垣越建伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
垣越 建伸
中日ドラゴンズ #61
K.KAKIGOSHI.jpg
2019年9月15日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県高山市
生年月日 (2000-04-03) 2000年4月3日(20歳)
身長
体重
184 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
年俸 550万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

垣越 建伸(かきごし けんしん、2000年4月3日 - )は、岐阜県高山市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高山市立北小学校1年から野球を始め、高山市立中山中学校では飛騨高山ボーイズに所属[2]

山梨学院高校進学後、2年の夏に控え投手として第99回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の前橋育英高校戦では1イニングを0に抑えた。新チームからエースとなり、3年夏の山梨県大会は山梨高校戦で9者連続三振を奪うなど[3]、力を発揮。背筋を痛めリリーフに回るが[4]、チームを第100回全国高等学校野球選手権大会出場に導いた。だが背筋を痛めた影響もあり、初戦の高知商業高校戦は6回途中10失点と打ち込まれ、チームも敗れた[5]

2018年のドラフト会議では中日ドラゴンズから5巡目指名を受けた。2018年11月10日に契約金3000万円、年俸550万円で仮契約を結んだ。背番号は61

選手としての特徴[編集]

最速146km/hのストレートを投げる。ドラフト会議指名時には「体格も良く、パワーでおせる左腕、変化球のコンビネーションも使え、試合を支配できる優れた投手」と評された。[6]

人物[編集]

同じくドラフト会議で中日ドラゴンズに指名された根尾昂とは、中学時代に飛騨高山ボーイズで、チームメイトの間柄であった。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 61 (2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]