埼玉弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

埼玉弁(さいたまべん)は埼玉県で話されている日本語の方言の総称である。多摩弁などとともに武州弁(ぶしゅうべん)とも呼ばれる。西関東方言に分類されるが、県東部には東関東方言的な要素がある。秩父地方の方言については秩父弁も参照のこと。

概要[編集]

埼玉県諸地域の方言に共通する(かつ首都圏方言などとは異なる)特徴は少ない。埼玉県は関東地方の中央部に位置する内陸県であり、周辺地域と相互に影響しあってきたため、埼玉県内の方言は関東地方各地の方言の縮図になっている。すなわち、県東部では栃木弁茨城弁に近く、県中央部・南部では江戸言葉に近く、県北部では群馬弁に近い。県西部の秩父地方の方言(秩父弁)は甲州弁とも共通点を持ち、県内他地域と比べて古い言葉が残されている[1]入間地域多摩弁との関連が強い。

元々埼玉県は東京都と同じ武蔵国であり、古くから江戸の影響が強く、さらに現在では東京のベッドタウン化が進み、埼玉都民と呼ばれる住民が増えている。そのため、現在の埼玉県の方言は県南部を中心に共通語と非常に近く、住民の方言意識も希薄である[1][2]。東京都との隣接地域では言語事情も東京と連続的であり、東京の若者言葉は埼玉県の若年層に強い影響を与え、逆に「なにげに」「うちんち」「ぺけ」「よこはいり」などは埼玉県の若年層で先に広まって東京の若者言葉に影響を与えたとされる[2]

アクセント[編集]

県中部・西部のアクセントは、東京とほとんど同じ中輪東京式アクセントである。

一方、県東部には、「埼玉特殊アクセント」と呼ばれるアクセントがある。埼玉特殊アクセントの範囲は、北足立郡大部分・北埼玉郡中部以東・南埼玉郡全域・北葛飾郡全域で(いずれも今は市になっている地域を含む範囲。加須市幸手市春日部市越谷市など)、東京都東端部・千葉県北西端・群馬県東南端にも及ぶ[3]。主に葛飾郡域で話されているので葛飾方言とも。埼玉特殊アクセントの中でも、地域による違いが大きく、例えば蓮田市ではアメガ(雨が)、イシガ(石が)、アガ(秋が)、加須市ではアメガ(雨が)、シガ(石が)、アキガ(秋が)のようなアクセントである(太字が高く発音する部分)。ただ近年は共通語化が進んでいる。

文法[編集]

~だべえ、~だんべえ、~べ
~だろう/~でしょう。関東地方独特のメジャーな言い回し。これは現在もほぼ全域で使われている。ただし、概ね圏央道沿線より内側は語尾が長音にならない。
~やんべえよぉ
~やろうよ。相手に軽く同意を求めるときに使う。近年南東部ではあまり聞かれなくなった。
~やんべやあ
~やろうぜ。「やんべえよぉ」より荒っぽいニュアンス。
~だいねぇ
~ですね
~だがねぇ/~だがん
~じゃないか。北部地域の表現で、群馬弁と共通。
~だで
~じゃないか。南部地域の表現で、千葉弁と共通。
~だに
~だもの
~(だ)ぞ
~(だ)ど
~けぇ
~か
~してくんない
~してくれ。南部地域の表現。
~してくんろ/~してくんせ/~してくなんせえ。
~してくれ。北部地域・東部地域の表現。
~しねぇ?
~しない?
~げ
~っぽい、~みたい。「雨が降るげだ(=雨が降りそうだ)」など。若者言葉「なにげに」の成立に関係がありそうな表現[1]
~っせ
~しなさい
~ってんで
~だから
~ん?
~の? 「~なん?」「行くん?」など。
きない
カ行変格活用「来る」の否定形を「こない」ではなく「きない」または「きねえ」と言う。昭和41年の方言調査では埼玉県のほぼ全域で使われ、現在も70代以上では「きない」を使う人が多い[2]
~なさんし、~なせえ
~なさい、~ください。「おいでなさんし、おいでなせえ(=おいでください)」「ごめんなさんし、ごめんなせえ(=ごめんください)」「おはいりなさんし、おはいりなせえ(=おはいりください)」のように様々な挨拶で使われていたが、戦後になって死語になった[2]

