坂東パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂東パーキングエリア(仮称)
所属路線 C4 首都圏中央連絡自動車道
供用開始日 2020年
所在地 306-0607
茨城県坂東市弓田
テンプレートを表示

坂東パーキングエリア(ばんどうパーキングエリア)は、茨城県坂東市において事業中の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のパーキングエリア (PA) である。名称は仮称である。

概要[編集]

圏央道は休憩施設が不足しており、久喜白岡ジャンクション (JCT) (東北道接続) - つくばJCT常磐道接続)間を含む菖蒲PA - 江戸崎PA間の約76 キロメートル (km) には休憩施設が1か所もない状況である[1][2]。そのため、国土交通省は久喜白岡JCT - つくばJCT間において新たなPAの設置を計画し、2014年平成26年)には菖蒲PA - 江戸崎PAのほぼ中間地点にあたる茨城県坂東市付近にPAを設置することが決定した[1]。その後、坂東市は当PAと一体型の道の駅を設置する道の駅坂東の計画を打ち出すも坂東市議会で整備中止を求める決議が全会一致で可決されている[1]

2017年(平成29年)2月26日境古河インターチェンジ (IC) - つくば中央IC間が暫定2車線で開通。開通後は休憩施設不足により利用者から不満の声が上がった[1]。そのような中、同年12月には財政投融資を活用し、現在暫定2車線となっている久喜白岡JCT - 大栄JCT間の約92 kmが2022年令和4年)度から2024年(令和6年)度にかけて順次4車線化される見込みが示される[1][2]

国土交通省は、4車線化に伴う交通量増大等を踏まえ[3]、道路利用者へのサービス向上の観点から当PAの早期整備が必要とし[3]2018年(平成30年)11月より本格的な検討に着手[3][4][5]。翌2019年(令和元年)5月にかけて計3回にわたり具体化に向けた調整会議を開催し[3][6][7]、同年6月には当PAの整備方針が決定した[8][9][10][11][12]。今後速やかに工事に着手し、4車線化に併せて早期の供用開始を目指すとしている[8][9][13]

施設[編集]

上下線分離構造のPAとなる予定[8][2]。また、内回り側(久喜白岡JCT方面)には坂東市が整備する情報発信機能や防災機能を備えた地域利便施設が隣接して設けられる予定[8]

[編集]

C4 首都圏中央連絡自動車道
(74) 坂東IC - 坂東PA(仮称・事業中) - (75) 常総IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 圏央道 坂東PA本格検討 トイレ空白区解消へ 来週にも調整会議”. 茨城新聞 (2018年11月15日). 2019年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c 圏央道「坂東パーキングエリア」上下線に新設へ 茨城”. NHK (2019年7月29日). 2019年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c d 坂東パーキングエリア(仮称)調整会議の開催結果概要 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 常総国道事務所 (2018年11月19日). 2019年8月25日閲覧。
  4. ^ PA早期整備などに合意/坂東PAの調整会議を開催”. 日本工業経済新聞 (2018年11月21日). 2019年8月25日閲覧。
  5. ^ 休憩施設不足の解消へ 坂東PA調整会議 早期設置や利便施設整備で一致(関東整備局)”. 日本建設新聞 (2018年11月22日). 2019年8月25日閲覧。
  6. ^ 第2回 坂東パーキングエリア(仮称)調整会議 開催結果概要 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 常総国道事務所 (2019年3月25日). 2019年8月25日閲覧。
  7. ^ 第3回 坂東パーキングエリア(仮称)調整会議 開催結果概要 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 常総国道事務所 (2019年5月31日). 2019年8月25日閲覧。
  8. ^ a b c d 圏央道 坂東パーキングエリア(仮称) 整備方針を決定 〜圏央道の休憩施設不⾜の早期解消に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局・東日本高速道路株式会社・茨城県・坂東市 (2019年6月18日). 2019年8月25日閲覧。
  9. ^ a b 4車線化と同時供用 圏央道・坂東PA整備決定”. 茨城新聞 (2019年6月19日). 2019年8月25日閲覧。
  10. ^ 圏央道の「坂東PA」整備方針まとまる 休憩施設不足の解消へ、4車線化とともに整備”. 乗りものニュース (2019年6月18日). 2019年8月25日閲覧。
  11. ^ 国交省やNEXCO東日本ら、圏央道の茨城県区間に「坂東PA(仮称)」整備決定。4車線化に併せて早期供用目指す”. トラベルwatch (2019年6月18日). 2019年8月25日閲覧。
  12. ^ 圏央道・坂東PA上下線整備へ 4車線化あわせ早期に”. 読売新聞 (2019年6月19日). 2019年8月25日閲覧。
  13. ^ PAは上下線分離で 整備方針を公表 4車線化にあわせ供用(坂東PA調整会議)”. 日本建設新聞 (2019年6月19日). 2019年8月25日閲覧。

関連項目[編集]