埼玉県立富士見高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県立富士見高等学校
Saitama Prefectural Fujimi High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
設立年月日 1976年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
高校コード 11195D
所在地 354-0002
埼玉県富士見市上南畑950番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
埼玉県立富士見高等学校の位置(埼玉県内)
埼玉県立富士見高等学校

埼玉県立富士見高等学校(さいたまけんりつふじみこうとうがっこう)は、埼玉県富士見市に位置する県立高等学校である。通称は富士高

概要[編集]

市名を冠した県立高校だけに地域に根ざした学校を目指している。長期休業中に補講や考査一週間前から、考査対策の補講が組まれ、体験プログラムでは、アドベンチャープログラムにおいて冒険を体験し、上級学校で体験授業を受けたり、企業では、就業体験などが実施されている。

毎朝に教員が校門で挨拶と指導を行い、月に一度、PTAあいさつ運動を実施している。駅からはかなり離れていて県立福岡高校が近くにあったが2013年に閉校している。生徒の大半は市内など近くから通学している。

教育方針[編集]

教育基本法及び関係諸法令に則り、豊かな人間性や社会性、及び国際社会に生きる日本人としての自覚を育成し、自ら学び、自ら考える力を育成することを目標とする。そのために、規律ある充実した高校生活を送れるようにするとともに、基礎基本の確実な定着と学力の伸長を期する。

目指す学校像 「規律ある落ち着いた環境で、生徒一人一人にきめ細やかに指導を行い、地域に開かれ信頼される学校

沿革[編集]

  • 1976年 - 埼玉県立富士見高等学校として開設され、校章などを制定。(開設準備室は県立川越女子高等学校内)
  • 1977年 - 校旗・校歌が制定される。新校舎へ移転し、HR・管理棟完成。
  • 1978年 - 特別教室棟・体育館が完成。
  • 1981年 - 学生ホールが完成。
  • 1983年 - 第1回楓樹祭(文化祭)を開催。
  • 1984年 - 格技場落成。
  • 1987年 - 記念館(クラブハウス)完成。
  • 1988年 - 本校最多の11学級編成となる。
  • 1993年 - 国際文化コース設置。
  • 2000年 - 国際文化コース募集停止。
  • 2005年 - 創立30周年記念式典。
  • 2015年 - 創立40周年記念式典、エアコン設備完備。

学校生活[編集]

生徒指導[編集]

「規律ある中で充実した高校生活」を学校の目標としている。毎朝、教師らが正門に立ち、挨拶と指導を行う。頭髪や服装に関しては厳しい指導を徹底し、遅刻欠席者を減らすため、月に一度遅刻指導を行ったり、五分前着席の徹底を図っている。また、いじめや暴力事件を0にするため、休み時間には教員が校舎内を巡回している。

授業[編集]

国数英においては、全学年に習熟度別授業を実施。カリキュラムはいたって普通であり、一人一台PCを使う、IT教育分野の技術資格情報授業に力を入れている。2年からの選択授業では生徒の進路希望どに向対応した科目がり、国語表現・古典簿記・ビジネス情報・生活と福祉・フードデザイン情報処理などがある。

文化祭[編集]

「楓樹祭」という名がつけられている。毎年9月に行われる。

マラソン大会[編集]

体育の一環として男子10km・女子5kmマラソンがある。 男子は75分・女子は45分以内に走りきらなかった場合は追走も行われる。

学校行事[編集]

体育祭、球技大会、楓樹祭、マラソン大会、予餞会などが主な行事である。

部活[編集]

運動部、文化部があり、それぞれ活動をしている。

運動部[編集]

文化部[編集]

施設[編集]

  • 普通教室棟
  • 特別教室棟
  • 体育館
  • 格技場(2階建)
  • 記念館(記念館ホール トレーニング室)
  • 野球グラウンド
  • グラウンド(サッカー・陸上など共用)
  • テニスコート(5面)

通学手段[編集]

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]