坂野潤治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
坂野 潤治
(ばんの じゅんじ)
人物情報
生誕 (1937-05-13) 1937年5月13日[1]
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 (2020-10-14) 2020年10月14日(83歳没)
日本の旗 日本東京都大田区
学問
時代 昭和後期 - 平成時代
研究分野 日本近代史
研究機関 お茶の水女子大学東京大学千葉大学[1]
特筆すべき概念 明治デモクラシー
主要な作品明治憲法体制の確立』(1971年)
大正政変』(1982年)
近代日本の外交と政治』(1985年)
近代日本の国家構想』(1996年)
日本憲政史』(2008年)[1]
主な受賞歴 吉野作造賞(1997年)
角川源義賞(2009年)[1]
テンプレートを表示

坂野 潤治(ばんの じゅんじ、1937年昭和12年〉5月13日 - 2020年令和2年〉10月14日[2])は、日本歴史学者。専門は、近代日本政治史。東京大学名誉教授。

経歴[編集]

1937年(昭和12年)、神奈川県横浜市生まれ。1963年(昭和38年)東京大学文学部国史学科卒業。在学中は60年安保闘争を、全学連の幹部闘士として指揮していた。

東京大学文学部助手、千葉大学人文学部助手・助教授、お茶の水女子大学文教育学部助教授を経て、1986年(昭和61年)東京大学社会科学研究所教授、1998年(平成10年)定年退官、その後2004年(平成16年)まで千葉大学法経学部教授。

1997年(平成9年)『近代日本の国家構想』で吉野作造賞を受賞。2009年(平成21年)『日本憲政史』で角川源義賞を受賞。

2020年10月14日進行性胃がんのため、東京都大田区の病院で死去。83歳没[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『明治憲法体制の確立 富国強兵と民力休養』東京大学出版会、1971年。
    • Junji Banno (1995-12-18). The Establishment of the Japanese Constitutional System. trans. by J. A. A. Stockwin (New edition ed.). Routledge. ISBN 0-415-13475-7 
  • 『明治・思想の実像』創文社〈叢書身体の思想 8〉、1977年10月。
  • 『大正政変 1900年体制の崩壊』ミネルヴァ書房〈歴史と日本人 5〉、1982年4月。
    • 『大正政変 1900年体制の崩壊』ミネルヴァ書房〈Minerva21世紀ライブラリー 10〉、1994年4月。ISBN 4-623-02402-4。
    • 『明治国家の終焉 1900年体制の崩壊』筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2010年6月。ISBN 4-480-09296-X。 - 坂野(1994)の加筆改訂版。
  • 『近代日本の外交と政治』研文出版、1985年12月。ISBN 4-87636-061-8。
  • 『近代日本の出発』小学館〈大系日本の歴史 13〉、1989年4月。ISBN 4-09-622013-2。
    • 『近代日本の出発』小学館ライブラリー〈大系日本の歴史 13〉、1993年8月。ISBN 4-09-461013-8。
    • 『近代日本の出発』新人物往来社〈新人物文庫〉、2010年5月。ISBN 4-404-03848-8。
  • 『日本政治史. 明治・大正・戦前昭和』放送大学教育振興会〈放送大学教材 1993〉、1993年3月。ISBN 4-595-53491-4。
    • 『日本政治史. 明治・大正・戦前昭和』放送大学教育振興会〈放送大学教材 1997〉、1997年3月、改訂版。ISBN 4-595-53492-2。
  • 『近代日本の国家構想 1871-1936』岩波書店、1996年10月。ISBN 4-00-002757-3。
    • Junji Banno (2001). Democracy in Pre-War Japan 1871-1937: Collected Essays. trans. by Andrew Frasen. Routledge. ISBN 0-415-22864-6 
    • 『近代日本の国家構想 1871-1936』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2009年8月。ISBN 4-00-600228-9。
  • 『日本政治「失敗」の研究 中途半端好みの国民の行方』光芒社、2001年7月。ISBN 4-89542-184-8。
  • 『十五年戦争論再考 平和三勢力の敗退』北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター編、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター〈Academia juris booklet no.1〉、2002年11月。ISBN 4-902066-00-9。
  • 『昭和史の決定的瞬間』筑摩書房〈ちくま新書〉、2004年2月。ISBN 4-480-06157-6。
  • 『明治デモクラシー』岩波書店〈岩波新書〉、2005年3月。ISBN 4-00-430939-5。
  • 『近代日本政治史』岩波書店〈岩波テキストブックス〉、2006年1月。ISBN 4-00-028040-6。
  • 『未完の明治維新』筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年3月。ISBN 978-4-480-06353-3。
  • 『日本憲政史』東京大学出版会、2008年5月。ISBN 978-4-13-030147-3。
  • 『日本近代史』筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年3月。ISBN 978-4-480-06642-8。
  • 『西郷隆盛と明治維新』講談社〈講談社現代新書〉、2013年4月。ISBN 978-4-06-288202-6。
  • 『〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等』講談社〈講談社選書メチエ〉、2014年11月。ISBN 978-4-06-258589-7。
  • 『帝国と立憲 日中戦争はなぜ防げなかったのか』筑摩書房、2017年7月。
  • 『近代日本の構造 同盟と格差』講談社〈講談社現代新書〉、2018年5月。ISBN 978-4-06-511729-3。
  • 『明治憲法史』筑摩書房〈ちくま新書〉、2020年9月。ISBN 978-4-480-07317-4。

共著・編著[編集]

