城北公園通駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
城北公園通駅
Shirokitakoendori Station west 20190317.jpg
駅舎(2019年3月16日撮影)
しろきたこうえんどおり
Shirokitakōendōri
JR-F04 JR淡路 (2.1 km)
(2.2 km) JR野江 JR-F06
所在地 大阪市旭区赤川一丁目1-3
駅番号 JR-F05
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
大阪外環状鉄道
所属路線 F おおさか東線
キロ程 5.4 km(新大阪起点)
電報略号 ミヤ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2019年平成31年)3月16日[1]
備考 業務委託駅
阪 大阪市内[2]
テンプレートを表示

城北公園通駅(しろきたこうえんどおりえき)は、大阪府大阪市旭区赤川一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)おおさか東線である[3]。駅番号はJR-F05。旭区内では初のJR駅となった。単線であった城東貨物線の行き違いのために設けられた都島信号場跡に位置する。

駅名をめぐる経緯[編集]

建設中の仮称は「都島駅」であったが、大阪市営地下鉄(現:Osaka Metro)谷町線都島駅とは1.6 kmも離れており、地元住民から「都島駅に決定したら乗客の混乱をきたす可能性がある」との指摘の声が上がっていた[4]。2016年(平成28年)12月6日、旭区役所や同区内の地域団体会長らで構成される「旭区おおさか東線新駅名称期成会」の決起集会が旭区の区民センターで開催され、新駅名を「城北公園通」とする決議案を採択した[5][6]。期成会は1か月かけ区民から約1万7800人分の署名を集め、2017年(平成29年)1月31日、JR西日本大阪支社に要望書と共に提出した[4]。一方、駅西側の都島区は同区毛馬町与謝蕪村の生誕地であることから「蕪村」が付いた駅名を希望していた[4]

2018年(平成30年)7月24日、駅名を旭区側が要望していた「城北公園通」に決定した。決定理由は、旭区と都島区を貫く通りの名称であり、大阪市編入以前の自治体名・城北村の名残として地域名に使われており場所が分かりやすいことから[3]

一方、都島区側にも配慮する形で、都島区側の出口(西口)には「蕪村口」、駅スタンプや柱に「蕪村生誕の地」が刻まれることになり、駅構内に蕪村像も設置されることとなった[7]

歴史[編集]

  • 1943年昭和18年)10月1日 - 都島信号場が開設される。
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 都島信号場廃止。
  • 2018年平成30年)7月24日 - 駅名が「城北公園通駅」に決定。仮称は「都島駅」であったが、地下鉄谷町線の都島駅と離れていることや、都島区ではなく旭区に設置されることから「城北公園通駅」となった[3]
  • 2019年(平成31年)3月16日 - おおさか東線全線開通に伴い開業[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅で、8両編成対応。上屋は6両分。各ホームにエレベーターが1基ずつ、エスカレーターは各ホーム2基ずつ(上下)設置されている。

放出駅が管理するJR西日本交通サービスによる業務委託駅であり、一部時間帯は無人となる。そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し各種機器を遠隔制御している。

駅のデザインコンセプトは「淀川の渡し舟」としている[8]

みどりの窓口は設置されず、みどりの券売機が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 行先
1 F おおさか東線 新大阪方面
2 放出久宝寺方面

ギャラリー[編集]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄の停留所は赤川一丁目大東町一丁目赤川三丁目で、大阪シティバスにより運行される以下の路線が発着する。 当駅開業に合わせ赤川一丁目・大東町一丁目には(城北公園通駅前)の副停留所名が付けられた。 赤川三丁目は城北公園通沿いにある。

赤川一丁目(城北公園通駅前)
大東町一丁目(城北公園通駅前)
赤川三丁目

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
F おおさか東線
直通快速
通過
普通
JR淡路駅 (JR-F04) - 城北公園通駅 (JR-F05) - JR野江駅 (JR-F06)

都島信号場時代[編集]

日本国有鉄道(廃止当時)
片町線貨物支線(城東貨物線)
巽信号場 - 都島信号場 - 吹田駅
  • 廃止当時の終点は吹田駅であった。
  • 都島信号場 - 吹田駅間においては、千里信号場は開設時点で廃止済、神崎川信号場は未開業。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “2019年3月16日にダイヤ改正を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道近畿統括本部, (2018年12月14日), p. 2, オリジナルの2020年12月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201222125335/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/181212_00_keihanshin_1.pdf 2021年1月18日閲覧。 
  2. ^ “おおさか東線開業に伴う運賃に関わる認可申請などについて” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年12月27日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/12/page_13598.html 2019年1月12日閲覧。 
  3. ^ a b c “おおさか東線全線開業に向けて 新大阪-放出駅間 新駅の駅名の決定について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年7月24日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12748.html 2018年7月24日閲覧。 
  4. ^ a b c “JRおおさか東線の新駅名を「城北公園通」に 大阪市旭区がJR西に要望書提出 都島区側は違う名前を要望も”. 産経WEST. (2017年2月1日). https://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010010-n1.html 2019年1月18日閲覧。 
  5. ^ “おおさか東線 仮称・都島駅を城北公園通駅に…旭区民らが要望”. Response. (2016年12月18日). https://response.jp/article/2016/12/18/287194.html 2019年1月18日閲覧。 
  6. ^ “JRおおさか東線 新駅の名称 「城北公園通」を要望”. 大阪日日新聞. (2016年12月13日). オリジナルの2016年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161214185119/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/161213/20161213032.html 2016年12月13日閲覧。 
  7. ^ 幻の「蕪村生誕駅」混乱後、無難に? 訳あり大阪の駅名:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年3月14日閲覧。
  8. ^ おおさか東線、新4駅の名称決定「南吹田」「JR淡路」などの由来は? - ITmedia ビジネスオンライン”. ITmedia (2018年7月24日). 2018年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。

関連項目[編集]