語彙[編集]

あ行[編集]

ああみ
【?】だめ、いけない
あいく
【動詞】歩く
あくと
【名詞】かかと。本庄市熊谷市の表現。
あさか
【形容詞】大変、どうしようもない
あさっぱら
【名詞】早朝、朝早く
あしこぎ
【名詞】片足跳び
あしっぺた
【名詞】足の裏
あしわすら
【動詞】足を動かす
あすく
【名詞】あそこ
あすなさ
【名詞】明朝
あばする
【動詞】別れる
あるく
【動詞】まるめる
あれっちんべぇ
【形容詞】少しだけ
いいあんべえ
【形容詞】ちょうどいい
いあんばいです
【挨拶】こんにちは
いごく
【動詞】動く
いこむ
【動詞】潜る
いし
【二人称】おまえ
いしら
【二人称】おまえたち
いちける
【動詞】(高い場所に)物を置く
いっかる
【動詞】(乗り物などに)乗る
いびる
【動詞】炒める
いぶぃ
【形容詞】煙たい
いぼる
【動詞】叱る、怒鳴りつける
いましがた
【名詞】さっき
いまちっと
【形容詞】もう少し
いもち
【名詞】分家
うすら
【形容詞】だいたい
うっかく
【動詞】(真っ二つに)割る
うっちゃる
【動詞】捨てる
うっくす
【動詞】壊す
うっぱしる
【動詞】(大急ぎで)走る
うでっこき
【形容詞】おもいっきり
うでる
【動詞】茹でる
うったまげる
【動詞】(すごく)驚く
うなう
【動詞】耕す
うぬ
【二人称】おまえ、君 「いし」より多少粗暴な呼び方。
うら
【名詞】後ろ、背中
うんまける
【動詞】(水などを)ぶちまける
うわっぱり
【名詞】上着
えかな
【文】まさか
えびぃ
【形容詞】煙たい
えんちょ
【動詞】座る
おおがまげえろ
【名詞】がまがえる
おかって
【名詞】台所
おかゆくう
【動詞】降参する、降伏する
おくり
【名詞】奥
おさまえる
【動詞】押さえる
おぞい
【形容詞】頭が良い
おっかく
【動詞】折り曲げる、折る
おっこむ
【動詞】(洗濯物を)取り込む
おったまげる
【動詞】すごく驚く
おっぴる
【動詞】激しく振る
おっぽる
【動詞】捨てる、投げる
おっぴろげる
【動詞】開く
おっぺす
【動詞】押す、圧し潰す
おなべ
【名詞】夜ふかし

か行[編集]

かくねっこ
【名詞】かくれんぼ
かじょうき/がしょうき(北部)
【形容詞】らんぼう、荒っぽい
かたぎる
【動詞】(畑を)開墾する
かっぱぐ
【動詞】はがす、削る
かむ
【動詞】匂いをかぐ
かっくらす
【動詞】殴る
かんます
【動詞】掻き回す
ぎこ
【形容詞】気が強い
きびしょ
【名詞】きゅうす
きらいる
【動詞】行く
ぎら
【形容動詞】あからさま
ぐたま
【形容詞】いい加減
くっかく
【動詞】かじる
ぐら
【形容詞】卑怯
くらっせ
【動詞】下さい(命令形をやわらげる場合のみ)
げたっぱ
【名詞】下駄
けちまずく
【動詞】転ぶ、転倒する
けちばずく
【動詞】転ぶ、転倒する
けっぱる
【動詞】蹴り飛ばす
こうたる
【動詞】叱る、罵倒する
こうもり
【名詞】傘
こくせい
【形容詞】生意気
こしょく/こじょく
【名詞】少食
こすい
【形容詞】ずるい
こすられる
【形容動詞】攻撃される
こせる
【動詞】作る
こそっぱい
【形容詞】気難しい
こわい
【形容詞】硬い、噛み切れない