  • 「日清戦後の政治過程」、歴史学研究会『講座日本史』6、日本史研究会編、東京大学出版会、1970年。
  • 「明治中期アジア進出論の二類型」、『近代日本の対外態度』佐藤誠三郎・R・ディングマン編、東京大学出版会、1974年。
  • 「桂園内閣と大正政変」、『岩波講座日本歴史』17、岩波書店、1976年12月。
  • 「政党政治と中国政策――1919~1926年」、『近代日本と東アジア』近代日本研究会編、山川出版社〈年報・近代日本研究 2〉、1980年12月。
  • 「征韓論争後の「内治派」と「外征派」」、『幕末・維新の日本』近代日本研究会編、山川出版社〈年報・近代日本研究 3〉、1981年10月。
  • 「明治初期(1873~85)の「対外観」――方法的覚書き」、『日本外交の思想』日本国際政治学会編、日本国際政治学会〈国際政治 71号〉、1982年8月。
  • 「「憲政常道」と「協力内閣」」、『政党内閣の成立と崩壊』近代日本研究会編、山川出版社〈年報・近代日本研究 6〉、1984年10月。
  • 「吉野作造」、『言論は日本を動かす』第5巻、内田健三ほか編、講談社、1986年5月。ISBN 4-06-188945-1。
  • 「政治的自由主義の挫折」、『近代 2』朝尾直弘ほか編、岩波書店〈岩波講座日本通史 第17巻〉、1994年5月。ISBN 4-00-010567-1。
  • 「明治日本の「立国」過程(一八七一-八一)」、『発展』坂本義和編、岩波書店〈世界政治の構造変動 3〉、1994年12月。ISBN 4-00-003849-4。
  • The Political Economy of Japanese Society. 2 vols.. Oxford University Press. (1997-1998) 
  • 「「連盟式外交」と「アメリカ式外交」の狭間で」、『構想と形成』東京大学社会科学研究所編、東京大学出版会〈20世紀システム 1〉、1998年1月。ISBN 4-13-034111-1。
  • 田原総一朗共著『大日本帝国の民主主義 嘘ばかり教えられてきた!』小学館、2006年4月。ISBN 4-09-389242-3。
  • 三谷太一郎共著『歴史をつくるもの 日本の近現代史述講』上、日本の近現代史調査会編、藤井裕久仙谷由人監修、中央公論新社、2006年12月。ISBN 4-12-003795-9。 - 下巻は五百旗頭真伊藤正直共著。
  • 田村裕美、北村公子『自由と平等の昭和史 一九三〇年代の日本政治』坂野潤治編、講談社〈講談社選書メチエ 456〉、2009年12月。ISBN 978-4-06-258456-2。
  • 大野健一共著『明治維新 1858-1881』講談社講談社現代新書 2031〉、2010年1月。ISBN 978-4-06-288031-2。
  • 山口二郎共著『歴史を繰り返すな』岩波書店、2014年8月。ISBN 978-4-00-025664-3。

共編著[編集]

  • 『財部彪日記 海軍次官時代』上、坂野潤治ほか編、山川出版社〈近代日本史料選書 12-1〉、1983年10月。
  • 『財部彪日記 海軍次官時代』下、坂野潤治ほか編、山川出版社〈近代日本史料選書 12-2〉、1983年10月。
  • 馬場康雄・坂野潤治著「政治変動としての明治維新」、坂野潤治著「政党政治の崩壊」、『日本近代史における転換期の研究』宮地正人共編、山川出版社、1985年6月。ISBN 4-634-26140-5。
  • 『維新変革と近代日本』坂野潤治ほか編、岩波書店〈シリーズ日本近現代史 構造と変動 1〉、1993年2月。ISBN 4-00-003711-0。
  • 『資本主義と「自由主義」』坂野潤治ほか編、岩波書店〈シリーズ日本近現代史 構造と変動 2〉、1993年4月。ISBN 4-00-003712-9。
  • 『現代社会への転形』坂野潤治ほか編、岩波書店〈シリーズ日本近現代史 構造と変動 3〉、1993年7月。ISBN 4-00-003713-7。
  • 『戦後改革と現代社会の形成』坂野潤治ほか編、岩波書店〈シリーズ日本近現代史 構造と変動 4〉、1994年1月。ISBN 4-00-003714-5。
  • 『文献史料を読む 古代から近代』青木和夫佐藤進一高木昭作共編、朝日新聞社、2000年10月。ISBN 4-02-257545-X。
  • 『憲政の政治学』新藤宗幸小林正弥共編、東京大学出版会、2006年1月。ISBN 4-13-030138-1。

監修[編集]

  • 後藤一雄、田村裕美編著『二つの昭和史 老後に歴史を学ぶ』光芒社、2002年11月。ISBN 4-89542-199-6。

資料編・解説[編集]

  • 「解説」、『福沢諭吉選集』第7巻、富田正文・土橋俊一編集、岩波書店、1981年3月。

翻訳[編集]

  • ジョージ・アキタ『明治立憲政と伊藤博文』荒井孝太郎共訳、東京大学出版会、1971年。
  • テツオ・ナジタ『明治維新の遺産 近代日本の政治抗争と知的緊張』中央公論社〈中公新書〉、1979年9月。講談社学術文庫、2013年8月。
  • ゴードン・M・バーガー『大政翼賛会 国民動員をめぐる相剋』山川出版社、2000年10月。ISBN 4-634-52050-8。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b 坂野潤治氏死去 歴史学者、83歳”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年10月21日). 2020年10月23日閲覧。