堀之内 (足立区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 足立区 > 堀之内 (足立区)
堀之内
—  町丁  —
堀之内の位置(東京23区内)
堀之内
堀之内
堀之内の位置
座標: 北緯35度46分35.76秒 東経139度45分24.79秒 / 北緯35.7766000度 東経139.7568861度 / 35.7766000; 139.7568861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 1,390人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 123-0874[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

堀之内(ほりのうち)は、東京都足立区町名。現行行政地名は堀之内一丁目および二丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は、123-0874[2]

隣接する地域は、北は鹿浜および椿、東は江北、南および西は第一級河川荒川を挟んで対岸に新田

地理[編集]

足立区の西部、荒川北岸に沿った町である。荒川沿いの西側が堀之内一丁目であり、東側の堀之内三丁目の3倍の面積を有するが、その大半が荒川の堤防と河川敷に占められており、人口・世帯数はどちらも同程度である。また、地域内に学校保育園などの教育福祉施設はないため、地域の学生・児童は近隣地域の学校等を利用している。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、堀之内2-12-12の地点で19万2000円/m2となっている[4]

地名の由来[編集]

江戸時代、この地域にあった「堀之内村」の名称に由来する。「堀之内」とは「堀の内側」を意味する。「堀」とは武士の館や城郭において防御のために設けられた空堀・水堀や環濠のことを指し、かつて堀之内近辺に武士が居住していたことを物語っている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
堀之内一丁目 292世帯 602人
堀之内二丁目 392世帯 788人
684世帯 1,390人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
堀之内一丁目 全域 足立区立江北小学校 足立区立江北桜中学校
堀之内二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

当地域内に鉄道路線は存在せず、鉄道駅もない。かつて、この地域は他の足立区西部地域と同様に鉄道空白地帯であったが、2008年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業し、近隣地域に駅が設けられた。

日暮里・舎人ライナー江北駅江北地域所在)

道路・橋梁[編集]

施設[編集]

公園
  • 堀之内北公園

史跡[編集]

  • 堀之内氷川神社
  • 不動院

歴史[編集]

戦国時代、この地は「宮城堀内」と呼ばれていた。「宮城堀内」は、「宮城と堀内」と「宮城のうちの堀内」の二つの意味が考えられる。現在の宮城地区は、戦国時代にこの地を領していた豪族の宮城氏に由来すると考えられているが、宮城氏は沼田(現在の江北・小台・宮城・堀之内地区一帯)の地に屋敷を構えていたことから、「堀内」は宮城氏の館との関連性が考えられる。

江戸時代には「堀之内村」が成立していた。この堀之内村の範囲は現在の堀之内地区よりも広く、現在の椿地区や、新田三丁目の範囲を含んでいたほか、現在の鹿浜六丁目近辺に飛地が存在していた。「椿」とは、もともと堀之内村の字の一つである。

大正時代に荒川放水路が開削されたことによって、堀之内は南北に分断され、足立区の成立時に荒川放水路の南部(字に「堤外」を冠していた地域)は南堀内町、その他の地域は北堀内町となり、読み方も「ほりのうち」ではなく、「ほりうち」とされた。しかし、元々の読み方と違うため読みにくいという住民の批判があり、2年後にはそれぞれ南堀之内町北堀之内町と改められ、旧来通り、「ほりのうち」の読ませることにした。後に住居表示が実施され、椿地区・飛地部分を除く旧北堀之内町の大部分の領域が堀之内一・二丁目とされた。

年表[編集]

  • 1889年5月1日 - 東京府南足立郡堀之内村が周辺の村と合併し、江北村が成立。南足立郡江北村大字堀之内となる。
  • 1932年10月1日 - 南足立郡が東京市足立区となる。堀之内は、荒川放水路より北部が北堀内町、南部が南堀内町と町名が定められる。
  • 1934年1月30日 - 北堀内町が北堀之内町に、南堀内町が南堀之内町にそれぞれ町名が改められる。
  • 1960年4月1日 - 土地区画整理事業施行により、南堀之内町の一部が新田一-三丁目に編入される。
  • 1961年2月1日 - 南堀之内町の一部が新田一-三丁目に編入される。
  • 1967年8月1日 - 北堀之内町の一部に住居表示が実施され、椿一・二丁目が設置される。
  • 1968年12月1日 - 北堀之内町・北鹿浜町・上沼田町の一部に住居表示が実施され、堀之内一・二丁目が設置される。同日、北堀之内町の一部に住居表示が実施され、鹿浜一・四・五丁目に編入される。
  • 1969年8月1日 - 上沼田町の一部に住居表示が実施され、堀之内一丁目に編入される。同日、南堀之内町の一部に住居表示が実施され、江北二丁目に編入される。
  • 1975年7月1日 - 北堀之内町の一部に住居表示が実施され、鹿浜五・六丁目、加賀一丁目に編入される。
  • 1989年5月15日 - 荒川河川敷内に住居表示が実施され、北堀之内町・南堀之内町などの旧来の地名が消滅し、堀之内一丁目などの住居表示が実施された地名に編入される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。