埼玉県道・東京都道179号所沢青梅線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般県道・都道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
埼玉県道179号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
東京都道179号標識
埼玉県道179号所沢青梅線
東京都道179号所沢青梅線
起点 埼玉県所沢市
終点 東京都青梅市
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0463.svg 国道463号
Japanese National Route Sign 0016.svg 国道16号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
所沢市内

埼玉県道・東京都道179号所沢青梅線(さいたまけんどう・とうきょうとどう179ごうところざわおうめせん)は、埼玉県所沢市坂の下から東京都青梅市新町を結ぶ一般県道・都道である。かつてはこの道路が浦和所沢バイパスとして指定されていたため、今でも幹線の至るところに当時使われていた浦和起点のキロポストが現存している。

概要[編集]

路線状況[編集]

2010年平成22年)度の道路交通センサスにおける所沢青梅線の交通量について以下の通りになっている。

  • 埼玉県内の各観測地点での交通データについて[1]
    • 所沢市本郷1106(起点付近)でのそれぞれの自動車類交通量のの合計では昼間12時間は11164台(平成17年2005年)度では12337台)、24時間は15964台(平成17年度では15915台)である。
    • 所沢市糀谷1746番地先でのそれぞれの自動車類交通量の合計では昼間12時間は9968台(平成17年度は11170台)、24時間は14023台(平成17年度では14409台)である。

路線バス[編集]

  • 西武バス飯能営業所の一部のバス(小手02・03・06・07・08・09系統)が埼玉県内及び東京都内の179号線沿いを一部通過している[2]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路と鉄道[編集]

接続する道路 交差点名 所在地
国道463号(浦和所沢バイパス) 坂の下 埼玉県 所沢市
E17 関越自動車道 ※非接続
JR武蔵野線 ※非接続
埼玉県道24号練馬所沢線(バイパス) 東所沢和田二丁目
埼玉県道24号練馬所沢線 埼玉県道6号川越所沢線 愛宕山
西武新宿線 ※非接続
埼玉県道337号久米所沢線 ファルマン通り
埼玉県道6号川越所沢線 元町
埼玉県道4号東京所沢線(所沢街道)
埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線
Japanese National Route Sign 0463.svg 国道463号 金山町
埼玉県道4号東京所沢線 Japanese National Route Sign 0463.svg 国道463号(所沢入間バイパス) 大六天
埼玉県道223号狭山ヶ丘停車場線 三ヶ島農協前
Japanese National Route Sign 0016.svg 国道16号 二本木 東京都 西多摩郡
瑞穂町
東京都道219号狭山下宮寺線 瑞穂二本木
東京都道218号二本木飯能線 栗原新田
JR八高線
東京都道44号瑞穂富岡線岩蔵街道 物見塚 青梅市
東京都道181号藤橋小作線

重複する区間[編集]

交差する鉄道・河川[編集]

沿線の主な施設[編集]

施設 所在地
東京都下水道局清瀬水再生センター 埼玉県 所沢市
滝の城址公園
東所沢病院
東所沢駅
所沢第一病院
所沢警察署松井交番
埼玉西部消防組合所沢東消防署
所沢駅
西所沢駅
北野総合運動場
芸術総合高等学校
早稲田大学所沢キャンパス
所沢警察署三ヶ島交番
狭山警察署宮寺二本木交番 入間市
高沢病院 東京都 西多摩郡瑞穂町
元狭山広域防災広場
三ッ原工業団地 青梅市
東京都農林総合研究センター

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 道路交通センサス一般交通量調査箇所別基本表(PDF).埼玉県. 平成22年度. 所沢青梅線の項目は55、56ページ参照。
  2. ^ 西武バス飯能営業所バス路線案内図(PDF)

関連項目[編集]