埼玉県立大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
埼玉県立大学短期大学部
大学設置/創立 1975年
廃止 2008年
学校種別 公立
設置者 埼玉県
本部所在地 埼玉県越谷市三野宮820
学部 第一看護学科
第二看護学科[1]
衛生技術科
歯科衛生学科
保育学科
研究科 地域看護学専攻[2]
助産学専攻
テンプレートを表示

埼玉県立大学短期大学部(さいたまけんりつだいがくたんきだいがくぶ、英語: Saitama Pefectural Uiversity Junior College)は、埼玉県越谷市三野宮820に本部を置いていた日本公立大学である。1975年に設置され、2008年に廃止された。大学の略称は県短。学生募集は2005年度まで[3]2006年度より埼玉県立大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2008年7月31日廃止[4]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 1975年に埼玉県立衛生短期大学として設置された。当初は3つの学科を設けていたが、学科の増設により5学科さらに専攻科2専攻体制となる。1999年度より学名変更ならびにキャンパス移転された。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 埼玉県立大学短期大学の学是は「人間の尊厳と生命尊重」となっている。

教育および研究[編集]

  • 主に医療専門職の育成に力をいれていた。ほか、保育者の養成も執り行っていた。

学風および特色[編集]

  • 1987年度より聴講生・研究生制度を取り入れていた。
  • 1993年6月より社会人入学試験制度を取り入れていた。

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 埼玉県越谷市三野宮820番地

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 第一看護学科
  • 第二看護学科[1]
  • 衛生技術学科
  • 歯科衛生学科
  • 保育学科

専攻科[編集]

  • 地域看護学専攻[2]
  • 助産学専攻

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

受験資格

附属機関[編集]

  • 附属図書館:埼玉県立衛生短期大学の時に建設された。

大学関係者と組織[編集]

卒業生[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

  • 加藤敏忠
  • 橋本正己
  • 村松稔
  • 小野寺伸夫:「公衆衛生学」の科目を担当していた。
  • 方波見重兵衛
  • 北川定謙:埼玉県立大学との兼任
  • 佐藤進

短期大学部長

  • 島崎征介

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 短期大学棟があった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 埼玉県立大学への編入学制度があった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 学生募集は2004年度まで。2006年3月31日廃止。
  2. ^ a b 2001年度入学生をもって募集終了。
  3. ^ 第二看護学科は、2004年度まで
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』246頁より。
  5. ^ 現在は、埼玉県衛生研究所となっている。
  6. ^ a b c 昭和51年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)34頁より。
  7. ^ a b 昭和57年度版『総覧』37頁より。
  8. ^ a b c d e f g 2001年度入学案内小冊子より。
  9. ^ 『埼玉県立衛生短期大学』1992年度用入学案内冊子が国立国会図書館に所蔵されている。