坊がつる讃歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坊がつる讃歌
芹洋子シングル
B面
リリース
規格 シングル
ジャンル 愛唱歌
時間
レーベル キングレコード
作詞・作曲 作詞:神尾明正、松本征夫、作曲:竹山仙史(#1)
作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく(#2)
チャート最高順位
テンプレートを表示
みんなのうた
坊がつる讃歌
歌手 芹洋子
作詞者 神尾明正
松本征夫(補)
作曲者 竹山仙史
編曲者 青木望
映像 実写
初放送月 1978年6月-7月
テンプレートを表示

坊がつる讃歌」(ぼうがつるさんか)は、芹洋子のシングル(キングレコード GK-218)。1978年6月21日発売。

概要[編集]

表題曲「坊がつる讃歌」は、NHKみんなのうた」で1978年6月-7月に放送された。原曲「坊がつる賛歌」は、1952年(昭和27年)に大分県竹田市坊ガツルにある山小屋九州大学の学生3人によって広島高等師範学校山岳部第一歌「山男の歌」(「広島高師の山男」とも。作詞は1937年、作曲は1940年)をベースに作られた。

芹洋子は1978年12月31日に放送された第29回NHK紅白歌合戦において、本曲で初出場を果たしている。大分県統計協会が毎年発行する県民手帳では、2004年平成16年)版まで「大分のうた」欄に「大分県行進曲」「久住高原の唄(豊後追分)」と合わせて本曲の歌詞が掲載されていた。

収録曲[編集]

  1. 坊がつる讃歌(広島高師山岳部歌より)(3:49)
    作詞:神尾明正、松本征夫、作曲:竹山仙史、編曲:青木望、歌:芹洋子、演奏:キング・オーケストラ
  2. 愛(4:33)
    作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく、編曲:小野崎孝輔、歌:芹洋子、演奏:キング・オーケストラ

参考文献[編集]

  • 『九重山 法華院物語―山と人』編著者 松本徰夫・梅木秀徳他、弦書房(2010年3月1日発行)、ISBN 978-4-86329-034-1
  • 松本・草野・梅木、合作「坊ヶツル讃歌」九州山小屋の会会報『山小屋』第11号(1952年12月3日発行)、p.32
  • 神尾明正「坊がつる讃歌」早稲田大学校友会誌『早稲田学報』1979年1月号、p.25-6
  • 「広島高師の山男」広島県山岳連盟会報『もみじ』第91号(2010年1月20日発行)、p.26