堀一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

堀 一郎(ほり いちろう、1910年(明治43年)3月19日 - 1974年(昭和49年)8月10日)は、日本宗教学者

来歴[編集]

三重県生まれ。1929年に第一高等学校を卒業[1]し、東京帝国大学文学部印度哲学科入学。同期に五来重らがいる[2]1932年に卒業[3]1935年に大学院を退学した後、1939年から二松学舎専門学校教授、同年文部省国民精神文化研究所助手などとなり、戦後は東北大学教授を経て、1965年東京大学宗教学科教授。1971年定年退官、成城大学教授。また、1950年から國學院大學兼任教授。1953年に「我が国民間信仰史の研究」により、東京大学から文学博士学位を授与される[4]

柳田國男に師事し、その三女三千[5]を妻とした。宗教民俗学を提唱し、日本民俗学会代表理事を務め、ミルチャ・エリアーデを日本に紹介した。『民間信仰』で毎日出版文化賞を、1956年には『我が国民間信仰史の研究』で日本学士院賞を受賞。

著書[編集]

  • 『日本仏教史論』 目黒書店、1940
  • 『日本上代文化と仏教』 法藏館、1940
  • 『印度民族論』 アジア問題研究所、1940 (戦争文化叢書)
  • 『伝教大師』 青梧堂、1943。復刻「日本文学者評伝集」クレス出版、2008
  • 『遊幸思想』 育英書院、1944
  • 『民間信仰』 岩波書店岩波全書、1951、新版2005ほか
  • 『我が国民間信仰史の研究』全2巻 創元社、1953、新版1971ほか
  • 『日本宗教史研究』全3巻、未來社、1962-1971
  • 『空也』 吉川弘文館人物叢書、1963
  • 『日本のシャーマニズム』 講談社現代新書、1971
  • 『聖と俗の葛藤』 平凡社選書、1975、平凡社ライブラリー、1993

著作集[編集]

  • 『堀一郎著作集』 全8巻 未來社、1977-2002
    • 1 古代文化と仏教
    • 2 宗教と社会変動
    • 3 学僧と学僧教育
    • 4 遊幸思想と神社神道
    • 5 神と人
    • 6 生と死
    • 7 民間信仰の形態と機能
    • 8 シャマニズム その他

編・共著など[編集]

  • 『東亜宗教の課題』 増田福太郎との共著、国民精神文化研究所、1942(大東亜文化建設研究)
  • 『十三塚考』 柳田國男との共著、三省堂、1948
  • 『宗教を語る』中村元北森嘉蔵との共著、東京大学出版会・UP選書、1972
  • 監修『宗教学辞典』 東京大学出版会、1973
  • 編『日本の宗教』 大明堂、1985、原書房、2004
  • 『エリアーデ著作集』 せりか書房

翻訳[編集]

  • 『日本近代化と宗教倫理』 ロバート・N・ベラー池田昭と共訳、未來社、1962
  • 『永遠回帰の神話』 エリアーデ、未來社、1963
  • 『大地・農耕・女性』 エリアーデ、未來社、1968
  • 『現代の宗教学』ジョゼフ・ミツオ・キタガワ編、監訳 東京大学出版会、1970
  • 『生と再生』 エリアーデ、東京大学出版会、1971
  • 『シャーマニズム』 エリアーデ、冬樹社、1974/ちくま学芸文庫 上下、2004
  • 『虐げられた者の宗教』 V・ランテルナーリ、中牧弘允との共訳、新泉社、1976

脚注[編集]

  1. ^ 第一高等学校一覧 自昭和4年至昭和5年』 第一高等学校、1929年、186頁。 
  2. ^ 『官報』第707号、昭和4年5月11日、p.292
  3. ^ 東京帝国大学要覧 昭和7年度』 東京帝国大学、1932年、407頁。 
  4. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年4月12日閲覧。
  5. ^ 回想記に『父との散歩』(人文書院、1980年)、夫も言及している。