埼玉県立大宮工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
埼玉県立大宮工業高等学校
Saitama Prefectural Omiya Technical High School.JPG
過去の名称 大宮町立工業学校
埼玉県大宮工業学校
埼玉県大宮工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
設立年月日 1925年5月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制定時制
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
電子機械科
電気科
建築科
学期 3学期制
高校コード 11143A
所在地 331-0802

北緯35度56分53.6秒 東経139度37分40.2秒 / 北緯35.948222度 東経139.627833度 / 35.948222; 139.627833座標: 北緯35度56分53.6秒 東経139度37分40.2秒 / 北緯35.948222度 東経139.627833度 / 35.948222; 139.627833
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

埼玉県立大宮工業高等学校(さいたまけんりつおおみやこうぎょうこうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市北区本郷町に所在する、男女共学の工業高等学校である。略称は「みやこう」で、埼玉県立大宮高等学校(「おおこう」)との区別が図られている。

概要[編集]

全日制は2年生から4科とも「専門コース」と「カレッジコース」に分かれる。専門コースでは専門的知識・技術を深め、カレッジコースでは理工系の大学進学に対応する。

近年の全日制の卒業生の進路は、就職が最も多く約6割、大学は約2割、専門学校は約1割となっている。

定時制は2000年から単位制を導入し、工業技術科での募集だが、興味・関心に応じて機械・建築の科目が選択で学習できるように、1・2年では全員共通科目を学び、3年・4年で「機械コース」と「建築コース」の2つに分かれる。

設置学科[編集]

  • 全日制
    • 機械科
    • 電子機械科
    • 電気科
    • 建築科
  • 定時制(単位制)
    • 工業技術科
      • 機械コース
      • 建築コース

沿革[編集]

出典(特記以外)…[1]

  • 1925年大正14年)
    • 5月1日:大宮町立工業学校として夜間授業を開始。
    • 7月29日:乙種工業学校として設立認可。
  • 1928年昭和3年)3月29日:同窓会組織として大宮工業会発足。
  • 1935年(昭和10年)
    • 2月13日:甲種工業学校に昇格し、昼間の第1本科と夜間の第2本科を設置。
    • 8月12日大宮町大字大宮2857番地の新校舎へ移転。
  • 1937年(昭和12年)7月:校歌を制定。
  • 1938年(昭和13年)8月31日:埼玉県大宮工業学校に改称。
  • 1948年(昭和23年)4月1日:埼玉県大宮工業高等学校と改称。
  • 1949年(昭和24年)4月1日:第1本科を全日制に、第2本科を定時制に改める。電気科を設置。
  • 1950年(昭和25年)7月20日:大宮市大字櫛引の新校舎へ移転。
  • 1952年(昭和27年)4月1日:建築科を設置。
  • 1963年(昭和38年)1月1日:埼玉県に移管され、埼玉県立大宮工業高等学校に改称。
  • 1968年(昭和43年):第40回選抜高等学校野球大会に初出場、初優勝[2]
  • 1980年(昭和55年) - 1982年(昭和57年):大宮市本郷町の新校舎(現在地)に移転。跡地は埼玉県立大宮中央高等学校(通信制・単位制通信制・単位制定時制)、さいたま市立大宮西部図書館などに転用。
  • 1982年(昭和57年)4月1日:全日制を男女共学とする。
  • 1990年平成2年)4月1日:全日制に電子機械科を設置。
  • 2000年(平成12年)
    • 4月:定時制に単位制を導入し、工業技術科を設置。
    • 11月:創立75周年記念式典を挙行。
  • 2015年(平成27年)11月:創立90周年記念式典を挙行。

学校行事[編集]

全日制には競歩大会があり、埼玉スタジアム2002で開催される。男女とも13 kmを徒歩やジョギング、またはランニングで制限時間3時間以内でゴールしなければならない。また、球技大会は1学期と3学期にあり、1学期はサッカー・バレーボール・卓球 、3学期はサッカー・バスケットボール・卓球となっている。

クラブ[編集]

ラジオ部は2017モデルロケット国際大会 (IRC) で世界2位、2018モデルロケット国際大会 (IRC) で世界3位となり、第8回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)を受賞した[3]

運動部[編集]

野球部、柔道部、剣道部、自転車競技部、ソフトボール部男女、硬式テニス部、ソフトテニス部、サッカー部、陸上競技部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、卓球部、山学[注釈 1] </ref>。

野球部[編集]

野球部は春・夏1回ずつ甲子園出場経験があり、1968年の第40回選抜高等学校野球大会で初出場・初優勝を飾り、埼玉県初の春の選抜大会優勝校となった。

文化部[編集]

建築研究部、写真部、美術部、内燃部、文芸部、ラジオ部、電気研究部、釣り

愛好会[編集]

鉄道愛好会、アニメーション愛好会、模型愛好会、茶道愛好会、軽音楽愛好会、インターアクトクラブ

著名な卒業生[編集]

プロ野球選手[編集]

その他[編集]

その他[編集]

  • 2019年1月、柔道オーストラリアジュニアチームが来校し、本校生徒と一緒に練習を行った。この様子はテレビ埼玉の「埼玉で開催!Tokyo2020」で放送された[4]

交通[編集]

次の3つの駅が最寄り駅として案内されている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「山を学び山で学ぶ」をモットーとして活動しているので、「山岳」ではなくあえて「山学」と表記する。

出典[編集]

  1. ^ 沿革 - 埼玉県立大宮工業高等学校”. omiya-th.spec.ed.jp. 2021年8月11日閲覧。
  2. ^ Company, The Asahi Shimbun. “甲子園の戦績 | バーチャル高校野球 | スポーツブル” (日本語). バーチャル高校野球. 2021年8月11日閲覧。
  3. ^ “第8回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)受賞者一覧” (PDF) (プレスリリース), 経済産業省, (2019年12月27日), p. 3, https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191227001/20191227001-1.pdf 2020年1月11日閲覧。 
  4. ^ 埼玉県教育局. “柔道オーストラリアジュニアチーム来校及び放映について” (日本語). omiya-th.spec.ed.jp. 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ アクセス・周辺地図 - 埼玉県立大宮工業高等学校”. omiya-th.spec.ed.jp. 2021年8月11日閲覧。

関連項目[編集]