城下麗奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城下麗奈 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 城下麗奈
国籍 日本の旗 日本
種目 100メートルハードル
所属 なし(非正規雇用
生年月日 (1986-04-02) 1986年4月2日(31歳)
生誕地 神奈川県
身長 168cm
体重 50kg
自己ベスト 100mハードル : 13秒25(2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

城下 麗奈(じょうした れな、1986年4月2日 - )は、日本の元陸上競技選手。専門は100メートルハードル。所属事務所はベンヌ

人物[編集]

横浜清風高等学校卒業後、青山学院大学に進学。大学卒業とともに引退して装飾関係に就職する予定だったが、好記録が出たため1年留年した後、就職せず非正規雇用の状態で競技を続けていた。

現役時代には日本人アスリートとしては珍しくへそピアスをして試合に出場していた。また、「足が長く見える」という理由でハイレグブルマーを着用した。

2010年日本陸上競技選手権大会で2位となり、同年のアジア大会の代表に選ばれるが、その決勝で転倒し大怪我をしてしまう。結局、その時の怪我が思うように回復せず、2013年引退を表明。合わせて結婚も発表。その後第1子を出産。

2013年9月18日にタレントに転向し、芸能活動を開始することを発表した[1]

同じ陸上選手の弟(城下孝広)と妹(城下阿李奈)がいる。弟の専門は走高跳。妹は元々は短距離だったが、後に姉と同じ100mハードルに転向し、2011年神奈川県選手権で準優勝、姉妹1・2フィニッシュを果たしている。

自己ベスト[編集]

  • 100mハードル - 13秒25 (2010年6月5日)

脚注[編集]