坪田義史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つぼた よしふみ
坪田 義史
生年月日 (1975-07-26) 1975年7月26日(43歳)
職業 映画監督/脚本家
ジャンル 映画、TV、CM

坪田 義史(つぼた よしふみ、1975年7月26日 - )は、日本映画監督脚本家。映画のみならず、TV番組・Vシネマ・音楽PV・CMの企画構成・演出も担当している。

来歴[編集]

1975年神奈川県出身。

多摩美術大学映像演劇学部在学中に制作した『でかいメガネ』がイメージフォーラム・フェスティバル2000で大賞を受賞。2009年には、『美代子阿佐ヶ谷気分』(英題:MIYOKO)で、劇場デビュー。第39回ロッテルダム国際映画祭コンペティション部門「VPROタイガー・アワード」選出。イタリア・第46回ペサロ映画祭 審査員特別賞受賞。韓国・Cinema Digital Seoul映画祭、Blue Chameleon Award(批評家連盟賞)、Movie Collage Award(観客賞)をダブル受賞。ポルトガル・2011 FANTASPORTO映画祭 特別賞、最優秀脚色賞をダブル受賞。主演女優の町田マリーが、第31回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞、第19回 日本映画プロフェッショナル大賞新人 奨励賞受賞。また、韓国・ソウルの映画館CGVにて「美代子阿佐ヶ谷気分」(英題「MIYOKO」)劇場公開する。2012年 文化庁在外芸術家派遣によりNYで一年間活動。2016年2月、リリー・フランキー主演映画『シェル・コレクター』(監督・脚本) テアトル新宿、桜坂劇場他、全国42カ所で公開。現在はセルフドキュメンタリーを制作中。

フィルモグラフィー[編集]

  • 「でかいメガネ」(2000年)
  • 「美代子阿佐ヶ谷気分」(2009年)
  • 「シェル・コレクター」(2016年)

海外映画祭出品[編集]

  • 『美代子阿佐ヶ谷気分』(英題:MIYOKO)
    ロッテルダム国際映画祭タイガーアワードコンペション
    ニューヨーク・ブルックリンBAM映画祭(2010年3月)
    ドイツ・フランクフルト映画祭ニッポンコネクション(2010年4月)
    台湾・台北金馬賞ファンタスティック映画祭(2010年4月)
    イタリア・第46回ペサロ映画祭 コンペ部門招待出品ヤング審査員特別賞受賞(2010年6月)
    Cinema Digital Soul (韓国)コンペ部門(2010年8月)
    Two Riversides 映画祭(ポーランド)(2010年8月)
    ウラジオストック国際映画祭(ロシア)コンペ部門(2010年9月)
    ミドルイースト国際映画祭(アブダビ)(2010年10月)
    シッチェス国際映画祭(スペイン)(2010年12月)
    KINOTAYO FILM FESTIVAL(フランス)(2011年1月)
    Trans-Cool Tokyo展(シンガポール)2011年1月)
    2011 FANTASPORTO映画祭(ポルトガル)コンペ部門(2011年2月)
  • 『シェル・コレクター』(英題:The Shell Collector)
    第45回ロッテルダム国際映画祭Bright Future部門
    ミュンヘン国際映画祭INTERNATIONAL INDEPENDENTS部門 
    ニューヨーク・JAPAN CUTS 2016
    第20回プチョン国際ファンタスティック映画祭ワールド・ファンタスティック・シネマ部門

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. イメージフォーラム・シネマテーク 作家研究連続講座vol.4 坪田義史「電波系映画術」2009年7月5日
  2. 映画『美代子阿佐ヶ谷気分』公開記念・坪田義史監督作品『でかいメガネ』
  3. マイナビbooks 映画『シェル・コレクター』 坪田義史監督インタビュー(2016年2月22日)
  4. CreativeVillage 映画『シェル・コレクター』監督・脚本 坪田 義史さんインタビュー(2016年2月22日)