坪井透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坪井 透
つぼい とおる
生年月日 (1950-02-07) 1950年2月7日(69歳)
出生地 茨城県新治郡千代田村下稲吉
出身校 茨城県立石岡第一高等学校
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2006年7月23日 - 2010年7月22日
2014年7月23日 - 現職

選挙区 新治郡選挙区
当選回数 1回
在任期間 2003年1月8日 - 2006年

千代田町議会議員
当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2002年
テンプレートを表示

坪井 透(つぼい とおる、1950年2月7日 - )は、日本政治家茨城県かすみがうら市長(通算3期)。元茨城県議会議員(1期)、元千代田町議会議員(2期)。

来歴[編集]

茨城県新治郡千代田村下稲吉(現在のかすみがうら市下稲吉)に生まれる。1962年、千代田村立下稲吉小学校卒業。1965年、千代田村立下稲吉中学校卒業。1968年3月、茨城県立石岡第一高等学校園芸科卒業[1]。高校卒業後は農業に従事。しかし流通の問題で十分な所得が得られないことから、農産品の加工・直販・出荷センター「マルツボ」を20歳代半ばで立ち上げた[2]

  • 1995年(平成7年)、千代田町議会議員選挙に初当選。1999年(平成11年)、再選。
  • 2002年(平成14年)12月8日に行われた茨城県議会議員選挙に無所属で出馬し初当選(就任日は翌2003年1月8日)[3]
  • 2006年(平成18年)7月16日告示、7月23日執行のかすみがうら市長選挙に自民党公明党の推薦を受けて出馬し、無投票により初当選した[4]
  • 2010年(平成22年)7月11日に行われた市長選で宮嶋光昭に276票の差で落選(宮嶋:12,051票、坪井:11,775票)[5]
  • 2014年(平成26年)7月13日に行われた市長選で、現職の宮嶋光昭との一騎討ちを制し、2度目の当選(坪井:11,273票、宮嶋:10,076票)。
  • 2018年(平成30年)7月8日に行われた市長選で、前回戦った宮嶋光昭の婿養子である宮嶋謙との一騎打ちを制し3度目の当選(坪井:10,840票、宮嶋:8,550票)[6]

2018年市長選での公約[編集]

妻の納税問題[編集]

坪井が経営する農事組合法人マルツボは、第一期目の市長に就任するにあたり、市長職と自己の会社経営の兼務は禁止されていたこともあり、妻である坪井あや子が経営職に就いている。しかし、交代後にマルツボは「脱税」が公表されて、水戸地検に検挙される。2012年7月4日、水戸地方裁判所土浦支部において、マルツボに罰金600万円、被告のあや子に懲役10カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。裁判長は判決理由で「被告人個人の納税意識の欠如だけでなく、親族経営にかかわる法人の経営のあり方や、その体質全般に根ざした病理とも評されて然るべき犯行」と指摘した。判決などによると、同法人は2007年7月から2010年6月の間、売り上げの一部を除外して申告し、計約2,400万円を脱税した[7]。あや子は水戸地裁土浦支部で「悪質極まりない行為」との判決を受け、東京高裁に上告することなく判決を受け入れた。なお、透が2期目の選挙に出馬し当選した2014年7月当時は、あや子はまだ執行猶予期間中での当選であった。

市政に関して[編集]

議員報酬増額[編集]

第一期市長時代(2006年7月 - 2010年7月)、市議会議員選挙(2007年1月)後、間もなく市議会議員の報酬を11万円の大幅増額を提案するが、一般市民からの激しい怒りを受け、日本テレビテレビ朝日の番組からも話題になり、余儀なく大幅増額を撤回する[8]。テレビ朝日の番組スーパーモーニングでは(MC:鳥越俊太郎赤江珠緒)、テレビ朝日社員の玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)から 「今の時代、多くの民間企業では経営者がリストラやコスト削減などをしたり、従業員に至っては『 いつ仕事がなくなってしまうのか?』などの心配や苦しい思いで生活をしている時代なのに、かすみがうら市では市議会議員選挙中に誰も議員報酬増額の話を市民に出さずに、選挙後になってから議員報酬の大幅増額を勧めるというやり方は、市民を愚弄しているに見えますし、市民に対して一体どういった認識や感覚なのですか?」との質問に対し、議員報酬大幅増額に賛成の立場である坪井はなかなか言葉が発声できず、「えーーー、近隣の市町村議員の報酬額とーーー、合わせるようにしているつもりですがーーー・・・・・」という、メディアへの対応に歯切れの悪い答え方しかできなかった[9]

庁舎前の看板[編集]

  • 市役所庁舎前(千代田地区・霞ヶ浦地区の2つの庁舎とも)には、坪井の宣言である「交通安全宣言の街 かすみがうら市」と書かれた看板が立っている。
  • 数メートル離れた位置には前市長の宮嶋光昭の宣言である「非核・脱原発・平和宣言都市 かすみがうら市」と書かれた、色・大きさとも違う看板も立っている。
  • 第二期市長時代(2014年7月 - )の議会において、議員から「坪井市長の宣言は『交通安全宣言都市』であるが、近くには前市長の宣言の看板も立っている。坪井市長の思想とは違う内容の看板なのだから撤去しないのですか?」との質問に対し、坪井は「あちらの看板もせっかく立てて、取り外すのはもったいないので、そのまま付けておきましょう」と答弁した。

市長在職中の市職員飲酒事件[編集]

  • 2017年(平成29年)1月23日、かすみがうら市消防本部は消防本部予防課の35歳の男性消防士長が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発されたと明らかにした。処分する方針。[10] [11]  
  • 2017年(平成29年)10月28日、かすみがうら市職員、酒気帯び運転で摘発。かすみがうら市は 27日、社会福祉課の47歳の男性課長補佐が道交法違反(酒気帯び運転)で石岡警察署に摘発されたと発表した。[12] [13]

「政治倫理条例」制定要望への対応[編集]

任期中、複数回の議会にわたり、議員から「政治倫理条例の制定」の要望を受けるが、その都度、嫌がって避けている。2017年(平成29年)6月8日の定例議会にて、かすみがうら市議が坪井に答弁を求める。

市議 「土浦市石岡市つくば市では既に制定されている市長等政治倫理条例の忌避理由は何か?(市長が制定を嫌がって避ける理由は何か?)」「政治倫理条例制定の二元代表制における市長等特別職の責務について、市長等特別職政治倫理条例の提案環境整備とは何か?」と坪井透市長に答弁を求る。
坪井 「条例を提案するには、各分野において共通の高い倫理観が必要を思われます。今後も、各分野の状況把握に努めて参ります、ご理解の程お願いいたします。」との答弁にとどまる。[14][15] 

脚注[編集]

[ヘルプ]