垂井康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
垂井康夫
生誕 1929年
小石川
国籍 日本の旗 日本
研究分野 電子工学
研究機関 工業技術院電気試験所超LSI技術研究組合東京農工大学
出身校 早稲田大学第一理工学部電気工学科
主な業績 集積回路の開発
主な受賞歴 C&C賞(1991年)
紫綬褒章(1995年)
プロジェクト:人物伝

垂井 康夫(たるい やすお、1929年 - )は、日本電子工学研究者

経歴[編集]

1929年に東京市小石川で生まれ、1951年に早稲田大学第一理工学部電気工学科を卒業して工業技術院電気試験所に入所した[1]。1958年にバイポーラトランジスタ電界効果トランジスタを一体化した一種の集積回路の特許を申請し[2][3][4]、1961年1月21日に傳田精一のグループと共に日本で最初の集積回路を完成した[5]。1965年に電気試験所半導体部品研究室長になり、1968年には電子線描画装置を発案して1969年にはショットキーTTL、1970年にはDSAMOSトランジスタを発案した[1]。1976年に超LSI技術研究組合の共同研究所所長に就任した。1981年には東京農工大学電子工学科の教授に就任した[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ICの話』日本放送出版協会《NHKブックス》、1954年
  • 『半導体デバイス』電気学会、1978年

共著[編集]

  • 『半導体デバイスの基礎』(アンドルー・グローヴとの共著)オーム社、1986年

編著[編集]

  • 『世界をリードするイノベーター―電子・情報分野の日本人10人』オーム社、2005年
  • 『独創する日本の起業頭脳』(武田郁夫との共編)集英社集英社新書》、2006年
  • 『超波及度で世界を変えたイノベーター―電子・情報分野の開拓者8人』オーム社、2007年
  • 『世界をリードする半導体共同研究プロジェクト―日本半導体産業復活のために』工業調査会、2008年
  • 『生活者の豊かさを創出したイノベーター』武田計測先端知財団、2010年
  • 『世界を先駆ける日本のイノベーター』(赤城三男との共編)オーム社、2013年

監修[編集]

  • 『トランジスタ活用ブック―だれにもわかる』(池原典利との共監修)、オーム社、1969年
  • 『日本半導体50年史―時代を創った537人の証言』半導体産業新聞、2000年

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]