埼玉県道66号行田東松山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
埼玉県道66号標識
埼玉県道66号行田東松山線
路線延長 11,862 m
起点 行田市 桜町交差点
主な
経由都市
鴻巣市熊谷市比企郡吉見町
終点 東松山市 上野本交差点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0407.svg国道407号
Japanese National Route Sign 0254.svg国道254号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
東松山市東平地区(2012年11月)

埼玉県道66号行田東松山線(さいたまけんどう66ごう ぎょうだひがしまつやません)は、埼玉県行田市から東松山市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

江戸時代には日光脇往還と呼ばれ、八王子から日光へ向かう街道として整備された道である。

旧道は行田市忍城跡の交差点から前谷を経由し、鴻巣市吹上本町交差点で中山道と交差する。その後、富士電機機器制御富士電機)吹上事業所東側を通り、大芦橋の下流にかかっていた2本の旧橋を渡り、熊谷市(旧大里郡大里町)と東松山市の境付近で現道と合流するルートであった。

起点の行田市桜町交差点 - 吹上駅入口交差点間は産業道路と呼ばれており、そのうち下忍交差点 - 吹上駅前交差点間は4車線化されている。また、高崎線との交差部分は陸橋化されている(榛名陸橋)。旧道から分岐してこの陸橋へ直結しており、この内、国道17号鎌塚交差点以南も行田東松山線となっており、現在、国道17号 - 高崎線(手前)間には2ルート存在していることになる。

東平交差点から上野本交差点までの区間は、かつて国道407号だった。 また、そのうち本町二丁目交差点から若松町一丁目交差点までの区間は、かつての国道254号だった。

起点・終点等[編集]

通過する自治体[編集]

主な交差する道路[編集]

沿道の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この区間は地図上では町域に入っていないように見えるが、「吉見町」のカントリーサインが存在し、区間内の県道標識でも地名表示が「吉見町 田甲」となっている

関連項目[編集]