さ行[編集]

ざい
【名詞】過疎地
さくい
【形容詞】(性格が)明るい、ひょうきん
さっぽる
【動詞】放置する
しゃっけえ
【形容詞】冷たい
しゃっつく
【動詞】ぶつける
しゃっぺい
【形容詞】くたびれている
すいる
【動詞】仲間に入れる
すすどい
【形容詞】するどい、さえている
ぜえご
【名詞】実家、生家
せい
【名詞】以前
せど
【名詞】裏
せね
【名詞】銭、金
そんで
【接続詞】そして

た行[編集]

たかる
【形容動詞】(虫が)とまる
ため
【名詞】糞、大小便
ちくらっぺこく
【動詞】嘘をつく、騙す。東部地区の表現。
ちっと
【形容詞】少し
ちっとんべえ
【形容詞】少し、ちょこっと
ちょっつく
【動詞】調子に乗る
つぐむ
【動詞】しゃがむ
つけぎ
【名詞】お礼の品
つぐるひ
【名詞】翌日
つっこくる
【動詞】突き刺す
つのっぺ
【名詞】先端
つむぐ
【動詞】座る
つんもす
【動詞】燃やす
てい
【名詞】集団
でえじん
【名詞】大富豪
てごっぱたぎ
【名詞】末っ子
てびしょ
【名詞】小皿
でれすけ
【名詞】なまけもの、ばかもの
でんげる
【動詞】転ぶ、転倒する
でんぼ
【名詞】嘘
てろんてろん
【形容詞】ぐちゃぐちゃ
どっくむ
【動詞】飲み込む
どどめ
【名詞】桑の実
とばぐち
【名詞】玄関、入り口

な行[編集]

なす
【動詞】返す、戻す
なから
【副詞】とても、すごく
なびる
【動詞】付け加える。こすりつける
【名詞】匂い
のめっちょ
【名詞】先端

は行[編集]

はまなし
【名詞】(自転車の)補助輪無し
ほっぽる
【動詞】捨てる、投げる
ほっぽりだす
【動詞】捨てる、投げる
びしょったれ
【形容詞】みっともない、見苦しい

ま行[編集]

まっつぐ
【形容詞】まっすぐ

埼玉弁の例[編集]

  • 埼玉県の方言の模擬会話例[1]
「次郎まだきねえなあ(=次郎はまだ来ないなあ)」
「次郎ちゃんなら、かわっぱたあるってたよ(=次郎ちゃんなら、川岸を歩いていたよ)」
「もうくれえし、けっつまずいて川におっこったら、てえへんだよ(=もう暗いし、けつまずいて川に落ちたら、大変だよ)」
「ちっとんべえ呼びに行ってくらあ(=ちょっと呼びに行ってくるよ)」
「それがよかんべえ(=それが良いだろう)」

埼玉弁に関連した人物・作品など[編集]

  • 47都道府犬 - 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。埼玉県は、埴輪がモチーフの埼玉犬として登場。「埴輪を発掘して仲間にするんだー、たくさんたくさんお友達つくるぅ~。」などと話す。声優は埼玉県出身の竹達彩奈が担当。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 鑓水 (2003)
  2. ^ a b c d 井上ほか (2009)
  3. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 5 関東地方の方言』国書刊行会、1984年、176頁。

参考文献[編集]

  • 鑓水兼貴「〈小辞典〉ふるさとのことば 埼玉県」(『言語』2003年1月号)、大修館書店、2003年
  • 佐藤亮一編『都道府県別 全国方言辞典 CD付き』、三省堂、2009年
    • 井上史雄・鑓水兼貴・篠田勝夫「埼玉県」