埼玉県立川口北高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
埼玉県立川口北高等学校
Saitama Prefectural,Kawaguchi kita High School.JPG

埼玉県立川口北高等学校の位置(埼玉県内)
埼玉県立川口北高等学校
埼玉県立川口北高等学校 (埼玉県)
埼玉県立川口北高等学校の位置(日本内)
埼玉県立川口北高等学校
埼玉県立川口北高等学校 (日本)
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
設立年月日 1974年昭和49年)
開校記念日 5月18日
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 11176H
所在地 333-0831
埼玉県川口市木曽呂1477
北緯35度51分33.5秒 東経139度42分51.9秒 / 北緯35.859306度 東経139.714417度 / 35.859306; 139.714417座標: 北緯35度51分33.5秒 東経139度42分51.9秒 / 北緯35.859306度 東経139.714417度 / 35.859306; 139.714417
外部リンク 埼玉県立川口北高等学校(公式サイト) (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

埼玉県立川口北高等学校(さいたまけんりつ かわぐちきたこうとうがっこう)は、埼玉県川口市木曽呂に位置する県立高等学校

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

経緯[編集]

1974年昭和49年)4月に全日制男女共学校として開校した。 施設・設備も充実し、第2グラウンド・プール・弓道場が整備され、ジョギングコースも施設内に設置されている。 また、国際理解教育推進校として、オーストラリアフランクストン高校英語版との交流(交換留学)、 ALTの配置・留学生の派遣・受け入れを進めている。

年表[編集]

昭和49年4月1日 埼玉県立川口北高等学校開設

所在地 埼玉県川口市木曽呂1477番地 全日制 普通科 共学 定員270名(6学級)

昭和52年4月1日 全日制 普通科 共学 定員360名(8学級)

昭和55年4月1日 全日制 普通科 共学 定員450名(10学級)

昭和56年4月8日 文部省・県教育委員会から「教育課程研究指定校」に指定される。

昭和57年6月7日 県教育委員会から「特色ある学校づくり推進校」に委嘱される。

昭和58年11月25日 創立10周年記念式典を挙行する。

昭和59年5月21日 県教育委員会から「交通安全教育推進校」に委嘱される。

昭和62年4月1日 全日制 普通科 共学 定員528名(11学級)

昭和63年4月1日 全日制 普通科 共学 定員480名(10学級)

昭和63年5月1日 県教育委員会から「国際理解教育の推進」を委嘱される。

平成2年4月1日 全日制 普通科 共学 定員495名(11学級)

平成2年5月1日 県教育委員会から「国際理解教育の推進」を委嘱される。

平成3年4月1日 全日制 普通科 共学 定員450名(10学級)

平成4年4月1日 県教育委員会から「環境教育の推進」を委嘱される。

平成4年4月1日 全日制 普通科 共学 定員405名(9学級)

平成4年5月6日 県教育委員会から「国際理解教育の推進」を委嘱される。

平成4年5月13日 県教育委員会から「学習指導の在り方」調査研究協力校に委嘱される。

平成5年10月23日 創立20周年記念式典を挙行する。

平成6年5月30日 県教育委員会から「国際理解教育の推進」を委嘱される。

平成7年4月1日 全日制 普通科 共学 定員400名(10学級)

平成8年4月1日 全日制 普通科 共学 定員360名(9学級)

平成9年4月17日 文部省から「姉妹校交流研究推進校」に指定される。

平成9年4月18日 県教育委員会から「体力向上の研究」を委嘱される。

平成12年4月1日 二学期制を導入する。

平成13年3月22日 埼玉大学公開講座に関する協定書に調印する。

平成13年4月1日 全日制 普通科 共学 定員320名(8学級)

平成13年5月30日 県教育委員会から「学力向上実践推進校」に委嘱される。

平成14年4月1日 65分授業を実施する。

平成15年10月25日 創立30周年記念式典を挙行する。

平成19年4月1日 全日制 普通科 共学 定員360名(9学級)

平成19年5月16日 県教育委員会から「進学指導総合推進事業推進校」に委嘱される。

平成20年4月1日 全日制 普通科 共学 定員320名(8学級)

平成22年4月1日 全日制 普通科 共学 定員360名(9学級)

平成22年4月1日 県教育委員会から「埼玉県進学指導推進校」に指定される。

平成23年4月1日 全日制 普通科 共学 定員320名(8学級)

         55分授業を実施する。

平成23年4月1日 県教育委員会から「埼玉県進学指導推進校」た指定される。

平成24年4月1日 全日制 普通科 共学 定員360名(9学級)

平成25年11月22日 創立40周年記念講演会を開催する。

学科[編集]

  • 普通科

教育目標[編集]

みずから個性の開発・自我の確立に努めるとともに、他人の自由をも尊重して互いに協力し合い、 日本と世界のために有益な働きを為し得る人材を育成する。

部活動[編集]

  • 開校時より野球部が存在しない。
  • 男子バスケットボール部が2012年に北信越高校総体に埼玉県予選を初制覇し出場した他、2012年、2013年と関東高等学校体育大会に2年連続出場している。

・ 男子ハンドボール部が強豪であり、全国大会や関東大会に多く出場している。

  • 運動部 (15) 弓道(男女) 剣道(男女) サッカー(男) 柔道(男女) 水泳(男女) ソフトテニス(男) ソフトテニス(女) ソフトボール(女) 卓球(男女) テニス(男) テニス(女) バスケットボール(男) バスケットボール(女) バドミントン(男) バドミントン(女) バレーボール(男) バレーボール(女) ハンドボール(男女) ラグビー(男) 陸上競技(男女)
  • 文化部 (12) 演劇 華道 化学 コーラス 茶道 書道 吹奏楽 生物 美術 かるた 文芸 囲碁・将棋
  • 同好会 (6) 国際交流 写真 数学研究 ハンドメイド ワンダーフォーゲル フォークソング

著名な出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 学校概要”. 埼玉県立川口北高等学校. 2019年1月30日閲覧。

関連項目[編集]