埴原牧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

埴原牧(はいばらまき)は、長野県松本市中山・内田周辺に存在した勅旨牧[1]。信濃十六牧の一つ。

概要[編集]

延喜式』には、信濃十六牧と言われる次の16の牧が記述されている。大室牧・高井牧(高井郡)、笠原牧・平井手牧・宮処牧(伊那郡)、新張(新治)牧(小県郡)、塩原牧・岡屋牧・山鹿牧(諏訪郡)、望月牧・長倉牧・塩野牧(佐久郡)、埴原牧・大野牧(筑摩郡)、猪鹿牧(安曇郡)、萩倉牧[2]。毎月4月に都に献上する貢馬は信濃国全体で80疋と指定されていた。

信濃十六牧以外には甲斐に3牧、上野に9牧、武蔵に4牧があり、信濃と甲斐は左馬寮が、武蔵と上野は右馬寮が所管した[3]。『類聚三代格』所収の太政官符には、延暦16年(797年)に、御牧の長官である監牧(のちには牧監)に筑摩郡埴原の牧田6町を公廨田として賜ったとある。また、埴原からは牧監庁の礎石らしきものが発掘されており、牧監庁は埴原牧に置かれていたものと考えられる[4]

吾妻鏡』の文治2年(1186年)3月12日の条にある「関東御知行国々内乃貢未済庄々注文」には、左馬寮の信濃御牧28がある。この中に埴原牧はないが、筑摩郡の御牧としてある南内・北内の2牧が、埴原牧の発展したものと考えられる[5]

信濃の勅旨牧はいずれも左馬寮の荘園化するが、康永3年(1344年)、信濃の知行国主である久我長通は「国衙の機能の形骸化に乗じて、左馬寮の寮家である洞院家が信濃の国衙牧を横領している」と主張した[6]

文献[編集]

  • 塚田正朋『長野県の歴史』山川出版社、1974年5月、桐原健執筆部分
  • 『長野県史 通史編第3巻 中世2』1987年
  • あずさ書店編集部『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』あずさ書店、2010年9月、ISBN 9784900354678

脚注[編集]

  1. ^ 『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』41ページ
  2. ^ 『長野県の歴史』57ページ
  3. ^ 『長野県の歴史』56ページ
  4. ^ 『長野県の歴史』57ページ
  5. ^ 『長野県の歴史』60ページ
  6. ^ 『長野県史 通史編第3巻 中世2』 404ページ

関連項目[編集]