基本再生産数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
代表的な感染症のR 0[1]
感染症 感染経路 R0
麻疹 飛沫核感染 12–18
ジフテリア 唾液 6–7
天然痘 飛沫感染 5–7
ポリオ 経口感染 5–7
風疹 飛沫感染 5–7
流行性耳下腺炎 飛沫感染 4–7
HIV/AIDS 性的接触 2–5
百日咳 飛沫感染 5.5[2]
SARS 飛沫感染 2–5[3]
インフルエンザ
(スペインかぜ)
飛沫感染 2–3[4]
エボラ
(2014 Ebola outbreak)
血液感染 1.5-2.5[5]

基本再生産数英語:Basic reproduction number、表記R 0:アール ノート)とは、疫病の感染力、人口の増加減少などに使われる数字である[6][7]。この数字は、進化侵入解析、生活史理論などにも使用される。

見方としては、R 0<1なら減少、R 0>1なら増加する。

人口学[編集]

人口学においてR 0は、1人の女性が生まれてから各歳まで生き延びる確率(生残率)と、年齢ごとの年齢別女児出生率の積を総和した数字である。約2.08倍すると男女込みの平均出生児数または、少子化の資料に頻出する合計特殊出生率(TFR)となる[7][8]

疫学[編集]

疫学上、感染症流行を予測・抑制することは公衆衛生上で重要な課題であり、その問題に対して、個体群生態学で使用された数理モデルの安定性分析などが感染症疫学でも流用できたことから、この研究分野が発展する事となった[9]

R 0は以下の式であらわされる。βは感染率,γは回復率や隔離率である。

R 0 = β/γ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Unless noted R0 values are from: History and Epidemiology of Global Smallpox Eradication Archived 2007年7月15日, at the Wayback Machine. From the training course titled "Smallpox: Disease, Prevention, and Intervention". The CDC and the World Health Organization. Slide 16-17.
  2. ^ “Incidence and reproduction numbers of pertussis: estimates from serological and social contact data in five European countries.”. PLoS Med. 7 (6): e1000291. (2010). doi:10.1371/journal.pmed.1000291. PMID 20585374. http://www.plosmedicine.org/article/fetchObject.action?uri=info:doi/10.1371/journal.pmed.1000291&representation=PDF. 
  3. ^ “Different epidemic curves for severe acute respiratory syndrome reveal similar impacts of control measures”. Am. J. Epidemiol. 160 (6): 509–16. (2004). doi:10.1093/aje/kwh255. PMID 15353409. オリジナルの2007年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071006080939/http://171.66.121.65/cgi/content/full/160/6/509. 
  4. ^ Mills CE, Robins JM, Lipsitch M (2004). “Transmissibility of 1918 pandemic influenza”. Nature 432 (7019): 904–6. doi:10.1038/nature03063. PMID 15602562. http://www.hsph.harvard.edu/disasters/articles/LoreeLipsitch.pdf. 
  5. ^ Althaus, Christian L. (2014). “Estimating the Reproduction Number of Ebola Virus (EBOV) During the 2014 Outbreak in West Africa”. PLoS Currents 6. doi:10.1371/currents.outbreaks.91afb5e0f279e7f29e7056095255b288. PMC 4169395. PMID 25642364. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4169395. 
  6. ^ de Boer; Rob J. Theoretical Biology. http://theory.bio.uu.nl/rdb/books/tb.pdf 2007年11月13日閲覧。. 
  7. ^ a b 基本再生産数東京大学数学科 稲葉 寿)
  8. ^ 基本再生産数理論の最近の進歩(東京大学数学科 稲葉 寿)
  9. ^ 感染症流行の予測:感染症数理モデルにおける定量的課題統計数理(2006)第 54 巻 第 2 号 461–480 2006 統計数理研究所 西浦 博・稲葉 寿