城咲あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
しろさき あい
城咲 あい
生年月日 (1983-01-24) 1983年1月24日(38歳)
出生地 東京都国分寺市
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2000年 -
活動内容 2000年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2009年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動再開
配偶者 既婚
主な作品
宝塚歌劇
オクラホマ!
ME AND MY GIRL
グレート・ギャツビー
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

城咲 あい(しろさき あい、1983年[1]1月24日[2] - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役スター[3][4][5]

東京都国分寺市[2]日本女子大学附属中学校出身[2]。身長163cm[2]。愛称は「あいっこ」[2]

来歴[編集]

1998年、宝塚音楽学校入学[1]

2000年、宝塚歌劇団に86期生として入団[1][4][6]。入団時の成績は11番[7]花組公演「源氏物語 あさきゆめみしザ・ビューティーズ!」で初舞台[5][4]。組まわりを経て月組に配属[4][5][6]

抜群のスタイルと華やかでエネルギッシュなダンスで注目を集め、2002年の「ガイズ&ドールズ」で新人公演初ヒロイン[4][5]。その後も4度に渡って新人公演ヒロインを務める[5]

2003年、「なみだ橋 えがお橋」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[5]。その後も4度に渡ってヒロインを務める[5]

2006年の「オクラホマ!」(日生劇場公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、ヒロイン[1][6]

2008年の「グレート・ギャツビー」(日生劇場公演)では、トップスター・瀬奈じゅんの相手役に抜擢を受け、2度目となる日生劇場公演ヒロイン[4][6]

2009年12月27日、瀬奈じゅん退団公演となる「ラスト プレイ/Heat on Beat!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[6]

退団後は舞台を中心に活動し、2015年にバレエダンサーの伊坂文月と結婚したことを発表[1][3]

2017年に長女を出産する[3]

現在はダンスのインストラクターとして、宝塚歌劇団を目指す受験生の指導にあたっている[3][6]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2002年10月、第43回『宝塚舞踊会』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年10月、第44回『宝塚舞踊会』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年12月、霧矢大夢ディナーショー『Sweet&Chic』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2009年8月、瀬奈じゅんディナーショー『0-ZERO-』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 元宝塚の城咲あい、バレエの伊坂文月と結婚 デイリースポーツ。
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2009年度版』 阪急コミュニケーションズ、2009年、54頁。ISBN 978-4-484-09505-9。
  3. ^ a b c d 夢が突然消えた…元タカラジェンヌが葛藤を経て辿り着いた境地 FRIDAYデジタル。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 城咲あい タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 宝塚歌劇団プロジェクト ゴーゴーご組。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 講師紹介 Dance&Fitness Studio HatsuNe。
  7. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、112頁。ISBN 9784484146010。

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。