城父の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
城父の戦い
戦争楚攻略
年月日紀元前225年
場所城父
結果軍の大敗
交戦勢力
指導者・指揮官
李信蒙恬 項燕
秦の統一戦争

城父の戦い(じょうほのたたかい)は、紀元前225年軍が軍を大敗させた戦い。

概要[編集]

紀元前225年、秦はを滅ぼし、次の標的を楚とした。秦王政楚の攻略に必要な兵数を尋ねると李信は20万人、王翦は60万人と答えた。秦王政は李信の策を採用し、李信・蒙恬に10万人ずつの兵を託し楚の討伐に向かわせた。

李信は平輿から、蒙恬は寝丘から攻め入り、寝丘の北の城父で合流する予定だった。両軍は勝利を重ねていて、特に李信は快進撃していた[1]。しかし、楚の項燕の奇襲により大敗し、2つの土城と7人の部隊長を失った[2]

脚注[編集]

  1. ^ 島崎晋 (2019年3月). 《春秋戦国の英傑たち》80p. 双葉社. ISBN 9784575457889 
  2. ^ 史記』楚世家