坂田愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂田愛 Table tennis pictogram.svg
基本情報生年月日 (1974-09-14) 1974年9月14日(44歳)選手情報利き腕グリップ シェークハンドフォア面ラバー 裏ソフトバック面ラバー 裏ソフト戦型 ドライブ主戦型■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

坂田 愛(さかた あい、1974年9月14日 - )は、熊本県熊本市出身の卓球選手。姉はいずれも卓球選手の坂田和美(元・日本生命)と坂田倫子(元・熊本スポーツ振興事業団)という卓球3姉妹の3女。熊本中央女子高等学校(現・熊本中央高等学校)卒業後、日本卓球リーグの強豪・日本生命に入社。1998年の全日本卓球選手権・女子シングルスの部で優勝している。

1998年の全日本卓球選手権は決勝で小山ちれを下しての優勝だった。当時の小山ちれは中国から帰化後、1992年から全日本卓球選手権では6連覇中であり、その全盛期に小山ちれを破って日本一の座に着いている[1]

世界卓球選手権にも1997年のマンチェスター大会、1999年のアイントホーフェン大会、2000年のクアラルンプール大会に出場した。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山ちれは、翌1999年2000年と再び連覇を達成。帰化した年から9年連続で全日本卓球選手権の決勝に進出して、そのうち8度優勝することとなる。この間に全日本卓球選手権で小山ちれに勝ったのは坂田だけだった。