坂西利八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂西利八郎

坂西 利八郎(ばんざい りはちろう、1871年2月5日明治3年12月16日) - 1950年(昭和25年)5月30日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将貴族院議員。日本陸軍きっての支那通として知られた。

経歴[編集]

和歌山県出身。坂西良一砲兵大尉の長男として生まれる。陸軍幼年学校を経て、1891年(明治24年)7月、陸軍士官学校(2期)を卒業。翌年3月、砲兵少尉に任官し野砲兵第6連隊付となる。1895年(明治28年)2月から翌年3月まで日清戦争に出征。1896年(明治29年)11月、陸軍砲工学校高等科を卒業。さらに、1900年(明治33年)12月、陸軍大学校(14期)を優等で卒業した。

参謀本部出仕、参謀本部員、清国差遣、満州偵察、袁世凱顧問などを経て、1908年(明治41年)5月に帰国。欧州出張、野砲兵第12連隊付、野砲兵第9連隊長、参謀本部付(北京駐在)などを歴任し、1917年(大正6年)8月、陸軍少将に昇進。

1921年(大正10年)7月、陸軍中将に進級。1923年(大正12年)1月、黎元洪大総統顧問となり、翌年9月、北京政府応聘を経て、1927年(昭和2年)4月に待命となり予備役に編入された。1927年4月から1946年(昭和21年)5月14日[1]まで貴族院議員を勤めた。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

著書[編集]

  • 『隣邦を語る - 坂西将軍講演集』坂西将軍講演集刊行会、1933年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  2. ^ 『官報』第2707号「叙任及辞令」1892年7月7日。
  3. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  4. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1927年6月30日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月11日。
  6. ^ 『官報』第539号「叙任及辞令」1914年5月18日。
  7. ^ 『官報』第7517号「叙任及辞令」1908年7月17日。

参考文献[編集]

  • 山本四郎編『坂西利八郎書翰・報告集』刀水書房、1989年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。