城辺町 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
じょうへんちょう
城辺町
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
城辺町御荘町西海町一本松町内海村愛南町
現在の自治体 愛南町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
南宇和郡
団体コード 38503-4
面積 75.37km²
総人口 9,728
(2000年10月1日)
隣接自治体 南宇和郡御荘町西海町
一本松町内海村(現愛南町
北宇和郡津島町(現宇和島市
高知県宿毛市
(2001年1月現在)
町の木
町の花 ユリ
町の鳥 メジロ
城辺町役場
所在地 798-4196
愛媛県愛媛県南宇和郡城辺町甲2420番地
座標 東経132度35分
北緯32度57分
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

城辺町(じょうへんちょう)は、2004年9月まで愛媛県南宇和郡に存在したである。現在は、平成の合併を経て愛南町となっている。愛南町のほぼ中央部に相当する。

地理[編集]

愛媛県の最南端である南宇和郡の中央に位置する。北に四国山地から分岐して東から西に走る篠山山脈を持って、北宇和郡津島町に接し、南は東西に長くひらけて太平洋に面している。西は市街地を御荘町に接し、郡内の主要公共施設は当町と御荘町とに集中している。東は、ゆるやかな山地で一本松町に接し、海岸線でわずかに高知県宿毛市に接しているが、宿毛市への交通は専ら一本松町を貫通する国道56号によっている。

町名の由来

  • 戦国時代、諏訪山に常盤城(亀城)が築かれ、これが「城辺」という地名の由来の一つとされる。

歴史[編集]

古代 - 中世

  • 戦国時代、諏訪山に常盤城(亀城)が築かれていた。

藩政期

  • 藩政期には宇和島藩の領地で御荘組に属し、22か浦を治める代官所が緑村におかれていた

明治以降

  • 1889年(明治22年)12月15日 - 町村制施行により南宇和郡城辺村が成立する。
  • 1896年(明治29年)- 深浦港への南予運輸社の宇和島-宿毛-小筑紫航路の寄航始まる。
  • 1906年(明治39年)- 深浦港への大阪商船の寄航始まる。南予運輸との競合始まる。太平洋戦争による船舶不足により、航路は順次廃止。
  • 1923年(大正12年)2月11日 - 城辺村が町制施行し、城辺町となる。
  • 1952年(昭和27年)9月1日 - 緑僧都村と合併し、新たに城辺町となる。
  • 1956年(昭和31年)9月21日 - 東外海町と合併し、新たに城辺町となる。
  • 1957年(昭和32年) - 深浦港の定期航路がすべて廃止される。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 南宇和郡全体5か町村(御荘町、城辺町、西海町一本松町内海村)が合併し、愛南町が成立、自治体としての歴史を閉じた。
城辺町の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)         (昭和の合併) (平成の合併)
            町村制施行時
緑  ━━━━┓            昭和27年9月1日合併
       ┣━━━緑僧都村━━━━━━━━┓
僧都 ━━━━┛         あ     ┃ 昭和31年9月21日合併
城辺  ━━━━━━━城辺村━━━城辺町━━━┻━━━┳━━━━━━┓
東外海浦━━━━━━━東外海村━━━━━東外海町━━━┛      ┃
                     い            ┃
                     内海村━━━━━━━━━━┫平成16年10月1日
                     御荘町━━━━━━━━━━┫ 新設合併
                     一本松町━━━━━━━━━╋━愛南町
                     西海町 ━━━━━━━━━┛

あ 大正12年2月11日、町制施行「城辺町」となる。
い 昭和27年4月1日、町制施行「東外海町」となる。
(注記)内海村他の合併以前の系譜はそれぞれの町村の記事を参照のこと。

地域[編集]

城辺村には大字はなかった。緑僧都村との合併時、3大字を継承。1956年の東外海村との合併と同時に、大字を廃止。15字となる。

僧都(そうず)、緑(みどり)、城辺(じょうへん)、蓮乗寺(れんじょうじ)、脇本(わきもと)、中玉(なかたま)、大浜(おおはま)、柿ノ浦(かきのうら)、敦盛(あつもり)、岩水(いわみず)、垣内(かきうち)、深浦(ふかうら)、鯆越(いるかごえ)、古月(ふるつき)、久良(ひさよし)

なお、平成の大合併により愛南町となってからの地名表記は、城辺町を愛南町に置き換えることで対応している。ただし、「甲」「乙」のみ、「城辺甲」、「城辺乙」とする。

例 城辺町僧都 → 愛南町僧都 、 城辺町甲 → 愛南町城辺甲

教育[編集]

町内に高等学校はない。 ただし、愛媛県立南宇和高等学校の敷地の一部が町内に存在する。

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道はない。

道路[編集]

関連項目[編集]