坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
坂道テレビ
〜乃木と欅と日向〜

坂道テレビ
〜乃木と櫻と日向〜
ジャンル 音楽番組
バラエティ番組
特別番組
出演者 乃木坂46
櫻坂46(旧欅坂46)
日向坂46
ナレーター 梶裕貴
製作
制作 NHK
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜
VOL.1
放送期間2019年3月23日
放送時間土曜日 23:00 - 翌0:30
放送分90分
VOL.2
放送期間2019年12月30日
放送時間月曜日 22:30 - 23:59
放送分89分
拡大版
放送期間2020年2月8日
放送時間土曜日 18:00 - 20:00
放送分120分
VOL.3
放送期間2021年2月27日
放送時間土曜日 16:30 - 18:00
放送分90分
テンプレートを表示

坂道テレビ〜乃木と櫻と日向〜』(さかみちテレビ〜のぎとさくらとひなた〜)は、2019年よりNHKで不定期として放送されている坂道シリーズ乃木坂46櫻坂46(旧欅坂46)・日向坂46冠番組および特別番組。VOL.2までのタイトルは『坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜』(さかみちテレビ〜のぎとけやきとひなた〜)。

概要[編集]

坂道シリーズ乃木坂46櫻坂46(旧欅坂46)・日向坂46が共演して、各グループの垣根を超えた企画が行われる音楽バラエティ番組である[1]。2019年3月23日に VOL.1[注 1]が放送され[2]、同年12月30日にVOL.2 が放送された[3]。2021年2月27日にVOL.3が放送された[4]

出演者[編集]

レギュラー

ゲスト

放送日程[編集]

2019年

放送日 スペシャル 披露曲 ゲスト ナレーション
1 3月23日 乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE or 西野七瀬 卒業コンサート
乃木坂×欅坂×日向坂 坂道キャプテントーク
3つのグループのガールズトーク
黒い羊(欅坂46)
キュン(日向坂46)
井上芳雄
中村勘九郎
中村太地
宮川一朗太
吉岡里帆
梶裕貴
2 12月30日 3グループ同時紅白直前
乃木坂46 激動2019年
欅坂46 駆け抜けた2019年
日向坂46 飛躍の2019年
スワンボートに瓦割り
クロストーク(ホームセンター、公園ピクニック、浅草ぶらり散歩)
夜明けまで強がらなくてもいい(乃木坂46)
アンビバレント(欅坂46)
こんなに好きになっちゃっていいの?(日向坂46)
松平健
イルカ
桜井日奈子
佐野恵太
小籔千豊

2020年

放送日 スペシャル 披露曲 ゲスト ナレーション
拡大版[7] 2月8日 第70回NHK紅白歌合戦 舞台裏 乃木坂46・欅坂46・日向坂46
乃木坂46 激動2019年
欅坂46 駆け抜けた2019年
日向坂46 飛躍の2019年
クロストーク(ホームセンター、公園ピクニック、浅草ぶらり散歩)の未公開映像ウラVer.
夜明けまで強がらなくてもいい(乃木坂46)
アンビバレント(欅坂46)
こんなに好きになっちゃっていいの?(日向坂46)
- 梶裕貴

2021年

放送日 スペシャル 披露曲 ゲスト ナレーション
3[8] 2月27日 乃木坂46・櫻坂46・日向坂46×2020年(メンバートーク)
乃木坂46 4期生ライブ(トーク)
第71回NHK紅白歌合戦(乃木坂46・櫻坂46・日向坂46キャプテント-ク)
乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE
乃木坂46・櫻坂46・日向坂46×2021年への思い
僕は僕を好きになる(乃木坂46) - 梶裕貴

放送時間[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送日 放送時間 放送局 備考 [9]
2019年3月23日 土曜日 23:00 - 00:30 NHK総合 VOL.1[注 2]
2019年12月30日 月曜日 22:30 - 23:59 NHK総合VOL.2
2020年2月8日 土曜日 18:00 - 20:00 NHK BSプレミアム 拡大版[10]
2021年2月27日 土曜日 16:30 - 18:00 NHK総合VOL.3[注 3]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:長尾真[要出典]
  • 美術:山口高志[要出典]
  • 技術:高橋明(Vol.1)、関根和成(Vol.2・拡大版)[要出典]
  • 撮影:小渕一樹[要出典]
  • 照明:千葉聡文(Vol.1)、生水徹(Vol.2・拡大版)[要出典]
  • 音声:服部仁史(Vol.1)、盛重敦礼(Vol.2・拡大版)[要出典]
  • 取材:白野勝敏(Vol.2・拡大版)[要出典]
  • 編集:最上昌哉(Vol.2)[要出典]
  • 音響効果:吉田達朗[要出典]
  • 演出:塚田正道、蜂須賀澄人(拡大版)[要出典]
  • ディレクター:松田朋子[要出典]
  • 制作統括:石原真、茂山圭司、河野琢生(Vol.2)[要出典]
  • 制作協力:k-max[要出典]
  • 制作著作:NHK[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 番組の表題にはVOL.1とは表記されないが、2019年12月30日に放送されたVOL.2と区別するため、ここでは暫定的にVOL.1 と表記する
  2. ^ 0:00 - 0:05には中断ニュース挿入[5]
  3. ^ 長野県ではBリーグ中継などを同日15:05 - 18:00に放送するため、3月1日月曜日(日曜日深夜)の0:35 - 2:05に遅れネット。

出典[編集]

  1. ^ 乃木坂46、欅坂46、日向坂46が垣根を越えて交流する「坂道テレビ」NHKで放送」『音楽ナタリー』ナターシャ、2019年3月30日。2019年12月6日閲覧。
  2. ^ “特番『坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜』より、“黒い羊”場面写真が公開。ゲストも発表”. rockin'on.com. (2019年3月20日). https://rockinon.com/news/detail/184861 2020年6月1日閲覧。 
  3. ^ “『坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜Vol.2』放送決定、2019年の密着ドキュメント”. billboard japan. (2019年12月6日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/82837/2 2020年6月1日閲覧。 
  4. ^ “乃木坂×櫻坂×日向坂共演『坂道テレビ』第3弾 2・27放送決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2184576/full/ 2021年2月15日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2019年3月23日). 2021年2月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e 坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜 Vol.2”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2019年12月30日). 2021年2月27日閲覧。
  7. ^ “乃木坂×欅坂×日向坂『坂道テレビ』120分拡大版2・8放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2153737/full/ 2020年1月22日閲覧。 
  8. ^ 坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜坂道3グループ一挙出演”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2021年2月27日). 2021年2月27日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ “乃木坂×欅坂×日向坂『坂道テレビ』120分拡大版2・8放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2153737/full/ 2020年1月22日閲覧。 

関連項目[編集]