坂根正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さかね まさひろ
坂根 正弘
生誕 広島県広島市
(1941-01-07) 1941年1月7日(77歳)
広島県広島市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪市立大学工学部卒業
職業小松製作所代表
(現:相談役特別顧問)

坂根 正弘(さかね まさひろ、1941年1月7日 - )は日本の実業家小松製作所相談役特別顧問。広島県広島市生まれ、島根県浜田市育ち。

経歴[編集]

広島市生まれ、1945年原爆投下の2ヵ月前に島根県浜田市に疎開しその後は同市で育つ[1]島根県立浜田高校を経て1963年大阪市立大学工学部卒業。ブルドーザーの設計技術者として小松製作所入社。1989年取締役1990年小松ドレッサーカンパニー(現コマツアメリカ)社長、1994年常務取締役 1997年専務取締役、1999年代表取締役副社長を経て2001年、同社代表取締役社長CEO就任[2]2007年同社代表取締役会長就任、2010年同社取締役会長就任、2013年同社取締役相談役就任。2013年同社相談役特別顧問[3]。2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、報酬額1億2000万円であることが公表された。

コマツ創立以来初の赤字800億円計上という厳しい時期の就任であったが、構造改革の断行により2003年3月期には約330億円の営業黒字というV字回復を達成。欧米はもちろん、中国東南アジアインドアフリカなどの新興国グローバル展開を進め、2007年度は1700億円の経常利益を記録[4]2009年3月期には売上高2兆円、世界第2位の建設機械メーカーに導く。日本経済新聞の企業評価ランキング「PRISM(多角的企業評価システム)」で、2001年231位だったコマツを2007年2008年連続1位とした[5]。2008年デミング賞本賞受賞。2009年には米ハーバードビジネスレビュー誌の「在任中に実績をあげた実行力のある最高経営責任者(CEO)」のトップ100に、日本人トップの17位に選出された[6]

日本経済団体連合会(経団連)評議員会副議長、環境安全委員会委員長、日本ロシア経済委員会副委員長、公益財団法人日印協会理事・副会長[7]。日中経済協会副会長などの要職を務め、経団連サブサハラ(サハラ以南)地域委員会委員長として対人地雷除去活動なども行っている[8]。2010年5月、経団連副会長就任[9]。2013年、産業競争力会議議員。2014年7月、 経済産業省総合資源エネルギー調査会会長[10]

2014年11月、旭日大綬章[11]

またコマツと縁の深い松井秀喜と2003年キャラクター契約を結び、現在も継続してサポートを続ける[12]

週1回はどこかで講演をおこなう[13]

著書[編集]

  • 『限りないダントツ経営への挑戦-強みを磨き弱みを改革』 坂根正弘 日科技連出版社 2006年
  • 『ダントツの強みを磨け ―私の履歴書―』 坂根正弘 日本経済新聞出版社 2015年

脚注[編集]

先代:
安崎暁
小松製作所社長
2001年 - 2007年
次代:
野路國夫
先代:
米倉弘昌
日本科学技術連盟会長
2012年 -
次代:
(現職)