坤輿万国全図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坤輿万国全図(こんよばんこくぜんず、正字: 坤輿萬國全圖)とは、末に作られた世界地図の一種である。「亜細亜」「赤道」など、漢語(中国語)に翻訳されたヨーロッパ地理用語や地名などが記されている。

概要[編集]

坤輿万国全図

イタリア宣教師マテオ・リッチが作成した漢訳版世界地図であり、地球球体説を基にして六枚一組にして、卵型の図形の中心に中国を描き、他に天文図なども含んだ。当時の中国人の世界観に大きな影響を与えた。1602年北京で刊行され、鎖国時の日本にも輸入されたり、『坤輿万国全図』という名で摸本が作られたり[1]して、世界についての知識の典拠となった。

日本海という呼称の初出と言われている[2][3]

朝鮮について、以下が記述されている。

朝鮮乃箕子封國 漢唐皆中國郡邑 今爲朝貢屬國之首 古有三韓濊貊渤海悉直駕洛扶餘新羅百濟耽羅等國今皆併入

〈朝鮮は箕子の封国であり、代も代も皆中国の郡邑であった。今は朝貢属国の筆頭である。古くは三韓濊貊渤海悉直駕洛扶余新羅百済耽羅等の国があった。今は皆朝鮮に含まれる〉


日本では現在、宮城県図書館及び京都大学図書館に数部が保管されており、宮城県図書館ではそのレプリカが常設展にて公開されている。古河歴史博物館長崎で模写された版を所蔵する[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 【大航海時代の絵画十選】(7)「坤輿万国全図」(旧大陸図)東京国立博物館主任研究員・鷲頭桂『日本経済新聞』朝刊2018年11月22日(文化面)2018年11月23日閲覧。
  2. ^ 外務省 (2015年5月15日). “日本海~国際社会が慣れ親しんだ唯一の名称~ (PDF)”. 外務省. p. 3. 2017年6月21日閲覧。
  3. ^ 海上保安庁 海洋情報部 (2016年8月22日). “日本海呼称について|海上保安庁 海洋情報部”. 海上保安庁. 2017年6月21日閲覧。

関連項目[編集]