権。境川自転車競技場)で三冠達成。

2010年上期(1月 - 6月)にS級2班に昇進。父・勉とともにS級在籍者となった。なお、父子S級同時在籍は史上2例目。また同年のオールスター競輪GI初出場を果たしたが、勉も同年同大会に出場しており、史上初の父子同年同一GI出場例となった。

2012年
2013年

脚注[編集]

  1. ^ 第117回生徒 主なる合格者 (PDF)”. keirin.jp (2019年1月17日). 2019年5月19日閲覧。