坂部大作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

大作(さかべ だいさく、1836年天保7年)10月 - 1908年明治41年)9月)は、日本の武士三河吉田藩藩士)、剣術家。流派鏡新明智流称号大日本武徳会剣道範士

経歴[編集]

三河国吉田(現愛知県豊橋市)に生まれる。13歳から21歳まで、同藩で剣術を修行する。

1856年安政3年)、21歳で江戸へ出て、鏡新明智流桃井春蔵の道場士学館に入門。頭角を現し、上田馬之助、久保田晋蔵、兼松直廉とともに「桃井の四天王」と謳われる。

1859年(安政6年)、24歳で鏡新明智流免許を得て帰藩する。

1862年文久2年)、藩主松平信古大坂城代を拝命したので坂部も随行し、1865年慶応2年)まで大坂表講武所で剣術を指南する。

廃藩置県後、剣術は不要とされ職を失い、日雇いの沖仲仕をして食いつないだ。沖仲仕の頭に罵られることがあったが、堪えたという。

1881年(明治14年)、警視庁撃剣世話掛に就任。

1903年(明治36年)、大日本武徳会から第1回の範士号を授与される。

1906年(明治39年)、大日本武徳会剣術形制定の委員を務める。

1908年(明治41年)、豊橋で死去。享年77。

参考文献[編集]